book957(産休中に有給休暇を使える?)

 

f:id:ma95:20170708123824p:plain

出産前と出産後には休業期間というものが設定されていて、出産前42日、出産後56日がいわゆる「産休(産前産後休業期間)」です。

この期間中は仕事を休むので、給与が出ませんから、何らかの方法で収入を補填する方法はないかと考えると、「有給休暇を入れちゃえばいいのでは?」と思いつきます。

ちなみに、会社員ならば、産休中は雇用保険料はゼロですし、社会保険料も免除されます。

http://www.nenkin.go.jp/service/kounen/hokenryo-kankei/menjo/20140327-04.html
産前産後休業保険料免除制度|日本年金機構

収入がなくても、保険料による支出もありませんから、特に困るというほどでもないのですが、産休期間は最大で98日ありますので、3ヶ月間の収入をどうするかが悩みどころです。

そこで有給休暇を使えるかどうかが疑問となります。


産休で休んでいるということは、仕事をする必要が無くなっているのですから、有給休暇を使うこともできません。

有給休暇は、出勤する日を休暇に切り替えるものですから、休みの日を休暇に変えることはできないわけです。休みを休みにするなんて訳が分からないですからね。

ゆえに、産休を取る労働者の側から「産休中に有給休暇を入れてください」と要求することはできません。


ただ、有給休暇の使い方は法律で制限されているものではなく、どのように利用するかは当事者(使用者と労働者)に任せられているので、休みになっている日に有給休暇を充当しても、それが法律に違反するとまでは言えず、いわゆるグレーゾーンです。

使用者と労働者がお互いに納得の上で、産休中に有給休暇を使ったとしても、それはそれで一つの使い方です。ただ、産休期間である93日間の中で有給休暇を使うと、あっという間に休暇が全部なくなるでしょうから、それで良いのかどうかも考えどころです。

付け加えると、産休中に有給休暇を利用し、収入を得たとしても、社会保険料は免除されます。

 

 

 

 

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所