2009/4/9【休業と有給休暇は別々でも重ねてもどちらでも良い】

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■┃  本では読めない労務管理の「ミソ」
□□┃  山口社会保険労務士事務所
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━ (2009/4/9号 no.79)━


こんにちは。山口社会保険労務士事務所の山口正博です。



このレポートは、定期的に、コラム形式で、
労務管理に役立つ内容を配信するレポートです。

興味本位で読むのもよし。
就業規則を作る前に読むのもよし。
つまみ食い感覚(?)で読むのもよし、です。

どうぞ、ご自由にご活用下さい。


===========================
今日のTOPIC
1: 休業と有給休暇は別々でも重ねてもどちらでも良い。
>>>休業の助成金と有給休暇のコラボも可能。

2: 編集後記

===========================





■■  休業と有給休暇は別々でも重ねてもどちらでも良い。
■■  休業の助成金と有給休暇のコラボも可能。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






■休業したら有給休暇はダメ?


最近では、休業や時間短縮を検討する企業も出てきていますね。


雇用関係の助成金を使う企業も多くなっています。



そこで、休業を検討する時に有給休暇を使うとなると、


「休業ならば有給休暇は使えない」
「休業していないならば有給休暇は使える」

と考えている方は少なくないのですが、このようなトレードオフ
関係(同時に成立しない2つの事象を意味する言葉)は必ず成り
立つのかどうかが疑問ですよね。


確かに、休みの日に有給休暇は使えないのが原則なのですが、
休業と有給休暇はなぜ影響しあうのかという素朴な疑問を持つ
方もいらっしゃるはずです。

「会社の都合で休みになっただけなのだから、有給休暇を使って
も良いのでは?」と思うわけです。


「休業ならば有給休暇は使えない」というとき、「使えない=
禁止(絶対禁止)」と考えるべきなのでしょうか。

それとも、「原則として使えない(相対禁止)」にとどまる
のでしょうか。






■休業と有給休暇はトレードオフではない。


結論から言えば、休業して、また場合によっては助成金を受け
取って、さらに有給休暇を上から被せるような使い方も可能です。


休業の計画を出している日に有給休暇を使ったとしても、休業して
いる事実が確かならば、有給休暇は別枠で扱うことができると
考えるべきでしょう。

「有給休暇を使ったならば、その日は休業ではない」という解釈
は違うのではないかと私は考えます。


つまり、有給休暇で休んだからといって、会社の都合で決めた
休業という事実が変わるわけではないのですから、やはり休業と
有給休暇は別枠で取り扱うのが妥当です。


となると、助成金の休業計画は維持したまま、有給休暇を使える
ということになります。

「使えない=禁止」ではなく、「原則として使えない(例外的に
使える)」と解釈するのが正しいのですね。



確かに、「労働義務がない日に有給休暇は使えない」のが原則
なのですが、あえて休日に有給休暇を使うことを禁止するもの
ではありません。

会社が許せば、労働義務がない日に有給休暇を使っても構い
ません。


例えば、休業手当だけでは給与の全額が確保できないので、
有給休暇を重ねて使うことで、100%の給与を確保するという
方法もアリなわけです。


となると、上記の方法が使えるということは、「休業と有給休暇
がトレードオフではない」という証明になりますよね。

つまり、休業と有給休暇は混在しても良いということ。




それゆえ、法定外休日に有給休暇を充てることは可能ですし、
休業日に有給休暇を充てることも可能となるのです。


ただし、法定休日に有給休暇を充ててしまうと、休日を与えて
いないと判断される可能性がありますので、法定休日に有給休暇
を充てるのは避けたほうが良いですね。


「実質的に休んでいる」という点では、法定休日も有給休暇も
同一なのですが、外部から法定休日の有無が判断しにくくなる
という点が気がかりです。






■有給休暇は会社負担だから、

助成金とは切り離して扱うことができる。


「有給休暇を使う日は労働日になるから、その日は休業になら
ない」と固く考えている人は少なくありません。

特に、助成金が絡んでくると、「休業日に有給休暇を使ったら
助成金が貰えないのでは」と不安に思うこともあるのでしょうね。


「休業という事実」と「休業手当を支払ったという事実」に
基づいて雇用安定助成金は支給されるのですから、有給休暇を
挟み込んで考えるとおかしな方向に向かってしまいます。


