会社を休むときの診断書、それ本当に必要?


会社を休むと、場合によっては「病院の診断書を持って来て」と言われる時がありますよね。

病気や怪我をすれば、病院で治療なり診察を受けますから、その結果を診断書という形で確認する。そういう意図なのでしょう。

ただ、この診断書、本当に必要なものなのでしょうか。

例えば、何らかの公的給付を受けるために診断書を使うならば、確かに書面で用意しないといけないでしょう。しかし、何かの手続きをするわけではなく、何か給付が出るわけでもなく、ただ単にそういう決まりだからという理由で診断書を出させている。そういう会社もあるのではないでしょうか。

診断書といっても、タダで作ってくれるものではなくて、病院ごとに違いはありますけれども、2,000円から5,000円ぐらいの費用が必要です。

もし、診断書を用意して、何らかの給付を受けられるとして、5万円が給付されるとすれば、診断書の作成費用を吸収できます。これならば「2,000円ぐらいだったらいいよ」と納得できますよね。

しかし、診断書を作ってもらって会社に提出しても、何も見返りがないとなると、「何でそんなものを用意しないといけないの?」という気分になる。

人はインセンティブに反応する生き物ですから、自分にとって得になると分かれば動きますが、特にならないと判断すると岩のように動きません。診断書の場合も、給付を受けられるというニンジンがぶら下がっていると、すぐに作ります。しかし、何も貰えないとなると、お金を出してまで診断書を作りません。


そもそも、どういう理由で診断書を出させているのか。ここがハッキリしていない状態で、「書類を出して」と言われても困ります。何らかの公的な給付を受けられるのか。会社独自に特別休暇で休めるのか。

単にズル休みを防ぐ目的で診断書を出せというのならば、それは要らないでしょう。診断書を作ってもらうのも費用がかかるし、その費用は会社で出すのかと聞けば、「本人が負担するもの」と言われる。アホらしいでしょう? こんな理由で診断書を作るなんて。


病気なり怪我で休めば給与は出ないのですから、そのまま普通に休むだけでいいはず。にもかかわらず、診断書を出させる。

本当に診断書なんて必要なのかどうか。そういう疑問を持つべきでは無いかと思います。

診断書を出せば、病欠ではなく特別休暇になる。そういう違いがあったとしても、もし特別休暇ではなく病欠扱いになったとして、どれぐらいの不利益があるのか。

人事評価に云々という人もいるでしょうが、理由なく無断欠勤したわけではないですし、病気欠勤による影響など誤差程度です。


私は19歳の時に、髄膜炎で入院した経験があり、1週間ほど病院に入院していました。そのときに、10日ほど仕事を休んだのですけれども、会社には電話で連絡するだけでOK。診断書を出してなどとは言われませんでした。

入院して10日も休んだものの、診断書は不要だったのだから、まして風邪で数日休んだぐらいで診断書が必要なのかと。

就業規則に、「4日以上休んだ場合は、診断書を提出しなければいけない」という類の内容が書かれている会社もあるでしょうが、本当にそんなルールが必要でしょうか。診断書を出して、何が変わるのか。数千円のお金を払ってでも作ってもらわないといけないのか。

このような意味が無い要求をするのは労務管理の悪い部分です(全てが悪いわけではないですが)。

中には、何の根拠もないのに、休んだ社員に「診断書を持ってきて」と嫌がらせ目的で言う人もいます。就業規則に書かれていれば、嫌でも出さざるを得ないでしょうが、そのような根拠もなく一方的に診断書を出せとは言えません。

2,000円もあれば、上等なうな重が食べれますし、5,000円もあればちょっとしたコース料理も食べれます。診断書を提出させるという形だけの儀式にお金を使うよりは、美味しいものを食べる方が有意義でしょう。

何か見返りがある場合(給付や特別休暇など)に限って、診断書を提出させる。意味のないショーもないルールは排除していきたいところです。

 

 

 

 

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所