労務管理のツボをギュッと押す方法を考えます

会社で起こる労務管理に関する悩みやトラブルを解決する方法を考えます。

2009/8/3【「3」の付く時期に配慮する】



┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■┃  本では読めない労務管理の「ミソ」
□□┃  山口社会保険労務士事務所
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━ (2009/8/3号 no.111)━


こんにちは。山口社会保険労務士事務所の山口正博です。


このメルマガは、定期的に、コラム形式で、
労務管理に役立つ内容を配信するメルマガです。

興味本位で読むのもよし。

つまみ食い感覚で読むのもよし、です。

どうぞ、自由にご活用下さい。


===========================
今日のTOPIC
1: 「3」の付く時期に配慮する
>>>人の動きは3の付く時期に起こる。

2: 編集後記

===========================





■■  「3」の付く時期に配慮する
■■  人の動きは3の付く時期に起こる。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





■人事変動の原因は数字の3。


人事の経験則には、


「すぐに辞める人は、3日で辞める」
「しばらく経って辞める人は、3週間もしくは3ヶ月で辞める」
「自分のキャリアを考える人は、3年で転職する」


という不思議な法則があったりします。



このように、「3」の付く時期というのは、人が節目を意識する
時期なのではないかと思うのです。


もちろん、必ず3が関係しているとは断言できませんし、確実な
法則として成立しているとも言えません。

しかし、「3」という数字は、方々で人間に影響を与えている
のではないかと私は考えています。


4ではなく、8でもなく、7でもなく、9でもなく、「3」です。







■アントニオ猪木も「3」を使っている。


「3、2、1、、ダー」という掛け声はアントニオ猪木さんの
定番ネタです(あと、モノマネの人もいましたね)。


あれは、なぜ3からカウントダウンするのでしょうか。

プロレスのダウンカウントも3ですから、そこから流用している
のかもしれません。

ただ、なぜか3を使っているんですね。



他にも、具体例や理由を提示するときも、3をよく使います。


具体例を提示するときは、3つ提示すると説得力が増すと言われ
ています。

2つだと少なくて、説得力に欠ける。しかし、4つだと多くて、
冗長になる。

ゆえに、具体例は3つに絞るのですね。



また、理由を述べる時も、3つ提示すると相手に納得してもらい
やすいです。

プレゼンをしている人は良く分かると思います。



他に3を探すと、「3日坊主」がありますね。

3日で辞める人も3日坊主と言えるのかもしれません。ちなみに、
私は、高校生のとき、1日でチェーン店のレストランを辞めたこと
があります(となると、私は「1日坊主」なのでしょうか)。
雰囲気がどうしても合いませんでした。



さらに探すと、世界の(?)ナベアツも、「3」を芸に取り入れ
ていますよね(余談ですが、なぜ「世界」なのでしょう?おそら
く、彼は日本でしか仕事をしていないはずですが)。

彼の芸は、「1、2、3!(さん!)、4、5、6!(ろく!)、、、」というように数字をカウントします。


特徴は、3の倍数のときに、変な顔(目がアッチ向いてホイして
います)をして奇声を発します。



人は、意外と3を多用しているのですね。








■ただし、科学的な結論ではない。


そこで、3を意識する人間の習性を想定して、3日、3週間、
3ヶ月、3年という区切りの時期に、人事メンテナンスをすると、
離職を防ぐことができるのではないか、と私は「仮説」を立てて
います。


過去にも、「若者は3年で辞める」という本がありましたから、
「3」というのは人間にとって都合の良い節目と考えられている
のでしょう。


そこで、その節目となる時期に、人事面接(入社用の面接とは違う
のもの)を行ってみたり、就業満足度を調査してみたり、コミュ
ニケーションを増やしてみたりすると、良い効果があるのかも
しれません。


例えば、採用後3ヶ月というのは、おそらく本採用される時期に
なることが多いですから、ここで人事フォローをしておくことは
有効ではないでしょうか。

具体的に何をするかは千差万別でしょうが、「関係性を深める
こと」が主眼になると思います。


会社によっては、勤続年数に応じて長期休暇を付与する制度を
設けているところがありますが、勤続年数の条件は3年を避けた
方が良いのかもしれません。


つまり、3年で1ヶ月の有給の休暇を与えるという制度があると、
社員さんはその休暇を利用して転職活動をするかもしれません。

もし、より長く働いて欲しいと考えるならば、せめて4年に1ヶ月
の休暇という設定にするのが妥当なのではないでしょうか。


もちろん、転職を妨害するために休暇制度を運用するのは避けたい
ですが、「3年」という節目に人の動きがあるというジンクスを
考えるならば、3年という時期を避けるのも無理はありません。


