雇用契約書は2通作る

契約書類

 

 

 

1通しか作っていない?

 

一般に、会社に入社する時は、雇用契約書を作成しますよね。

また、ごく小さい会社だと、雇用契約書を作成せずに、口約束だけで契約してしまうこともあります。


雇用契約書というのは、会社と社員さんが相互に確認しながら作成し、2通作成しそれぞれを会社と社員さんで保管しておくのが通例です。


ただ、1通だけしか作っていなくても、雇用契約書は有効になりますが、後で契約内容についてトラブルになることもあるようですから、やはり2通作成するのが良いです。

 

原本は会社に、複写は社員さんに。

 

契約書というのは、1通だけ作成するというのは少なく、何らかの形で複製して、当事者で共有するのが普通です。


例えば、住宅購入、車の購入、学習講座の申し込み、保険の申し込み、などなど。

これらの取引を行うときは、契約書の写しを受け取るかと思います。

雇用契約書もこれと同様です。


中には、雇用契約書を3通作る会社もあります。

例えば、1部は本部、もう1部は店舗、残りは社員さん、というように各セクションごとに契約書を保管するんですね。

雇用数が多い会社だと、複写式の雇用契約書を使っているのではないでしょうか。


他に、複写式でなくても、2枚の雇用契約書にカーボン紙を挟んで、複写することで2通の雇用契約書を作成する方法でも良いですね。

また、作成した契約書をコピーして、その後に、会社と社員さんの印鑑を押すのでも構わないでしょう。


方法はいくつかあるのでしょうし、雇用契約書は何枚複製しても構わないのですが、最低でも2通は作る必要があります。


もし、1通だけしか作らないと、会社が改ざんするかもしれませんから、2部の雇用契約書を作るんですね。

 

 

キチンと入社手続きをするには?

 

 

 

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com
お問い合わせ

© 社会保険労務士 山口正博事務所