労務管理のツボをギュッと押す方法を考えます

会社で起こる労務管理に関する悩みやトラブルを解決する方法を考えます。

2009/9/16【着替えの時間は仕事時間?】




┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ ┃  本では読めない労務管理の「ミソ」
□□ ┃  山口社会保険労務士事務所 http://www.growthwk.com/
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━ (2009/9/16号 no.124)━



このメルマガは、定期的に、コラム形式で、
労務管理に役立つ内容を配信するメルマガです。

興味本位で読むのもよし。
つまみ食い感覚で読むのもよし、です。
どうぞ、自由にご活用下さい。


■着替えの時間は仕事時間?◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■
形式的に考える人と実質的に考える人の衝突。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



■着替えは仕事ではない、、、とも言い切れない?


一般に、担当する仕事によっては、ユニフォームというものがあります。

エプロンを付けたり、白いコック服を着たり、白衣を着たり、帽子を被ったり、専用のスーツを着たり、安全靴を履いたり、看護服、フライトアテンダントの制服、などなど。

多種多様のユニフォームがありますね。
(こんなコトを書いていますが、別に制服について語るわけではありません)


私服から着替えるときは、会社のロッカールームで着替えるのでしょうが、この着替えている時間は勤務時間に含まれるのでしょうか(着替えた状態で出勤する方もいますが、今回は除外して考えます)。


仕事に必要な作業だから、勤務時間に含まれると考えるべきか、

それとも、

着替えることは仕事そのものではないので、勤務時間に含まれないと考えるべきでしょうか。






■「着替えも仕事だ」という人の頭は、正常だが感覚はおかしい。


普通の感覚だと、後者を選択するはずです。

つまり、着替えは仕事ではないので、勤務時間には含まれないと考えるのですね。

これは普通なことなのですが、違う考え方をする方もいらっしゃいます。


着替える時間も仕事の一部だから、勤務時間に含めるべきと考えるわけですね。

確かに、仕事のために着替えるのだから、業務に準じるものとして勤務時間に含むのはアリな感じもします。

しかし、特殊な装備(安全具、落下防止器具など)を身につける時間は勤務時間に含めるのが正しいのですが、通常の装備(?)を身につける時間は勤務時間に含めないのが妥当なのですね。

どこまでが普通の装備で、どこからが特殊な装備なのかを分けるのが難しいのですが、実務では上記のように一応ながら分けています。


すごく厳格に解釈をすると、着替える時間も全て勤務時間に含めるのが正しいのでしょうが、感覚としておかしいのではないかと思うのです。


「特殊な装備(安全具、落下防止器具など)を身につける時間は勤務時間に含む」と扱われてしまっているので、どうもその点を取っ掛かりにして、対象の範囲を拡張してしまっているのではないでしょうか。







■「法律と当たり前の感覚」を両方使って判断する。


着替えの時間は含まない会社が多いのですが、かといって、含めてはいけないわけではありません。

私の経験でも、タイムカードを打刻してから着替える会社もありましたから、勤務時間に含むこともあるようです。

ただ、含めなければいけないかというと、そこまでは行かないのではと思います。

おそらく、更衣時間を勤務時間に含むか含まないかは、どちらでも良いと考えられているのかもしれません。


人によっては「更衣時間は勤務時間に含めなければいけない」と強情に主張する方もいるのですが、「何でも法律で」という感覚を持ってしまうと、どうも変な方向に行ってしまうのではないでしょうか。

ただ、どうしても更衣の時間を勤務時間に含むことは譲れないとするならば、休憩時間を10分程度延長して対応するのが良いのかもしれません。つまり、「10分前始業を求めるなら、10分だけ休憩を延長する」という場面と同じ対応ですね。


私としては、「決め切らない」のが法律の良さでもあると考えるのですけれども。

法律は常に客観性を帯びているわけではなく、主観が入る余地はありますからね。








┏━━━━━━━━━━☆★ 編集後記  ★☆━━━━━━━━━┓


寒くなってもすぐには長袖を着ないのが人の感覚のようです。


いわゆる、慣性の法則(運動の法則とも言う)が働くのでしょうか。

一定期間にわたって「暑い」と感じていると、そう簡単に「涼しい・寒い」とは認めないのではないかと思うのです。

本当は肌寒いのに、「長袖はまだ早い、、まだ早い、、」と自分の感覚を否定するのですね。だから、強情に半袖を着て風邪をひいたりするのではないでしょうか。

逆に、寒い状態から暑い状態になる時も同様で、ゴールデンウィークになっても長袖を着込んでいる人がいたりするのも同じような状況です(ただ、本当に寒いのが理由の可能性もあります)。


季節の変わり目に風邪を引く人が多いのも納得できるのではないかと。



┗━━```☆....━━━━━━━━━━━━━━━```☆....━━━━━┛


今回も、メルマガ【本では読めない労務管理の「ミソ」】を
お読みいただき、ありがとうございます。

次回もお楽しみに。

メルマガ以外にも、たくさんのコンテンツをウェブサイトに掲載しております。

労務管理のヒント

http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_2

ニュース

http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_3


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ┃本では読めない労務管理の"ミソ"山口社会保険労務士事務所 発行
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃メルマガの配信先アドレスの変更は
http://www.growthwk.com/entry/2008/11/28/122853?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_4

┃メルマガのバックナンバーはこちら
http://www.growthwk.com/entry/2008/07/07/132329?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_5

┃メルマガの配信停止はこちらから
http://www.growthwk.com/entry/2008/06/18/104816?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_6


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*

┃労務管理のヒント
http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_7
┃仕事の現場で起こり得る労務の疑問を題材にしたコラムです。

┃ニュース
http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_8
┃時事ニュースから労務管理に関連するテーマをピックアップし、解説やコメントをしています。

┃メニューがないお店。就業規則が無い会社。
http://www.growthwk.com/entry/2007/11/01/161540?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_9

┃山口社会保険労務士事務所 
http://www.growthwk.com?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_10

┃ブログ
http://blog.ymsro.com/?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_11

┃『残業管理のアメと罠』
┃毎日8時間の時間制限だと柔軟に勤務時間を配分できないので、
┃月曜日は6時間の勤務にする代わりに、土曜日を10時間勤務にして、
┃平均して8時間勤務というわけにはいかない。
┃しかし、仕事に合わせて、ある日は勤務時間を短く、
┃ある日は勤務時間を長くできれば、便利ですよね。
┃それを実現するにはどうしたらいいかについて書いています。
http://www.growthwk.com/entry/2012/05/22/162343?utm_source=mailmagazine&utm_medium=cm&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_12

┃電子タイムカード Clockperiod
┃始業や終業、時間外勤務や休日勤務の出勤時間を自動的に集計。
┃できれば勤怠集計の作業は随分とラクになるはず。Clockperiodは、
┃出退勤の時刻をタイムカード無しで記録できます。タイムカードや出勤簿で
┃勤務時間を管理している企業にオススメです。
https://www.clockperiod.com/Features?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_13


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*
┃Copyright(c) 社会保険労務士 山口正博事務所 All rights reserved

┃新規配信のご登録はこちらから
┃(このメールを転送するだけでこのメルマガを紹介できます)
http://www.growthwk.com/entry/2008/05/26/125405?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_15

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com
お問い合わせ

© 社会保険労務士 山口正博事務所