有給休暇を取った日は通勤手当が減らされる?

 

 

 


1日ごとに交通費が出るのか、定期券を使っているのか。


電車やバス、自家用車で通勤していると、交通費なり燃料費の名目で手当が支給される会社があります。

電車やバスだと通勤で使う経路の運賃。自家用車を通勤で使うとなると、距離や排気量で燃料費が決まるかと思います。


有給休暇を取って休んだ日は通勤しませんから、交通費は必要ありませんよね。ただ、中には休暇を取った日に応じて通勤手当が減るところもあるようです。

 


電車で通勤しているとして、交通費を支給する方法としては、2通りあります。

  1. 1日毎に申請する。
  2. 通勤定期券を使う。

 

1の場合は、出勤するたびに交通費を申請する書類を書きます。

私が大学生だった頃、とある会社では、出勤するたびに交通費申請書を書いており、同じものを毎回毎回、面倒でしたがそういう決まりだったので渋々ながら書いていたのを思い出します。

日付を書き、乗車駅と降車駅の名称を書いて、片道の運賃、往復の合計額、これらを毎回、書類に書くんです。仕事が終わった後に毎回毎回。1回申請したら、後は固定してくれた方が会社も私も都合がいいはずですが、そうはなっていなかったのです。

片道210円で、往復ならば420円。この420円を出勤するたびに申請で請求するわけです。月に15日出勤すれば6,300円。切符の料金を毎回申請するのは割高だと思っていましたけれども、それでOKだったんですね。


一方、2の方法だと、1ヶ月なり3ヶ月といった期間単位で購入するため、1日あたりいくらという単価はありません。より長期間にわたって使える定期券の方が運賃は割安になります。



 

 

金額がハッキリしていれば減額できる。


交通費の支給方法が2つあり、有給休暇を取った日への対応が違います。

まず、1日毎に支給する方式(上記の1)だと、休暇で休みになれば、交通費を申請する書類も書けませんから、減額というよりも交通費そのものが出ません。



一方、定期券を使っている場合、有給休暇を取った日に応じて交通費を減額するのはちょっと面倒です。

おそらく1ヶ月あたりの定期料金を1日あたりに換算して減額しようと考えるところでしょうが、この換算が厄介なところなんです。

まず、1日あたりの交通費単価を出すにあたって、通常の運賃を単価にする(1)のか、定期券の購入費を出勤日で日割りした単価にする(2)のか、定期券の購入費を暦の日数(30日や31日など)で日割りした単価にする(3)のか。この点でまず判断が分かれます。

また、出勤する日数が一定ではない人も職場にはいますから、1日あたりの交通費単価が変わってしまいます。月に20日出勤する人、月に10日出勤する人がいるとすると、後者の方が日割り単価が高くなってしまいます。

仮に1ヶ月の定期券料金が5,000円だとすると、月20日出勤の人は1日あたり単価が250円になります。一方、月10日出勤の人は1日あたり単価が500円になります。ということは、後者の人が有給休暇で休むと、有給休暇1日あたりで交通費が500円減額されるわけです。

さらに、定期券の1ヶ月あたりの単価も変わります。1ヶ月定期、3ヶ月定期、6ヶ月定期を比べると、より長期間使える定期の方が1ヶ月あたりの料金が割安です。

1ヶ月定期だと5,000円だが、6ヶ月定期だと27,000円になる。この場合、6ヶ月定期の購入費を1ヶ月あたりに換算すると4,500円。ここから1日あたりの単価を出して(先程書いたように方法は3つある)、さらに個々に出勤日数の違いもある。


どうです? 面倒くさいでしょ? 1日毎に交通費を支給する方式だと、有給休暇を取ったら交通費を出さないだけで済むのですけれども、通勤定期券を使っていると交通費を減額するのは厄介な作業です。

こういう細かいことを考えないといけないので、定期券で通勤している場合は、有給休暇を取った日でも交通費を減額しないのが賢明です。

 

 

 

こちらも一緒にどうぞ

 

通勤手当を不正受給すると懲戒解雇もあり得る。

交通費補助をゼロにすれば、通勤ラッシュは解消する。

通勤定期券の良いところ。切符の良いところ。

 

 

 

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com
お問い合わせ

© 社会保険労務士 山口正博事務所