労務管理のツボをギュッと押す方法を考えます

会社で起こる労務管理に関する悩みやトラブルを解決する方法を考えます。

日曜日が祝日になったら翌日の月曜日は休日?

祝日は休み?

 

学生の休みと社会人の休みは違う。祝日に仕事が休みになるとは限らない

学生の頃は、日曜日が休みになるのが当然で、1992年頃から隔週で土曜日が休みになり、しばらくして毎週土曜日が休みになりました。

筆者が学生だった頃、日曜日は学校がありませんでしたけど、土曜日は昼ぐらいまで授業がありました。小学1年生の頃だったのでしょうけども、2021年現在のように土曜日と日曜日が当然のように休みになるという時代じゃなくて、休みは日曜日だけで土曜日は昼まで授業というのは当たり前でした。

じゃあ、土曜日に学校に行くのが嫌だったかというと、そうでもなくて結構嬉しかったんです。

昼までで学校が終わりますし、給食がなくて家に帰ってお昼ご飯を食べることができました。さらに次の日曜日は休みだから、土曜日は朝起きたときからウキウキ、ワクワク。それが毎週でした。

土曜日になると妙に気分が昂ぶって、爽快感がありましたね。まだ土曜日が休みではなかった頃で、午前中で学校が終わり、帰って家でお昼ごはんを食べる。その後、さて何をするか。土曜日はいつも何だか前向き。

その後、年数が経って、小学生の3年か4年ぐらいだったか、隔週で土曜日が休みになったのをうろ覚えながら記憶しています。第2土曜日と第4土曜日が休みになって、第1と第3は昼まで授業、そういう時期がありました。

土日、祝日は休み。学生の頃はこれが当たり前でしょうが、学校を卒業すると休みの日は変わります。

カレンダーには赤文字で表示される祝日がありますけれども、学校では祝日となると休みになるもの。ならば、社会人になって、職場でも祝日は休みになるのかというと、職場ごとに違いがあります。 

製造業、土木建設など、体を使う仕事は土日や祝日が休みになり、規則的な職場が多いですが、サービス業では休みが定まっていない職場が大半です。

土日に休める会社がある一方で、土日は出勤で平日が休みになる会社もあります。また、祝日に休みになる会社があれば、祝日であっても普通に仕事をする職場もありますね。

学生の頃は、暦通りに休みがありますけれども、卒業して社会人になると、職場ごとに休みの日が違います。

では、日曜日が祝日になったら、休みの日はどうなるのか。日曜日と祝日で休みが2日分ありますから、翌日の月曜日は休みになるのか、それとも通常通りの平日なのか。この点が疑問になります。

 

 

どの日を出勤日にして、どの日を休みにするか。これは会社ごとに違う。

「日曜日と祝日が重なったんだから、当然に翌日の月曜日は振替休日になるんでしょ?」そう思う方もいらっしゃるでしょうが、これも会社ごとに違います。

学生ならば、月曜日は振り替え休日になるかもしれませんが、会社だと10社あれば10通りの休みがあります。

法律では、週1日の休みがあればそれでOKですから、それ以上の休みをどのように設定するかは会社次第です。

振り替え休日を設けるのか、特に何もない月曜日にするのか。これは自由です。日曜日と祝日が重なったから、代わりに月曜日を休みにする、というようにルールを決めても構いませんし、祝日が重なっても普段の日曜日と同じで振替というものはない、そんなルールでも構わないわけです。

クリスマスが終わってから始まる年末年始の休みも、必ず休みにしないといけないものではなく、休みにせず商売をしてもいいし、お店を閉めてしまってもいい。

2017年の年末から、ドコモショップでは12月31日から1月3日まで店を閉めるようです。働き方改革の一環で、お客さんが減る時期にあえてお店を開けなくてもいいでしょうし、大晦日と三が日に休めるとなればショップで働く人も嬉しいでしょうね。

ドコモショップの年末年始休業について

年末年始が書き入れ時になる商売もあるでしょうが、そうではない商売では、あえてお店を開けずに休みにする方が働く人の気持ちに良い影響がありそうです。

祝日を作ると、行楽地やショッピングモールが混雑しますし、旅行代金も2倍や3倍に上がってしまうものですから、カレンダーで祝日として固定するのではなくて、年次有給休暇を増やして、個人別で取れるようにする方が望ましいのでしょうけれども。

ゴールデンウィークやお盆、年末年始、これらが祝日の典型例で、そういった時期にどこか出かけたり、旅行に行ったりすると、混雑や渋滞に巻き込まれます。また、旅行の申し込み代金も普段よりも数倍に跳ね上がってしまっていいことがありません。

お金を払って高速道路に乗っているのに、渋滞に巻き込まれたら、何のための高速道路なのかわかりませんからね。渋滞する高速道路に価値があるとはなかなか思いにくいです。 
 
カレンダーで赤文字にするのではなく、黒色の文字で、みどりの日とか、憲法記念日、天皇誕生日と書いておくだけで足りるのではないかと。

 

 

カレンダー上の祝日が休みになるとは限らない

カレンダーを見ると、数字が赤くなっている日は祝日として表示されているのが分かります。ゴールデンウィークは赤い数字になっていますし、元旦も赤い数字で表示されています。

