労務管理のツボをギュッと押す方法を考えます

会社で起こる労務管理に関する悩みやトラブルを解決する方法を考えます。

台風で電車が動かない、会社に行けない。仕事はどうなる?

台風襲来

 

台風が来るぞ。店は臨時休業だ。

 

台風が来ると、電車が止まり、飛行機は飛ばず、バスのりばも大混雑。さらに、お店を開けてもお客さんは来ないものですから、何のために雨風の中、出勤したのかと思わされます。

 

もうお客さんが来ないと考え、臨時休業にしてしまう店もあります。また、本来の閉店時間を早めて店を閉めてしまうところもあります。

 

 

明日は台風だから店を休みにしてしまうか?

今日は台風だから早めに終わるか?

お客さんが少ないから閉店を早めるか?

 

などと考えてしまいます。

 

飲食店、ショッピングセンター、コンビニなど、これらは天気が悪いと急にお客さんが減る業種です。

 

私が学生だった頃、飲食店で働いていたのですが、台風で風も雨も凄いので、営業時間は22時までのところ、20時で閉店したことが1度ありました。夜は17時から開店しているお店でしたが、当日は1時間に2人か3人、お客さんが入ってくる程度で、店を開けているだけで赤字になるような状態でした。

 

こういう場合は、22時まで店を開けているよりは早く店仕舞いした方が賢明です。

 

ただ、店を早く閉めるのは良いとしても、働く時間が2時間短くなると、その分だけ給与も減るものですから、どうするのかが問題となります。

 

「そりゃあ、台風だから仕方ないだろう」と思うところですが、会社側の判断で勤務時間を減らすと、ちょっとした問題が生じます。

 


自衛隊防災BOOK

 

 

 

台風で会社を休みにしたら休業補償が必要?

 

洪水や風で店が壊れてしまって営業できないならば、これは会社側に責任はありません。しかし、お客さんが少ないという理由で、閉店時間を早めてしまうと、閉店時間までの給与を支払わないといけなくなります。先程の例だと、20時から22時までの2時間分の給与。これを支払うわけです。

 

「でも、その2時間は仕事をしていないのに給与が出るの?」と思うところですが、契約で約束した時間は働けるようにしなければいけないので、使用者側はこういう場合に補填をする必要があるのです。

 

しかし、ちゃんとフォローをすれば、対応できるのです。

 

 


東京防災

 

  

 

 

 

 

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com
お問い合わせ

© 社会保険労務士 山口正博事務所