労務管理のツボをギュッと押す方法を考えます

会社で起こる労務管理に関する悩みやトラブルを解決する方法を考えます。

2010/6/11【免許停止になって業務用車両を使えない】


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■┃  メールマガジン 本では読めない労務管理の「ミソ」
□□┃  山口社会保険労務士事務所 http://www.growthwk.com?ml=20100628_0606
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━ (2010/6/11号 no.199)━









■免許停止になって業務用車両を使えない◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■
車を使えなくても仕事を続けることができるの?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






■通勤も仕事も業務用車両を使う。



通勤するときの交通手段は、電車、新幹線、バス、自家用車両(車、バイク)が一般的でしょうか。他にも、健康のために、徒歩や自転車で通勤している人もいますね。他には、会社が用意した車両を使って通勤している方がいるかもしれません。配達用の車やバイク、営業用の車やバイクなどですね。

公共の交通手段を利用するときは、会社が交通費を支給している場合が多いのですが、一方、会社が用意した業務用車両で通勤している人には、交通費は支給されていないかもしれません。車両自体は会社が用意しているのでしょうし、燃料についても会社がガソリンスタンドの法人カードを用意して、そのカードで燃料を調達しているという場合もあるでしょう。それゆえ、社員自身は特に費用を負担することなく、通勤と仕事に社有車を使うことができるのですね。

ただ、通勤や仕事で、何らかの理由により交通ルールに違反してしまい、免許を停止されてしまったとき、ちょっと困ることが起こります。

免許が利用停止にされてしまうと、通勤や業務で使っている車もしくはバイクを使えなくなるのですね。免許が停止されるまでは、公共の交通手段を使うことなく、また、交通費も支給されることなく通勤できていました。さらに、業務でも社有車を使って移動していたはずです。

しかし、免許の利用を停止されてしまっては、通勤も業務もできなくなります。


もし、「1、通勤では、社有車もしくは業務用車両を使うことが前提になっている」会社だったらどうするのか。また、「2、車を使わなければできない仕事」だったらどうするのか。

上記の2点が問題となります。







■免許停止で車を使えなくなると、、、。



会社の車で通勤して、さらに仕事でも会社の車を使う環境で、交通違反により免許停止になってしまったとすると、通勤では車以外の交通手段を使うか、もしくは、同僚の車に同乗させてもらう方法がありますね。

車が使えないので、免許が停止されている間は、電車がバスなどの公共の交通手段を使うのが1つの選択肢。しかし、社員自身の責任で免許が停止されてしまったのだから、電車やバスを利用する費用を会社が負担するのはヘンではないかと考えるフシもあるようです。

確かに、免許を停止されてしまったのは社員自身の責任です。しかし、車が使えなくなったからといって、交通費を負担させられるのは、どうも理屈に無理があります。「免許停止→交通費を負担する」というようにどのように理屈を展開するのかが分からないのですね。アンタの責任で免許停止なったんだから、停止期間中の交通費は自己負担だ」というのは、理屈が通ってそうですが、納得しにくい判断のはず。

なぜならば、車を使っても、電車を使っても、バスを使っても、通勤に変わりはないのですから。車であっても電車であっても、同じように利用できるようにするのが妥当です。

もし、「免許停止で車を使えなくなったときは、交通費は自己負担となります」という類いのルールが就業規則などに記載されているならば、その通りにできるかもしれませんが、このような根拠がなければ、「免許停止ならば交通費は自己負担」という理屈を展開するのは難しいでしょう。

ゆえに、「免許停止」と「交通費の負担」は別個のものとして扱うべきなのですね。







■代替手段を用意して仕事を続ける。



他の問題点は、業務に車やバイクが必須という場合です。

例えば、配達、宅急便などの運輸業ですね。郵便配達ではバイクの利用がほぼ必須のようですが、もし免許停止でバイクを使えなくなったらどうするのか。他の例では、宅配業務も同じです。ピザの配達ではバイクを使いますし、うどんやそばの配達でもバイクを使います。その他の配達でもほぼバイクを利用しているはずです。そのような配達業務を担当している人が免許停止になったらどうするのか。また別の例を挙げると、トラックの運転手とかコンクリート運搬車(土木工事の現場に生コンクリートを持っていって、工事箇所に注ぐ車のこと)を運転する業務も車が必須です。

上記の例のように、バイクや車を使うことが不可欠の仕事を担当している状況で、免許が利用停止されてしまったらどうなるのかが疑問になりますね。


まず思いつくのは、他の人の車両に同乗する方法です。同僚の車両に便乗して現場に行き、仕事に取り組むというものです。これならば、車を使えなくても仕事を続けることができます。

しかし、この方法には欠点があって、1人で運転して作業に取り組む仕事ならば、相乗りはできません。例えば、郵便配達のバイクは1人乗りですから、後ろにもう1人乗っていくのは無理です。もし後ろに乗れたとしても、1人で配達業務はできますから、1人は余分です。この点では、ピザやそばの配達も同じですよね。配達は1人でやるものですから、2人もいりません。

