労務管理のツボをギュッと押す方法を考えます

会社で起こる労務管理に関する悩みやトラブルを解決する方法を考えます。

年次有給休暇を取ったら、法定休日を取ったとみなせる?

代替不可

 

 

 


どちらも休みだが、位置付けが違う。


労働基準法35条(以下、35条)には、『使用者は、労働者に対して、毎週少くとも一回の休日を与えなければならない』と書かれており、毎週1日は休日が必要とルールが決められています。

この毎週1日の休日というのが、法定休日と言われるもの。

一方で、法律には年次有給休暇というものもあって、こちらも休日のように仕事が休みになる点では同じです。

では、仮に、水曜日に年次有給休暇を取得して休んだとすると、その週は法定休日は必要なくなるのかどうか。

毎週少なくとも1回の休日が必要なわけだから、年次有給休暇を取ったということは、その1回の休日に相当するものを取ったのだと解釈できるのか。

それとも、35条の法定休日は、年次有給休暇と違って、別枠で取らなければいけないものなのか。

この点が問題となります。

 

 

年次有給休暇は法定休日の代わりにならない。


法定休日であれ、年次有給休暇であれ、休みという点では同じですが、その点が同じであっても、法定休日の位置付けと年次有給休暇の位置付けは違うのです。

法定休日は、法律で定めて、強制的に取らなければいけない休みの日で、毎週1回の休日が必要だということ。

一方で、年次有給休暇は、それをいつ取得するかは、労働者なり従業員が決めることで、今週、年次有給休暇を取ったから、もう法定休日はいらないだろう、というものではないのです。

年次有給休暇を法定休日の代わりにしてしまうと、35条の休日が与えられていないということになり、法律に違反します。

ゆえに、今週の水曜日に年次有給休暇を取ったとしても、別の日に少なくとも1日の休日を勤務スケジュールの中に入れなければいけないのです。

仮に、水曜日が年次有給休暇ならば、金曜日を法定休日にするというように、年次有給休暇を取ったかどうかに関わらず、法定休日は必要なのです。

同じ休みだからといって、年次有給休暇は法定休日の代わりにはなりませんので間違いなきよう。

 

 
山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com
お問い合わせ

© 社会保険労務士 山口正博事務所