労務管理のツボをギュッと押す方法を考えます

会社で起こる労務管理に関する悩みやトラブルを解決する方法を考えます。

「年金は65歳から」という思い込み

 

 

 




┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■┃  メールマガジン 本では読めない労務管理の「ミソ」
□□┃  山口社会保険労務士事務所 http://www.growthwk.com?ml=20100520_0407
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━ (2010/4/18号 no.181)━









■「年金は65歳から」という思い込み◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■
国民年金は一律に、厚生年金は個人ごとに。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



「何が何でも65歳から」というわけではない。





「年金を受け取り始める年齢は65歳からでしょう?」と思っている人がたまにいますね。

「昔は60歳からだったけれども、今は65歳からでしょう?」と言う人もいらっしゃいます。

確かに、以前は60歳から年金を受け取っていたのかもしれませんが、今は65歳から年金を受け取ります。それゆえ、「年金は65歳から」との考えは間違ってはいません。

しかし、「必ず65歳から」と考えてしまうのは、ちょっと間違いですね。


特に何らの手続きもしなければ(年金を受け取るための手続きは除く)、65歳から年金を受け取るはずです。

ただ、その人の生年月日によっては、年金を受け取る条件は変わってきます。





生年月日がキモ。





国民年金の場合だと、繰り上げ(65歳よりも早い段階で年金を受け取る)や繰り下げ(65歳よりも遅い段階で年金を受け取る)という仕組みがあり、65歳という時期に限らず年金を受け取り始めることができますね。

この国民年金の繰り上げや繰り下げは良く知られていることですので、これ以上の説明は要らないでしょう。


今回の山は、「厚生年金を受け取る年齢がどのように変わるか」という点です。

厚生年金を受け取る時期は、生年月日によって変化します。国民年金のように、繰り上げや繰り下げの手続きをして、年金の受け取り年齢を変化させるのではなく、生年月日によって受け取り年齢が決まるのですね。さらには、生年月日によって、給付の内容も変わります。

昭和20年前後ぐらいの生年月日の人だと、厚生年金の受け取り年齢は60歳ぐらいから始まります。

また、給付の内容(ここでは65歳よりも前の段階で支給される厚生年金を想定しています)は2つに分かれていて、「1,基礎部分(「定額部分」とも言う。給付の額は国民年金とほぼ同等と思ってください)」と「2,収入に比例する部分(「報酬比例部分」とも言う)」の2階層によって構成されており、1と2の両方を受け取る人がいれば、2だけを受け取る人もいるし、60歳から62歳まで1だけを受け取り、その後の63歳から65歳まで1と2を合わせて受け取る人もいて、各自でバラバラです。

ちなみに、65歳以降は、1の基礎部分は無く、2の報酬比例部分だけが支給されます。


年金記録を社会保険事務所(今は年金事務所)で照会した経験がある人だと、記録表に厚生年金の支給開始年齢が記載されていたはず(ここは記憶が曖昧です)です。

厚生年金の支給開始時期は生年月日で固定されているため、収入が多いから支給開始時期が早いとか、収入が少ないから支給開始時期が遅いというようなことはありません。


自分の生年月日と厚生年金の支給開始年齢を一緒に把握していれば、年金を受け取りそこなうことはまずなくなります。






厚生年金は加入者の属性に応じる。





中には、「年金は65歳から」と思い込んでいるために、65歳になるまで手続きをしない人も稀にいるようで、60歳代前半の特別支給の老齢厚生年金(大雑把に言えば、65歳よりも前に受け取る厚生年金のことです)を受け取らずに過ごしてしまうようです。

ただ、窓口から郵便で案内が自宅に届くはずですから、何らかの行動は起こすはずで、そう簡単に受け取りそこなう人はいなさそうですが、稀にはいるようです。


厚生年金は収入に比例する年金ですから、支給額も多いですので、受け取りそこなうことがないようにしたいですね。


国民年金も同様ですが、特に厚生年金では、「年金は65歳から」という思い込みを持たないで欲しいですね。

「厚生年金は生年月日に応じて個人ごとに内容が変わる」と覚えておくと良いかもしれません。





┏━━━━━━━━━━☆★ 編集後記  ★☆━━━━━━━━━┓



先週18日の日曜日に、大阪造幣局の桜の通り抜けに初めて行きました。

わずか500m程度の距離に、いろいろな桜が植えられており、自宅近所のソメイヨシノとはちょっと違った雰囲気でした。

ただ、人の多さは凄いもので、風流に桜を楽しむというわけにはいかず、人ごみの中を桜を見ながら流れていくようなものだった。

「ごった返す」とはこのことで、あれほどの人の中に入って桜を見ても、あまり気持ちのよいものではない。


近所の桜で満足するのも一考だと思う。






┗━━```☆....━━━━━━━━━━━━━━━```☆....━━━┛


今回も、メルマガ【本では読めない労務管理の「ミソ」】を
お読みいただき、ありがとうございます。

次回もお楽しみに。

メルマガ以外にも、たくさんのコンテンツをウェブサイトに掲載しております。

労務管理のヒント

http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_2

ニュース

http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_3


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ┃本では読めない労務管理の"ミソ"山口社会保険労務士事務所 発行
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃メルマガの配信先アドレスの変更は
http://www.growthwk.com/entry/2008/11/28/122853?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_4

┃メルマガのバックナンバーはこちら
http://www.growthwk.com/entry/2008/07/07/132329?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_5

┃メルマガの配信停止はこちらから
http://www.growthwk.com/entry/2008/06/18/104816?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_6


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*

┃労務管理のヒント
http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_7
┃仕事の現場で起こり得る労務の疑問を題材にしたコラムです。

┃ニュース
http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_8
┃時事ニュースから労務管理に関連するテーマをピックアップし、解説やコメントをしています。

┃メニューがないお店。就業規則が無い会社。
http://www.growthwk.com/entry/2007/11/01/161540?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_9

┃山口社会保険労務士事務所 
http://www.growthwk.com?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_10


┃『残業管理のアメと罠』
┃毎日8時間の時間制限だと柔軟に勤務時間を配分できないので、
┃月曜日は6時間の勤務にする代わりに、土曜日を10時間勤務にして、
┃平均して8時間勤務というわけにはいかない。
┃しかし、仕事に合わせて、ある日は勤務時間を短く、
┃ある日は勤務時間を長くできれば、便利ですよね。
┃それを実現するにはどうしたらいいかについて書いています。
http://www.growthwk.com/entry/2012/05/22/162343?utm_source=mailmagazine&utm_medium=cm&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_12


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*
┃Copyright(c) 社会保険労務士 山口正博事務所 All rights reserved

┃新規配信のご登録はこちらから
┃(このメールを転送するだけでこのメルマガを紹介できます)
http://www.growthwk.com/entry/2008/05/26/125405?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_15

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com
お問い合わせ

© 社会保険労務士 山口正博事務所