有給休暇の給与は全額会社が負担するわけですから、労働局が
関与することはありません。

ましてや、有給休暇中の給与と助成金を調整するなどということ
もありません(そんな仕組みは無い。今の時点では)。



ゆえに、頭を混乱させないためにも、有給休暇と休業(助成金の
事も含む)は、キチンと切り離して考えて欲しいですね。









 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
>>編集後記


OpenIDは便利な仕組みですね。

1つのIDで複数のサイトにログインできる仕組みなのですが、
IDやPasswordで溢れ返りがちな現代人には嬉しいサービスです。


対応しているサイトがまだ少ないのが難点ですが、もっと普及
すれば便利になるでしょうね。

「何かを統合するサービス」は大歓迎です。


私が待ち望んでいる「ポイントカード統合システム」と仕組み
が似ていますから、なおさら好感を抱くサービスです。

財布の中にうじゃうじゃとカードを入れるのは辛いですからね。

中には、ポイントカード専用のパスケースを持っている人も
いたりして、驚かされます。


そこまでしてポイントを管理するのか、、、と(笑)。

メルマガ以外にも、たくさんのコンテンツをウェブサイトに掲載しております。

労務管理のヒント

http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_2

ニュース

http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_3


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ┃本では読めない労務管理の"ミソ"山口社会保険労務士事務所 発行
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃メルマガの配信先アドレスの変更は
http://www.growthwk.com/entry/2008/11/28/122853?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_4

┃メルマガのバックナンバーはこちら
http://www.growthwk.com/entry/2008/07/07/132329?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_5

┃メルマガの配信停止はこちらから
http://www.growthwk.com/entry/2008/06/18/104816?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_6


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*

┃労務管理のヒント
http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_7
┃仕事の現場で起こり得る労務の疑問を題材にしたコラムです。

┃ニュース
http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_8
┃時事ニュースから労務管理に関連するテーマをピックアップし、解説やコメントをしています。

┃メニューがないお店。就業規則が無い会社。
http://www.growthwk.com/entry/2007/11/01/161540?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_9

┃山口社会保険労務士事務所 
http://www.growthwk.com?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_10

┃ブログ
http://blog.ymsro.com/?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_11

┃『残業管理のアメと罠』
┃毎日8時間の時間制限だと柔軟に勤務時間を配分できないので、
┃月曜日は6時間の勤務にする代わりに、土曜日を10時間勤務にして、
┃平均して8時間勤務というわけにはいかない。
┃しかし、仕事に合わせて、ある日は勤務時間を短く、
┃ある日は勤務時間を長くできれば、便利ですよね。
┃それを実現するにはどうしたらいいかについて書いています。
http://www.growthwk.com/entry/2012/05/22/162343?utm_source=mailmagazine&utm_medium=cm&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_12

┃電子タイムカード Clockperiod
┃始業や終業、時間外勤務や休日勤務の出勤時間を自動的に集計。
┃できれば勤怠集計の作業は随分とラクになるはず。Clockperiodは、
┃出退勤の時刻をタイムカード無しで記録できます。タイムカードや出勤簿で
┃勤務時間を管理している企業にオススメです。
https://www.clockperiod.com/Features?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_13


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*
┃Copyright(c) 社会保険労務士 山口正博事務所 All rights reserved

┃新規配信のご登録はこちらから
┃(このメールを転送するだけでこのメルマガを紹介できます)
http://www.growthwk.com/entry/2008/05/26/125405?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_15

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所