ツボをギュッと押したければコチラ

労務管理の問題と悩みを解決する

残業を何とかしたいんだけど、、、

働く人にとって給与と同じぐらい関心がある有給休暇

休憩中なのに仕事をしているの?

子育てと仕事の両立

職場で起こる悩ましいハラスメント

人を採用する会社。会社に入社する人

台風がやって来たら仕事はどうなるの?

変わる職場の労務管理。仕事もソーシャルな感じに。

仕事でSNSを使っていますか?

退職する人。解雇される人。

体調は悪くないけどマスクを付けて仕事。それいいの?

学生は普通の社員とは違うからねぇ、、。これ本当?

無料メルマガ - 本では読めない、労務管理の"ミソ"

mailmag2_20110908.jpg

労働の専門家である社会保険労務士だからこそ書ける
【本では読めない、労務管理の"ミソ"


-配信の内容例-
  • 15分未満の時間は切り捨て?
  • 長時間労働を減らす方法は2つある。
  • 定額残業代で残業代は減らせるのか?
  • みなし時間で働いているから時間外手当は無い?
  • 管理職は週休3日が理想
  • 早退と休業の境目を知りたい
  • 完全歩合給の雇用契約はアリですか?

などなど、盛り沢山で配信しております。

メールマガジン 本では読めない、労務管理の"ミソ"

» メルマガの詳細

» メルマガ無料登録

1日8時間の制約を超える 『残業管理のアメと罠』

variabletime_book.png「なぜ1日の労働時間が8時間に制約されているのか」

こんな疑問を抱いたことはないでしょうか。

 

労働基準法では1日の労働時間は8時間に制限されていて、この制限を超えると、時間外勤務に対する割増賃金が必要です。

 

法定労働時間が8時間であっても、毎日8時間の仕事があるとは限らない。1日5時間や6時間で終わるときもあれば、9時間ぐらい時間が必要な時もありますよね。

 

仕事に応じて勤務時間を配分する。これが自然な仕事のやり方ではないでしょうか。毎日8時間ではなく、月曜日に6時間勤務にする代わりに木曜日を10時間勤務にして、両日を平均して8時間以内ならば残業にならないようにしたい。こう思ったことがあるのではないでしょうか。

 

毎日8時間を上限にするのではなく、他の日と時間を調整することで、平均で8時間以内ならば時間外勤務にならない。そうなれば、仕事にメリハリが出るでしょうし、仕事に時間を合わせるのも容易になります。

 

では、いかにして上記のようなことを実現するのか。それについて書いているのが『残業管理のアメと罠』です。

 

詳細はこちら

 

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所