労務管理のツボをギュッと押す方法を考えます

会社で起こる労務管理に関する悩みやトラブルを解決する方法を考えます。

年金の支給開始年齢は「全員が65歳」、というわけではない。

年金

 

 

年金を受け取り始めるのは65歳から。

 そう思っている方もいらっしゃるでしょうが、
65歳にならなくても受け取り始める人もいます。


テレビのニュースで年金の話を聞いていると、

「年金は65歳にならないと受け取れない」

と思ってしまうところですが、


60歳から受け取り始める人がいれば、
62歳から受け取る人もいます。

さらに、63歳や64歳から、という人も。

 

  

人によって受け取り始める時期は違う。

「全員、65歳から」

ではなく、

厚生年金は、

「年金を受け取る時期は生年月日で変わります」


ちなみに、国民年金は生年月日に関わらず、
65歳から受け取るようになっていますが、

受け取り時期を早めて、
60歳や62歳から受け取る(受給額が少し減ります)ことも可能です。

 

さらに、

もっと遅く受け取りたい方には、

67歳や69歳から受け取るという選択肢もあります。

ちなみに、受給時期を遅らせると、年金額が少し増えます。

 

 

「私、年金受け取れますか?」

20歳代、30歳代だと、まだ年金のことについてあまり関心を持ちにくいですが、50歳ぐらいになると、ちょっとずつ自分の年金について気持ちが向き始め、「私、ちゃんと年金を受け取れるのかなぁ?」と思うこともあるはず。

さて、ここでちょっとクイズです。


1、厚生年金に17年加入したけれども、国民年金には9年しか加入していない佐藤さん。

2,厚生年金に27年加入したけど、国民年金は1年6ヶ月しか加入していない山田さん。

3,厚生年金には3年だけ加入したけど、国民年金には22年加入した今井さん。

なお、「加入している期間 = 年金の保険料を納付している期間」と仮定する。


さて、この3人、年金を受け取れるのは誰でしょうか。

ちなみに、「25年加入しないと年金を受け取れない」という話を知っている方は多いかと思います。年金には国民年金と厚生年金の2つがありますが、25年加入するのはどちらの年金でしょうか。国民年金でしょうか、厚生年金でしょうか。それとも2つの制度への加入期間を合算できるのか。

佐藤さんは年金を受け取れるのか。山田さんはどうか。今井さんはどうでしょうか。




年金に25年入る必要はなくなった。10年以上で年金を受給できるよう支給条件が緩和。

まず結論から書くと、年金を受け取れるのは、3人全員です。

まず、1の佐藤さんから。国民年金に9年しか加入していないので、25年に満たず、年金を受け取れないかのように思えますが、受け取れます。

佐藤さんは厚生年金に17年加入しており、この17年間は厚生年金に加入しているのはもちろんですが、同時に国民年金にも加入していると扱われます。つまり、厚生年金に17年加入したということは、厚生年金に17年加入し、国民年金にも17年加入したということになるのです。厚生年金の中には国民年金も含まれているため、このような扱いになります。

よって、佐藤さんの年金加入期間は、17年 + 9年 = 26年になり、25年の条件を満たしています。


次に、2の山田さんについて。山田さんは厚生年金に27年加入したのですが、国民年金には1年6ヶ月しか加入していません。しかし、先ほどの佐藤さんと同様に、厚生年金には国民年金も含まれていると分かっていれば、両者を合算した期間が年金の加入期間になりますので、27 + 1.5 = 28.5年ですから、25年の条件を満たしています。

最後に、今井さんの場合はどうか。今井さんの場合も、厚生年金だけ、もしくは国民年金だけだと、25年の条件を満たせませんが、両者を合わせると、3 + 22 = 25年になるので、条件を満たします。




昭和33年5月11日生まれの男性なら、いつから年金を受け取る?

一例として、

「昭和33年5月11日生まれの男性」
を挙げましょう。

この人の場合、

厚生年金は、63歳から受け取り可能です。


ちなみに、

昭和33年5月11日生まれの"女性"

だった場合は、

厚生年金を61歳から受け取れます


男性よりも、女性の方が受け取り時期が少し早くなるのが特徴です。

 

「年金は65歳から」とは限らないと言ったのは、
こういうことです。


厚生年金は「生年月日で受給時期が決まります」から、
全員が65歳から受給するわけではないのです。

 

 

 

63歳じゃなくて60歳から年金を受け取れる?

「昭和33年5月11日生まれの男性」
には、

おそらく、63歳になる少し前、

3月か4月に年金の申請書が届くはずです。


年金申請書が届くと、

「あぁ、オレは63歳から年金を受け取れるんだな」

と思うはず。

 


確かに、63歳からで間違いないのですが、

もっと早く、60歳からでも受け取れるんです。


厚生年金は63歳からですが、
これを60歳から受け取ることは可能です。

受け取り額はちょっと減りますけれども。

 

さらに、

国民年金も、厚生年金と一緒に60歳から受け取れます

年金申請書と一緒に「繰り上げ申請書」
提出すると、

60歳から年金を受け取れるんです。

 

年金の繰上げ・繰下げ受給|日本年金機構

 
「昭和33年5月11日生まれの男性」には、
63歳になるちょっと前に支給申請書が届きますが、

60歳時点では書類が送られてきません

なぜならば、受給開始年齢に達していないから


しかし、実際は、

国民年金も厚生年金も

60歳から受給できます。

 

 

 

年金を受給する書類を年金事務所に自分で取りに行く。

日本年金機構は、

受給開始年齢になった人に

年金申請書を送っていますから、

60歳時点では書類を送らないのですね。


60歳になった時点で、年金を請求できるけれども、
その時点では書類は送られてこない。

 

だから、

「60歳から年金を受け取りたい」
と考えている方は、

自分で年金事務所まで申請書を取りに行かないといけないんです。

「年金の支給申請書」と「繰り上げ申請書」を。


自宅には年金に関する書類が届いていない段階で、
「年金事務所に行こう」と思える方は少ないでしょうね。

 
年金を60歳から受け取りたい方は、

60歳になる2ヶ月ぐらい前に、
年金事務所に行って、

「60歳から年金を受け取れるようにしたいんです」

と伝えれば、

手続きを案内してくれます。


【60歳になる少し前から動く】

これがポイントです。

 

 

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com
業務のご依頼に関するお問い合わせ

© 社会保険労務士 山口正博事務所