労務管理のツボをギュッと押す方法を考えます

会社で起こる労務管理に関する悩みやトラブルを解決する方法を考えます。

2009/8/18【雇用内容に拘らず、保護は同じ】


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■┃  本では読めない労務管理の「ミソ」
□□┃  山口社会保険労務士事務所
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━ (2009/8/18号 no.115)━



ポリエステルの服は着心地が良いです。

体臭のキツイ人には嫌われる服のようですが、あの肌触りは、、、良い。

綿だとガサガサしますからね。



このメルマガは、定期的に、コラム形式で、
労務管理に役立つ内容を配信するメルマガです。

興味本位で読むのもよし。

つまみ食い感覚で読むのもよし、です。

どうぞ、自由にご活用下さい。


===========================
今日のTOPIC
1: 雇用内容に拘らず、保護は同じ。
>>>フルタイム社員も高校生のアルバイト社員も同じ。

2: 編集後記

===========================





■■  雇用内容に拘らず、保護は同じ
■■  フルタイム社員も高校生のアルバイト社員も同じ。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





■雇用形態で扱いも変わるのですか?


人によっては、「フルタイムで働く社員と学生のアルバイトでは、
法律の保護も違う」と思っている方がいますね。


学生のアルバイトだと、パッと採用して、パッと契約を終了する
こともできるのだろうと思うようですね。


確かに、感覚的には、社会人と学生では違いがあり、法的な保護
の程度も違いがありそうです。

しかし、労働者(私はこのネーミングが好きではないです)という
範疇では、社会人も学生も同じですよね。専業か兼業(学生を職業
と考えています)かというような違いはありますが、「働く」と
いう点では共通なわけです。


となると、その人の身分に応じて、法的な保護の度合いを変える
のはダメなのではないかと考えることができるはずです。






■「違う」と考えるのは違う。


労働基準法では、「使用者」と「労働者」という二者しか登場
しません。

さらには、使用者は使用者という扱いでしかなく、使用者に種類が
あるわけではありません。また、労働者も、労働者という扱いしか
なく、労働者に種類があるわけではありません。

ただ、現実には、人ごとに働き方に違いがあり、フルタイム、
パートタイム、契約、派遣、請負、期間雇用、日雇いなどがあり
ます。

確かに、働き方には人ごとに違いがあるのですが、だからと
いって、法的な労働者にも違いがあると考えるのは間違いです。

つまり、法的な労働者というのは一種類しかなく、働き方で分けて
いません。

有給休暇の比例付与というように、働き方によって限定的に対応を
変えている部分はありますが、これは例外です。





■「フルタイム社員>契約社員>パートタイム社員>学生アルバイト」


しかし、現実には、働き方によって「ヒエラルキー」があると
感じる場面にも遭遇しますよね。

フルタイムの社員(正社員とも言う)、契約社員、派遣社員、
パートタイム社員、学生アルバイト社員では、それぞれに独特の
「領域」があって、その領域がある種の差別感を生み出すんですね。

それゆえ、フルタイム社員は、学生のアルバイト社員よりも、
自分は保護されるべきと考えます。また、一方で、学生アルバイト
社員は、自分たちはフルタイム社員よりも保護の度合いが低い
から、すぐに解雇されることもあるし、休暇などもないのだな、
と考えるわけです。

学生のアルバイト社員さんやパートタイム社員さんというのは、
どうも「法律などのルールを知らない人たち」と思われている
(ナメられている?)ようで、「事実を教えずに黙っておけば
従うだろう」と会社も考えているのではないかと私は思うのです。

社会には、「社員の無知を利用する会社」もありますから、
注意したいです。


私も、今思い返せば、学生時代は会社に好き勝手されていたのだな
と分かりますし、自分自身も物事を知りませんでしたからね。



確かに、世間一般では、雇用の形態によって、保護の度合いに
違いがあると思われる傾向があります。

ただし、「世間一般では」という条件付きなのです。

世間一般と社会のルールでは違いがあるのですね。それを知らず、
世間一般の考えを外に出すと、「それは違います」と言われる
こともあるのですね。










 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
>>編集後記



一般に、会社では、「正社員」、「従業員」という呼称があります。

この呼称は、今までも使われてきましたし、これからも使われて
いくのだと思います。


ただ、「特定の人達を不快にさせるネーミング」であるということ
は知っておきたいですね。「正」とか「従」という部分に不快感
を感じる人は少なくないのではないかと私は思います。


誰が作った表現なのかは知りませんが、考えれば考えるほど
「変なネーミング」です。






今回も、メルマガ【本では読めない労務管理の「ミソ」】を
お読みいただき、ありがとうございます。

次回もお楽しみに。

メルマガ以外にも、たくさんのコンテンツをウェブサイトに掲載しております。

労務管理のヒント

http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_2

ニュース

http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_3


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ┃本では読めない労務管理の"ミソ"山口社会保険労務士事務所 発行
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃メルマガの配信先アドレスの変更は
http://www.growthwk.com/entry/2008/11/28/122853?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_4

┃メルマガのバックナンバーはこちら
http://www.growthwk.com/entry/2008/07/07/132329?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_5

┃メルマガの配信停止はこちらから
http://www.growthwk.com/entry/2008/06/18/104816?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_6


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*

┃労務管理のヒント
http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_7
┃仕事の現場で起こり得る労務の疑問を題材にしたコラムです。

┃ニュース
http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_8
┃時事ニュースから労務管理に関連するテーマをピックアップし、解説やコメントをしています。

┃メニューがないお店。就業規則が無い会社。
http://www.growthwk.com/entry/2007/11/01/161540?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_9

┃山口社会保険労務士事務所 
http://www.growthwk.com?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_10

┃ブログ
http://blog.ymsro.com/?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_11

┃『残業管理のアメと罠』
┃毎日8時間の時間制限だと柔軟に勤務時間を配分できないので、
┃月曜日は6時間の勤務にする代わりに、土曜日を10時間勤務にして、
┃平均して8時間勤務というわけにはいかない。
┃しかし、仕事に合わせて、ある日は勤務時間を短く、
┃ある日は勤務時間を長くできれば、便利ですよね。
┃それを実現するにはどうしたらいいかについて書いています。
http://www.growthwk.com/entry/2012/05/22/162343?utm_source=mailmagazine&utm_medium=cm&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_12

┃電子タイムカード Clockperiod
┃始業や終業、時間外勤務や休日勤務の出勤時間を自動的に集計。
┃できれば勤怠集計の作業は随分とラクになるはず。Clockperiodは、
┃出退勤の時刻をタイムカード無しで記録できます。タイムカードや出勤簿で
┃勤務時間を管理している企業にオススメです。
https://www.clockperiod.com/Features?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_13


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*
┃Copyright(c) 社会保険労務士 山口正博事務所 All rights reserved

┃新規配信のご登録はこちらから
┃(このメールを転送するだけでこのメルマガを紹介できます)
http://www.growthwk.com/entry/2008/05/26/125405?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_15

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com
業務のご依頼に関するお問い合わせ

© 社会保険労務士 山口正博事務所