祝日は休みと考えている方もいらっしゃるでしょうが、確かに学生の頃は、祝日は学校が休みになるんですけれども、職場では祝日だからといって休みになるとは限らないのです。

祝日の有無に関わらず土曜と日曜は休み。月曜から金曜の間に祝日があったとしても、それは休みの日にはならずに出勤日になる。こういう職場もあるでしょう。

他方で、土日が休みだとして、祝日が平日に入ってる場合は、その祝日も休み。そんな職場もあるでしょう。

祝日が休みになるかどうかは職場ごとに異なっていて、必ずしも休みになるとは限らない日なのです。

土曜と日曜日が休みになっている職場で、仮に土曜日が祝日になってしまったら、「損をした」と感じる人もいるようです。

どういうことかというと、土曜日はもともと休みになっているのに、そこを祝日にしたとしても、1日分の休みには変わりない。土曜日と祝日が別々の日だったら、休みが2日になっていた。だから「損をした」と感じている。1日分の休みが潰れてしまうという感覚なのでしょうね、

土曜日だけでなく祝日も休みになる職場だったら、損をしたと感じるのかもしれません。しかし、祝日の有無は休みと関わりないサービス業だと、土曜日と祝日が重なったとしても特に何か損をしたと感じないはずです。

元々休みだった日に祝日が重なれば、その代わりとして振替休日があるんじゃないか。そう考える方もいらっしゃるでしょうが、祝日をどのように扱うかどうかは職場ごとに決めるものですから、休みの日と祝日が重なった後に振替休日を設けるかどうかも職場ごとに違います。

ゴールデンウィークやお盆休み、年末年始、そういう時期は連続で休むところが多いのでしょうが、散発的に入ってくる祝日は、通常の出勤日と同じ扱いにしています、という職場もあるでしょう。

土日に祝日が重なったからといって、翌日に振替休日があるとは限らない。学校と職場は違うものだと考えておいてください。

週に1日の休日は法律に基づいて必要なのですが、それ以外の休日は会社ごとに就業規則や雇用契約で自由に決めるものなのです。

 

 

「国民の祝日」の由来がわかる小事典 (PHP新書)

「国民の祝日」の由来がわかる小事典 (PHP新書)

  • 作者:所 功
  • 発売日: 2015/03/20
  • メディア: Kindle版
 

 

 

振替休日には種類が2つある。

ご存知のように、休日とは休みの日ですよね(当たり前すぎますが)。

つまり、仕事が無い日が休日というわけです。

確かに、日常生活では、このように理解して差し支えないです。


会社の休日には、分けると2種類の休日があります。法定休日と法定外休日です。


そこで、休日を振り替えるという場面にを想定したとき、その振替は「法定休日の振替」なのか、それとも、「法定外休日の振替」なのか、どちらでしょうか。

休日を振り替えるだけだから、どちらも一緒と思えてしまいますが、効果は違うのですね。

 

 

休日出勤手当が絡んでいるかどうかがミソ。

法定休日の振替は、言い換えると、"労働基準法的な"休日の振替です。

一方、法定外休日の振替は、言い換えると、"会社的な"休日の振替です。


つまり、前者だと、休日出勤手当(休日割増賃金のこと)が絡みますので、ルールに基づいて振替する必要があるのですね。一方、後者だと、休日出勤手当が絡みませんので、会社独自の振替方法を用いることができるわけです。


法定休日を振り替えるときの注意点は、代休と混同しないという部分です。

代休か、それとも、振替かによって、休日出勤手当の取り扱いが変わりますので、きちんとした振替が必要なのですね。

代休は混乱の原因なので禁止。休日出勤は振替休日で対処する。

振替休日に一本化すれば、代休と混乱することもなくなります。


他方、法定外の休日ならば、休日出勤手当の取り扱いを考える必要がありませんので、代休か振替かの分別を厳密にすることもないわけです。

代休っぽい振替でも、振替っぽい代休でも、代休と言うべきところを振替と言い間違えたり、振替と言うべきところを代休と言い間違えたりしても、困ることはありません。なぜならば、取り扱っている休日が「法定外の休日」だからです。


もちろん、法定休日ならばこのようないい加減な取り扱いはダメですが、法定外休日だと手当が絡まないので、代休も振替も同じものになってしまうのですね。

 

法的にはこんな感じの理屈になりますけれども、現実は、法定休日と法定外休日を厳密には分けて扱わず、単に休日としているでしょうし、まして法定休日の振替なのか、法定外休日の振替なのかを分けることも無いのでしょう。

 

休日を振り替えるときは、先に振替休日を取ってから、その後に振替で出勤する。この順番を守っておくと、振替休日でのトラブルは無くなると思います。

 

給与を正確かつラクに計算してくれる給与計算ソフトとは?
やるべき仕事と関係ない仕事は、なるべく省力化して、少ない時間で済ませたいものです。給与計算はバックオフィス業務ですから、本来やるべき仕事とは違い、なるべく簡単に、楽に、早く終わらせるのが賢明でしょう。
山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com
業務のご依頼に関するお問い合わせ

© 社会保険労務士 山口正博事務所