2009/4/15【給与は2回払いもできる】

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■┃  本では読めない労務管理の「ミソ」
□□┃  山口社会保険労務士事務所
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━ (2009/4/15号 no.81)━


こんにちは。山口社会保険労務士事務所の山口正博です。



このレポートは、定期的に、コラム形式で、
労務管理に役立つ内容を配信するレポートです。

興味本位で読むのもよし。
就業規則を作る前に読むのもよし。
つまみ食い感覚で読むのもよし、です。

どうぞ、自由にご活用下さい。


===========================
今日のTOPIC
1: 給与は2回払いもできる。
>>>「給与は1ヶ月1回」という思い込みを捨てる。

2: 編集後記

===========================





■■  給与は2回払いもできる。
■■  「1ヶ月1回」という思い込み。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





■本体給与と時間外手当を分離して支払う。


給与計算をしていると、本体給与は簡単に計算できるが、
時間外手当だけは事後的に計算が必要で、支払いまで時間
が必要という場面はよくありますよね。


そんな時、時間外手当だけを本体給与から分離して支払いたい、
という要望も出てくるのではないでしょうか。


ただ、給与を分割払いにすると、いわゆる「全額払い」の
ルールに違反してしまうかもしれませんから、ちょっと

二の足を踏みます。



賃金支払いの5原則では、

「1.通貨で 2.直接本人に 3.その全額を 4.毎月1回以上 
5.一定期日払に払わなければならない」


と決められていますよね。



この原則に合わせると、時間外手当だけを分離して支払うのは
ダメだとなりそうです(3番に反するのでしょうか)。


ですが、上記の4番目を読むと、「毎月1回以上」と書かれて
います。

ならば、給与の支払いを2回払いにすることは許されるのでは
ないかとも思えますよね。


「全額を1回で払う」とは決められていませんから、時間外手当
だけを分離して支払うことも可能ではないかと考えることも
できるわけです。






■「全額払い」の意味をどう理解したら良いか。


全額払いの意味は、「理由のない控除をしない」、「給与遅配
をしない」、という意味と理解するのが妥当です。


つまり、今月分の給与を来月の一定期日に支払うことを禁止
する、という意味ではないということ。



私の経験だと、3月20日に締めて、

4月15日に支払うという会社も
ありました。

つまり、2月21~3月20日までの給与が4月15日に支払われる
ということです。


ここで注目すべきは、2月に働いた給与(2月21~2月29日)が
4月に支払われているという点です(もちろん、3月分も含まれて
います)。


もちろん、毎月15日に支払っているわけですから、この支払い方
は適正なものです。

2ヶ月前の給与が支払われるというタイムラグが許されている
んですね(違和感を感じていたので、私はこのタイムラグが好き
ではなかったのですが、、、)。


とすると、全額払いの原則とは、「当月に働いた分の給与は、
当月に支払う」という意味ではないことが分かるかと思います。
(もちろん、上記の意味で解釈しても差し支えはないのですが、
そこまで厳格に考えなくても良いということです)


つまり、毎月一定期日に支払うならば、2ヶ月程度のタイムラグ
は許されるし、2回払いも許される(毎月1回以上になっている
から)わけです。







■「当月勤務、当月清算」ではない。


もちろん、意図的に支払いを遅らせる目的で分割払いにするのは
ダメです。


雇用契約書や就業規則には、給与の支払い時期について書かれて
いますから、ここで決めたとおりに支払うのが原則です。


雇用契約書や就業規則で、給与の支払いは1回と決めているのに、
会社都合で2回にしたりするのは避けてください。


つまり、根拠のない分割払いはできないのですね。



ただ、時間外手当ては、締め日に計算が必要な手当てですから、
どうしても計算から支払いまでタイムラグが出てしまうものです。



そのため、事前に、雇用契約書や就業規則で、

「本体給与(時間外手当以外)は毎月末日に支払い、時間外手当
は翌月の10日に支払います」

と決めておくのも便利かもしれませんね。



「給与は必ず全額を1回で支払わなければいけない」というわけ
ではないことは知っておいてください。










 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
>>編集後記


労働契約書と就業規則だけだと、労使のバランスがとれないのでは
ないかと最近考えています。


労働組合があれば、もう少し力を強めることができるのですが、
中小の企業で組合を組織するのは難しいですよね。


今では、労働組合の組織率は下降傾向ですし、組合活動の内容も
形骸化しているところもあるのではないでしょうか。

それでも労働組合は、経営側に対する牽制力を持てますから、
存在意義はあるんですよね。

雇用契約書や就業規則は会社のほぼ独断で作れますから、社員さん
の意向が考慮されない場合がままあります。

就業規則を改定する時も、社員さんの意見を聞くだけですからね。



個人加入の労働組合もありますから、中小の企業で働く人は加入
を検討してみてはいかがでしょうか。


次回は、組合について書いてみようかと考えています。

メルマガ以外にも、たくさんのコンテンツをウェブサイトに掲載しております。

労務管理のヒント

http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_2

ニュース

http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_3


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ┃本では読めない労務管理の"ミソ"山口社会保険労務士事務所 発行
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃メルマガの配信先アドレスの変更は
http://www.growthwk.com/entry/2008/11/28/122853?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_4

┃メルマガのバックナンバーはこちら
http://www.growthwk.com/entry/2008/07/07/132329?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_5

┃メルマガの配信停止はこちらから
http://www.growthwk.com/entry/2008/06/18/104816?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_6


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*

┃労務管理のヒント
http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_7
┃仕事の現場で起こり得る労務の疑問を題材にしたコラムです。

┃ニュース
http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_8
┃時事ニュースから労務管理に関連するテーマをピックアップし、解説やコメントをしています。

┃メニューがないお店。就業規則が無い会社。
http://www.growthwk.com/entry/2007/11/01/161540?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_9

┃山口社会保険労務士事務所 
http://www.growthwk.com?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_10

┃ブログ
http://blog.ymsro.com/?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_11

┃『残業管理のアメと罠』
┃毎日8時間の時間制限だと柔軟に勤務時間を配分できないので、
┃月曜日は6時間の勤務にする代わりに、土曜日を10時間勤務にして、
┃平均して8時間勤務というわけにはいかない。
┃しかし、仕事に合わせて、ある日は勤務時間を短く、
┃ある日は勤務時間を長くできれば、便利ですよね。
┃それを実現するにはどうしたらいいかについて書いています。
http://www.growthwk.com/entry/2012/05/22/162343?utm_source=mailmagazine&utm_medium=cm&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_12

┃電子タイムカード Clockperiod
┃始業や終業、時間外勤務や休日勤務の出勤時間を自動的に集計。
┃できれば勤怠集計の作業は随分とラクになるはず。Clockperiodは、
┃出退勤の時刻をタイムカード無しで記録できます。タイムカードや出勤簿で
┃勤務時間を管理している企業にオススメです。
https://www.clockperiod.com/Features?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_13


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*
┃Copyright(c) 社会保険労務士 山口正博事務所 All rights reserved

┃新規配信のご登録はこちらから
┃(このメールを転送するだけでこのメルマガを紹介できます)
http://www.growthwk.com/entry/2008/05/26/125405?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_15

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所