労務管理のツボをギュッと押す方法を考えます

会社で起こる労務管理に関する悩みやトラブルを解決する方法を考えます。

難しい老齢年金の申請手続き、お手伝いします。

年金申請

 

 

60歳前後になると、
「年金の手続きをしなきゃな」
と考える方もいらっしゃるでしょう。

 

今まで支払ってきた保険料を、
今度は受け取っていくのですから、
年金の手続きは大事です。

 

ただ、年金は難しいですよね。

内容が専門的ですし、書類がたくさんあって、
何をどうすればいいのか分からないものです。

 

年金といっても1つではなく、
国民年金と厚生年金があって、
老齢年金、障害年金、遺族年金と、
細かく分かれています。

 

また、

以前は、
年金に25年以上加入していないと受け取れませんでしたが、
10年以上加入していれば受給できるようになりました。


とはいえ、何も手続きをしなければ年金を受け取れません。

加入期間が短かったから年金は受け取れないと諦めていませんか。

受給資格期間が10年になって、
年金を受け取れるようになっている方もいるのではないでしょうか。

 

年金は難しいものですから、つい後回しにしがちです。

他にやることがあって忙しい方ならばなおさら。

 
ただ、

早く年金を受け取りたいならば、
早く行動し、手続きも早めに済ませないと
いけません。

 

そう思われた場合は、
年金の申請手続きをお手伝いいたします


 

年金の加入実績は1人ごとに違いますから、
まずは年金加入記録に基づいて、
お話を伺います。 


年金を受給する年齢も人によって違いがあり、
繰り上げて受給したい方がいれば、
遅らせて受給したい方もいます。

年金の加入記録も、
国民年金に加入していたり、厚生年金に加入していたり、
さらに共済年金に加入していた方もいらっしゃるでしょう。

10人いれば10人とも違うのが年金です。

 

その後、年金の申請書類を作成。

さらに、必要な添付書類(住民票など)を準備します。

最後に、申請書の提出まで行います。

 

 

手続きしないと受け取れないのが年金です。

受給年齢になったからといって、
自動的に支給されるものではなく、
申請手続きが必要です。

知らない、分からない、という理由で後回しにしていると、
本来受け取れるはずの年金が受けられないことも。

 

 

年金加入記録に基づいて、

いつから年金を受け取れるのか

いくら受け取れるのか

といった疑問にもお答えします。

 

年金を受給する資格を満たしている方には、

申請手続きを代行させていただきます。

申請書を作成し、必要な添付書類を集め

申請手続きを完了するまでお手伝いさせていただきます。

 

 

国民年金や厚生年金の手続きでお困りの方は、
当事務所にご連絡ください。

 

老齢年金の手続きはもちろん、
障害年金や遺族年金の受給手続きで
お困りのことがあれば、ご連絡ください。

年金に関するご連絡はこちらからどうぞ

 

料金:
請求する年金、1件あたり30,000円。

※複雑な内容だと、料金が変わる場合があります。

 

 

年金の申請手続きに関するお問い合わせをする

 

 

 

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com
お問い合わせ

© 社会保険労務士 山口正博事務所