労務管理のツボをギュッと押す方法を考えます

会社で起こる労務管理に関する悩みやトラブルを解決する方法を考えます。

その休日出勤は本当に休日出勤なの?

 

f:id:ma95:20181106123434p:plain

 

「休みの日に出勤=休日出勤」とは限らない。

出勤日ではなく休みの日に、何らかの理由で出勤することになった場合、おそらく多くの人は「それは休日出勤だな」と考えるはず。

確かに、休みの日に仕事をするわけですから、休日出勤と表現して間違いないはずです。表現上は何も問題ありません。

しかし、労務管理で休日出勤と表現する場合は、意味が2つあります。

1つは、法定休日出勤。もう1つは、法定外休日出勤です。


法定休日は、労働基準法35条1項に書かれている、1週間に1回の休日のことです。この休日に仕事をすれば、それは法定休日出勤になり、割増賃金も必要になる。

一方、法定外休日というのは、法定休日に該当しない休日のこと。例えば、1週間に3日出勤(勤務時間は1日5時間と仮定)するパートタイマーの人(今回は、藤田さんという人物だと仮定)がいて、出勤日が日曜日、月曜日、土曜日だったとします。この場合、休日は、火曜日、水曜日、木曜日、金曜日の4日です。この4日の休みのうち、1日分は労働基準法35条1項の法定休日になり、残りの3日分は法定外休日になります。

では、藤田さんが休みの日である木曜日に出勤した場合、休日出勤になるかどうか。




労働基準法の休日、会社と社員が決めた休日、この2つは違う。

休日出勤には割増賃金が必要だ。そう思っている方もいらっしゃるはずです。労働基準法37条には割増賃金について書かれていますから、休日に労働した場合は割増賃金が必要だと思えます。

しかし、割増賃金が必要な休日出勤は、労働基準法上の休日に出勤した場合であって、それ以外の休日に出勤した場合は割増賃金は必要ないのです。

先ほどの藤田さんの例を使うと、木曜日は休日であり、その日に藤田さんは出勤したので、言葉上は休日出勤になりますけれども、割増賃金が必要な休日出勤ではありません。

なぜかというと、木曜日が出勤日に変わっても、他の日、つまり火曜日、水曜日、金曜日の3日は休日ですから、この3日のうち1日が労働基準法35条1項の法定休日として扱われ、木曜日は割増賃金が不要な法定外休日労働になるのです。


休日の違いについてはここまでにして、藤田さんは、木曜日に出勤することになり、その日は仕事上の都合で、仕事の時間は6時間になったとします。さらに、木曜日の休日がなくなってしまったので、代わりに翌週の月曜日を休みにした(振替休日です)。


【今週の出勤日】

日曜日
月曜日
木曜日(ただし、5時間ではなく6時間勤務)
土曜日


【翌週の出勤日】

日曜日
土曜日


ここで、木曜日の賃金がどうなるのかが疑問になるところです。

普段は5時間勤務だが、木曜日は6時間勤務になっていて、いつもよりも1時間多い。さらに、休みだった日に出勤しているので、一応ながら休日出勤です。

この場合、木曜日の賃金は、翌週の月曜日に休日を振り替えていますが、6時間分を支払います。また、割増賃金は、木曜日が法定外休日なので、不要です。


労働基準法の休日。会社と社員の間で決めた休日。この2つの違いはキチンと分けて知っておきたいところです。



休日に出勤したら、すべて休日出勤になる。それ本当?

8月だと、夏期休暇が終わった人もいれば、これから夏期休暇という方もいるかと思います。

夏期休暇というのは、会社が独自に決めた休暇ですので、社会的に義務となっている休暇であるとか、法的に要求されている休暇というわけではありません。

世間は「盆休み」と言ってますけれども、「8月15日前後は休業しなければいけない」という決まりはなく、昔から8月中旬に職場が休みになるという慣習があるというだけです。


そこで、夏期休暇のように会社が定めた休暇のときに、出勤して仕事をすると、時に「休日出勤になるのではないでしょうか?」と疑問を抱く人がいらっしゃいます。


確かに、休みの日に出勤しているのですから、「休日の出勤」になりますよね。「休みの日に出勤しているのだから、休日労働なり休日出勤だろう」、と考えるわけです。

ただ、休日に出勤したからといって、必ずしも休日出勤になるとは限らないのです。

 

 

会社が決めた休日と法律で決めた休日は違います

なぜ、休日に出勤したのに、休日出勤にならないのかというと、それは「休日の性質が違う」からです。

休日というのは、大雑把に、「法律で決めたの休日」と「会社が決めた休日」という2つに分けることができます。


それゆえ、「法律で決めたの休日」に出勤すれば、休日出勤になります。
一方、「会社が決めた休日」に出勤しても、休日出勤にはなりません。

これが原則です。


ただし、あくまでも労働基準法での判断ですから、「会社が決めた休日」であっても休日出勤として取り扱うことが可能です。休日手当や休日割増を独自に設けて、出勤を促すこともできます。


しかし、まず覚えておくことは、

【休日出勤を考えるときの休日とは、法定休日のことです。
他方、会社が決めた休日は、法定休日ではありません】

という部分です。


「休みの日に出勤したから休日出勤だ」と、直線的に判断すると間違ってしまうかもしれませんね。

 

法定休日に出勤すれば、休日労働に対する割増賃金が必要になります。一方、会社が決めた休日に出勤した場合は、手当や割増が付くかどうかは、就業規則や賃金規定に委ねられています。

 

 

 

「超」働き方改革 (ちくま新書)

「超」働き方改革 (ちくま新書)

  • 作者:太田肇
  • 発売日: 2020/07/17
  • メディア: Kindle版
 

 

 

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com
業務のご依頼に関するお問い合わせ

© 社会保険労務士 山口正博事務所