一方、長距離トラックの運転手とか、生コン運搬車ならば、車にもう1人便乗するくらいの余裕はあるかもしれません。交代で睡眠をとるために2人乗りでトラックを運転するのもアリですし、生コン送出作業の補助として仕事をすることもできるでしょう。


もし、他の人の車両に便乗できない仕事ならば、車両を使わない仕事に配置転換するのが良いかもしれません。

郵便ならば、荷分け作業をしたり、郵便物の仕分け作業をしたり、他にも窓口業務を担当するのも良いのではないでしょうか。また、飲食物の配達ならば、調理業務や電話受付を担当してもらうのも一考です。配達以外の仕事ならばできるのですから、臨時の配置転換で免許停止期間に対処するわけです。


免許停止で解雇するのはやり過ぎですから、配置転換で対応するのが妥当でしょう。

もちろん、本来ならば自分で運転して仕事ができるはずなのに、できなくなっているのですから、免許停止期間中は一時的に収入が減るのはやむを得ません。通常ならば仕事ができない状況にもかかわらず、配置転換で仕事を続けているのですからね。








┏━━━━━━━━━━☆★ 後記  ★☆━━━━━━━━━┓




そろばんを習った経験がある人は、「エアーそろばん」ができる。

私もそろばんを習った経験があり(3級の練習まで到達していた)、エアーそろばんができます。算盤塾では、算盤を使って練習するだけではなく、暗算の練習もします。ガチャガチャと算盤を動かすだけではないかと思う人もいるかもしれないが、算盤を使うだけが算盤ではない。

塾の先生が「願いましては~、、」というフレーズで開始し、次々と数字を言い、その数字を塾生が頭の中で計算していくのが暗算練習。もちろん、足し算だけでなく、引き算や掛け算も交えながら数字を読み上げるんですね。

それゆえ、1級や有段者になると、結構な桁数の暗算ができるようになるようです。算盤塾に通っていたときは、小学校3年くらいで1級という人もいた。その頃は私は5年くらいで4級だったと思う。まさに実力による格差だ。

今でも、暗算で金額を累積しながらスーパーで買い物をしたりするのですが、以前ほどのキレはなくなっている。使わないとドンドン衰退するのがこのテの能力のようです。






┗━━```☆....━━━━━━━━━━━━━━━```☆....━━━┛


今回も、メルマガ【本では読めない労務管理の「ミソ」】を
お読みいただき、ありがとうございます。

次回もお楽しみに。

メルマガ以外にも、たくさんのコンテンツをウェブサイトに掲載しております。

労務管理のヒント

http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_2

ニュース

http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_3


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ┃本では読めない労務管理の"ミソ"山口社会保険労務士事務所 発行
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃メルマガの配信先アドレスの変更は
http://www.growthwk.com/entry/2008/11/28/122853?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_4

┃メルマガのバックナンバーはこちら
http://www.growthwk.com/entry/2008/07/07/132329?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_5

┃メルマガの配信停止はこちらから
http://www.growthwk.com/entry/2008/06/18/104816?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_6


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*

┃労務管理のヒント
http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_7
┃仕事の現場で起こり得る労務の疑問を題材にしたコラムです。

┃ニュース
http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_8
┃時事ニュースから労務管理に関連するテーマをピックアップし、解説やコメントをしています。

┃メニューがないお店。就業規則が無い会社。
http://www.growthwk.com/entry/2007/11/01/161540?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_9

┃山口社会保険労務士事務所 
http://www.growthwk.com?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_10

┃ブログ
http://blog.ymsro.com/?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_11

┃『残業管理のアメと罠』
┃毎日8時間の時間制限だと柔軟に勤務時間を配分できないので、
┃月曜日は6時間の勤務にする代わりに、土曜日を10時間勤務にして、
┃平均して8時間勤務というわけにはいかない。
┃しかし、仕事に合わせて、ある日は勤務時間を短く、
┃ある日は勤務時間を長くできれば、便利ですよね。
┃それを実現するにはどうしたらいいかについて書いています。
http://www.growthwk.com/entry/2012/05/22/162343?utm_source=mailmagazine&utm_medium=cm&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_12

┃電子タイムカード Clockperiod
┃始業や終業、時間外勤務や休日勤務の出勤時間を自動的に集計。
┃できれば勤怠集計の作業は随分とラクになるはず。Clockperiodは、
┃出退勤の時刻をタイムカード無しで記録できます。タイムカードや出勤簿で
┃勤務時間を管理している企業にオススメです。
https://www.clockperiod.com/Features?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_13


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*
┃Copyright(c) 社会保険労務士 山口正博事務所 All rights reserved

┃新規配信のご登録はこちらから
┃(このメールを転送するだけでこのメルマガを紹介できます)
http://www.growthwk.com/entry/2008/05/26/125405?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_15

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com
お問い合わせ

© 社会保険労務士 山口正博事務所