読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015/8/7【先に休日を取る振替休日には意外な効果がある。】


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■┃  メールマガジン 本では読めない労務管理の"ミソ"
□□┃  山口社会保険労務士事務所 http://www.growthwk.com?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel20150807_1
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━ (2015/8/7号 no.287)━



◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先に休日を取る振替休日には意外な効果がある。
◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

休日を振り替えると起こる問題。


休みの日を出勤日に変えて、代わりに別の日を休みに振り替える。いわゆる振替休日ですが、休日を振り替えると、「振り替えた休日をいつまでに取得するか」という問題が生じます。

例えば、今週の土曜日が休みなのだけれども、その日に出勤してもらい、代わりに他の日を休みとしたい場合。普通に休日を振り替えると、土曜日に出勤し、土曜日の翌日である日曜日以降に振替休日を設定するはずです。つまり、先に出勤日が到来し、後から休日が到来します。

土曜日:休み→出勤に変えた。
(翌日以降に土曜日の休みを振り替える)
日曜日が振替休日?
月曜日が振替休日?
水曜日が振替休日?
金曜日が振替休日?

この方法だと、振り替えた休日をいつ取得するかが問題となります。土曜日に振り替え出勤した後、なるべく早い段階で振替休日を取得するところですが、その期限が曖昧で、いつまでにとはハッキリ分かりません。翌週の月曜日かもしれないし、水曜日かもしれないし、金曜日かもしれない。

休日を振り替えると、いつまでに休日を取れるのかが曖昧になり、場合によっては休日が消滅してしまうこともあるようです。これでは困りますよね。

「振替休日の期限」というキーワードで検索してウェブサイトへアクセスしてくる人も多いようですので、振替休日の期限が問題になっている企業もあるのでしょう。

給与の締め日を跨がないように振替休日を取る、振り替え出勤後1週間以内に休日を取るなど、対策はいくつかあるようですが、どうも苦し紛れな感が拭えません。



休日を先にすれば、問題を解決できる。

問題の原因は、振替出勤日の後に振替休日を設定しているからです。先程の例を用いると、土曜日を休日から出勤日に振り替え、その後に振替休日を持ってきています。つまり、先に出勤日が来て、後から休日が来るという流れです。

この方法で休日と出勤日を振り替えていると、いつまでに振替休日を取るのかが曖昧なままになります。

この問題を解決するには、出勤日と休日の前後を逆にします。つまり、先に振替休日をとり、その後に振り替えで出勤します。「2×3」を「3×2」に書き換えたような感じがして、「何の意味があるんだ?」と思ってしまうかもしれません。

土曜日の休みを出勤日に変える場合ならば、この土曜日よりも前に振替休日を持ってきます。つまり、金曜日から以前、つまり火曜日や木曜日に先に振替休日を取り、その後、土曜日に出勤するという流れです。

この方法で休日を振り替えると、いつまでに振替休日を取るのかが問題になりません。なぜならば、出勤日が決まれば休日も自ずと決まるからです。

出勤日を曖昧にする人はあまりいないはずです。「土曜日に出勤してもいいけど、別に木曜日に来てくれてもいいよ」などとアバウトに出勤日を決めませんよね。キチンと日時を特定して出勤日を設定します。振り替えで出勤する場合も、土曜日の何時から何時までと決めるはずです。

振り替えの出勤日が決まれば、自ずと振替休日の日程も決まります。出勤日よりも前に振替休日が来るわけですから、遅くとも土曜日の前日である金曜日までには休日を取らなければいけません。

更に、先に休日を取るためには、時間に余裕をもって振り替える予定を決める必要があるので、「前日にいきなり休日を振り替えるように伝えられた」と休みの日の直前になって出勤日を振り替えるようなこともなくなります。

出勤日を後に、休日が先に来るように処理すれば、いつまでに振替休日を取得すればいいのかという問題を解決できます。いわゆる作用と反作用のようなものです。後の予定が決まれば、それよりも先の予定が決まっていく。ゴールから逆算して行程を決めるイメージとも表現できます。

押してダメならば引けばいい。灯台下暗し。休日と出勤日の前後を入れ替えるだけで意外な効果があるのですね。振替休日の取り扱いで困っているならば、上記のように「先に休日、後から出勤」という処理に変えてみてはいかがでしょうか。




今回も、メルマガ「本では読めない労務管理の"ミソ"」を
お読みいただき、ありがとうございます。

次回もお楽しみに。

メルマガ以外にも、たくさんのコンテンツをウェブサイトに掲載しております。

労務管理のヒント

http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_2

ニュース

http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_3


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ┃本では読めない労務管理の"ミソ"山口社会保険労務士事務所 発行
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃メルマガの配信先アドレスの変更は
http://www.growthwk.com/entry/2008/11/28/122853?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_4

┃メルマガのバックナンバーはこちら
http://www.growthwk.com/entry/2008/07/07/132329?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_5

┃メルマガの配信停止はこちらから
http://www.growthwk.com/entry/2008/06/18/104816?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_6


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*

┃労務管理のヒント
http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_7
┃仕事の現場で起こり得る労務の疑問を題材にしたコラムです。

┃ニュース
http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_8
┃時事ニュースから労務管理に関連するテーマをピックアップし、解説やコメントをしています。

┃メニューがないお店。就業規則が無い会社。
http://www.growthwk.com/entry/2007/11/01/161540?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_9

┃山口社会保険労務士事務所 
http://www.growthwk.com?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_10

┃ブログ
http://blog.ymsro.com/?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_11

┃『残業管理のアメと罠』
┃毎日8時間の時間制限だと柔軟に勤務時間を配分できないので、
┃月曜日は6時間の勤務にする代わりに、土曜日を10時間勤務にして、
┃平均して8時間勤務というわけにはいかない。
┃しかし、仕事に合わせて、ある日は勤務時間を短く、
┃ある日は勤務時間を長くできれば、便利ですよね。
┃それを実現するにはどうしたらいいかについて書いています。
http://www.growthwk.com/entry/2012/05/22/162343?utm_source=mailmagazine&utm_medium=cm&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_12

┃電子タイムカード Clockperiod
┃始業や終業、時間外勤務や休日勤務の出勤時間を自動的に集計。
┃できれば勤怠集計の作業は随分とラクになるはず。Clockperiodは、
┃出退勤の時刻をタイムカード無しで記録できます。タイムカードや出勤簿で
┃勤務時間を管理している企業にオススメです。
https://www.clockperiod.com/Features?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_13


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*
┃Copyright(c) 社会保険労務士 山口正博事務所 All rights reserved

┃新規配信のご登録はこちらから
┃(このメールを転送するだけでこのメルマガを紹介できます)
http://www.growthwk.com/entry/2008/05/26/125405?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_15

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所