ただ、実証された内容ではありませんので、経験則上の仮説でしか
ないのですが、どうしても私は因果を感じてしまうのです。


「必ず成立することではないが、意識することは有益では
ないか」、というのが私の考えです。



しかし、何を言っても、なぜか人間は「3」が好きなので、
使いたがるのでしょうね。


3の魅力は奥深いです。









 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
>>編集後記


男は「批評」が大好きですね。


例えば、おいしい食べ物を食べている時も、黙々と食べれば良い
のに、「これは、こうだから、おいしい」とか、「ここは、もう
少し味を薄くすると、味に調和がとれる」とか、わざわざ発言
するんですね。


他にも、映画を観たときでも、カメラアングルはどうとか、
セリフの間(ま)がどうとか、キャストの選定がどうとか、
とにかく何らかの批評をしないと気が済まないわけです。


すぐ横でブツブツと言われたら、どうしても気分が落ち込みます。


男性の批評にウンザリしている女性も多いのではないでしょうか。

「何もしないくせに、口ばっかり、、、」と、女性が男性に不満
を持つことは少なくないようです(私の周りの女性はそうです)。


おお、、怖い、怖い、、。


私は、なるべく語らないようにしているのですが、それでも、
ふと言ってしまう時があります。


男にとっては、何かに対してイチャモンを付けるのが快感なの
でしょうか(笑)。



「寡黙は美徳、口軽は信用に足らず」






今回も、メルマガ【本では読めない労務管理の「ミソ」】を
お読みいただき、ありがとうございます。

次回もお楽しみに。

メルマガ以外にも、たくさんのコンテンツをウェブサイトに掲載しております。

労務管理のヒント

http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_2

ニュース

http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_3


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ┃本では読めない労務管理の"ミソ"山口社会保険労務士事務所 発行
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃メルマガの配信先アドレスの変更は
http://www.growthwk.com/entry/2008/11/28/122853?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_4

┃メルマガのバックナンバーはこちら
http://www.growthwk.com/entry/2008/07/07/132329?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_5

┃メルマガの配信停止はこちらから
http://www.growthwk.com/entry/2008/06/18/104816?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_6


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*

┃労務管理のヒント
http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_7
┃仕事の現場で起こり得る労務の疑問を題材にしたコラムです。

┃ニュース
http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_8
┃時事ニュースから労務管理に関連するテーマをピックアップし、解説やコメントをしています。

┃メニューがないお店。就業規則が無い会社。
http://www.growthwk.com/entry/2007/11/01/161540?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_9

┃山口社会保険労務士事務所 
http://www.growthwk.com?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_10

┃ブログ
http://blog.ymsro.com/?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_11

┃『残業管理のアメと罠』
┃毎日8時間の時間制限だと柔軟に勤務時間を配分できないので、
┃月曜日は6時間の勤務にする代わりに、土曜日を10時間勤務にして、
┃平均して8時間勤務というわけにはいかない。
┃しかし、仕事に合わせて、ある日は勤務時間を短く、
┃ある日は勤務時間を長くできれば、便利ですよね。
┃それを実現するにはどうしたらいいかについて書いています。
http://www.growthwk.com/entry/2012/05/22/162343?utm_source=mailmagazine&utm_medium=cm&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_12

┃電子タイムカード Clockperiod
┃始業や終業、時間外勤務や休日勤務の出勤時間を自動的に集計。
┃できれば勤怠集計の作業は随分とラクになるはず。Clockperiodは、
┃出退勤の時刻をタイムカード無しで記録できます。タイムカードや出勤簿で
┃勤務時間を管理している企業にオススメです。
https://www.clockperiod.com/Features?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_13


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*
┃Copyright(c) 社会保険労務士 山口正博事務所 All rights reserved

┃新規配信のご登録はこちらから
┃(このメールを転送するだけでこのメルマガを紹介できます)
http://www.growthwk.com/entry/2008/05/26/125405?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_15

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com
業務のご依頼に関するお問い合わせ

© 社会保険労務士 山口正博事務所