2009/1/8【操業短縮よりもワークシェアリング】


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■┃  本では読めない労務管理の「ミソ」
□□┃  山口社会保険労務士事務所
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━ (2009/1/8号 no.53)━


こんにちは。山口社会保険労務士事務所の山口正博です。


このレポートは、定期的に、コラム形式で、
労務管理に役立つ内容を配信するレポートです。

興味本位で読むのもよし。
就業規則を作る前に読むのもよし。
つまみ食い感覚(?)で読むのもよし、です。

どうぞ、ご自由にご活用下さい。


===========================
今日のTOPIC
1: 操業短縮よりもワークシェアリング
>>>ワークシェアリングは一部休業にならない

2: 編集後記

===========================





■■  操業短縮よりもワークシェアリング
■■  ワークシェアリングは一部休業にならない
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



■勤務していなくても手当。


今の時期だと、会社によっては、仕事が減って、会社の
操業時間を短くする、もしくは休日を数日増やすという
時もあるかもしれません。



その際、一時帰休や一時的に自宅待機をしてもらっている
場合には、休業手当(労働基準法26条)を支給する必要
が出てきますよね。


一日丸々休む時はもちろん、勤務する時間を短縮する場合
でも休業手当が必要と判断されているようです。

(休業の定義として、「1日全部休んだ時だけ休業」なのか、
「時間短縮で短縮した時間分も休業」と考えるのか、解釈が
分かれます。私は前者の立場なのですが)



しかし、会社としては、働いていないのに社員さんにお金を
払うことになりますし、働かずにお金を受け取るのは社員さん
にとっても気が引けます(有給休暇は別です)。


何とか両者のバランスをとりたいところです。





■操業短縮の際には休業補償を考えないといけないかも。


「ノーワーク・ノーペイの原則」を考慮すれば、8時間を
6時間に短縮したら、給与は6時間分となります。


ならば、勤務時間を短縮したならば、短縮した部分は
カットできそうです。


しかし、ノーワーク・ノーペイの原則というのは、社員さん
の都合で休んだ場合だけ使える原則なんですね。


つまり、病気で休んだ場合、怪我で早退した場合、など
社員さん側の理由で休みになった際には上記の原則通り
に対応するということ。



しかし、会社の都合で社員さんの勤務時間や勤務日数が
減ったとしても、ノーワーク・ノーペイの原則を使うこと
はできないんです。

残念なことですが、、、。



確かに、会社としては「勤務していない=給与も不要」と
考えるのが通常です。


社員さんの都合で休んだ場合は、「勤務していない=給与
も不要」と考えて良いのですが、会社の場合はこの理屈が
主張できないのです。



労働基準法では、雇用主に被雇用者の生活を保障すること
を要求しているのです。

会社にとっては責任が重いですね。

この負担の重さが、雇用数が増えにくい理由の1つでもあります。







■ワークシェアリングは通常勤務と同じ。


ワークシェアリングとは、

【1人当たりの勤務時間を減らして、総量の決まった仕事
を多くの人で分かち合い、現在の雇用数を維持する】という
仕組みです。



ただ、1人でできることを、わざわざ2人や3人で行うわけ
ですから、私はワークシェアリングには「原則として」反対です。

「仕事量=報酬額」ですから、仕事量が減るのは困りますね。


ただ、例外的には使えると考えています(小規模企業での、
新旧社員間の引き継ぎの時など)。



そこで、操業短縮すべき状況の会社にとっては、ワークシェア
リングは使える仕組みではないかと思います。


1人当たりの勤務時間を減らすだけだと、減った勤務時間に
対して休業補償が必要になります(短縮した時間は休業した
とみなされるみたいです。この仕組みについては、私は
あまり納得していませんが)。


そのため、操業短縮の効果がやや低減してしまいますよね。



しかしながら、ワークシェアリングならば、休業補償は
必要にならない(それでも休業補償が必要だと考える人も
いそうですが)ようですので、操業短縮の効果を低減させる
ことなく事業を行えるのではないでしょうか。


時間短縮という対応だと、働く仕組みはそのままで、勤務
時間だけを短くするというものになります。


一方、ワークシェアリングだと、働く仕組みそのものを
変えますので、勤務時間の短縮と同視することはできない
と考えています。



ゆえに、ワークシェアリングならば、休業補償による
キャッシュアウトを抑えながら、今現在の社員数を維持して、
事業を継続することができるのではないでしょうか。








 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


>>編集後記



残業した方が「得」という感覚を持つ人というのが、たまに
いらっしゃいます。


給与額が多くなるというのが理由のようですが、時間は失っても
良いということでしょうか。


残業した方が「得」と言う人の価値観が私には分からない
のですが、、、。

「随分と歪んだ価値観だなぁ」と私は感じるのですが、
どうでしょう。




「残業する=得」という価値観は、長時間残業の原因の1つ
ではないでしょうか。

この価値観を変えるのも、残業を減少させるためには有効
ではないかと思いました。



まあ、人によっては、「時間よりもお金が大事」という
価値観もあるのかもしれませんね。


メルマガ以外にも、たくさんのコンテンツをウェブサイトに掲載しております。

労務管理のヒント

http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_2

ニュース

http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_3


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ┃本では読めない労務管理の"ミソ"山口社会保険労務士事務所 発行
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃メルマガの配信先アドレスの変更は
http://www.growthwk.com/entry/2008/11/28/122853?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_4

┃メルマガのバックナンバーはこちら
http://www.growthwk.com/entry/2008/07/07/132329?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_5

┃メルマガの配信停止はこちらから
http://www.growthwk.com/entry/2008/06/18/104816?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_6


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*

┃労務管理のヒント
http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_7
┃仕事の現場で起こり得る労務の疑問を題材にしたコラムです。

┃ニュース
http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_8
┃時事ニュースから労務管理に関連するテーマをピックアップし、解説やコメントをしています。

┃メニューがないお店。就業規則が無い会社。
http://www.growthwk.com/entry/2007/11/01/161540?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_9

┃山口社会保険労務士事務所 
http://www.growthwk.com?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_10

┃ブログ
http://blog.ymsro.com/?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_11

┃『残業管理のアメと罠』
┃毎日8時間の時間制限だと柔軟に勤務時間を配分できないので、
┃月曜日は6時間の勤務にする代わりに、土曜日を10時間勤務にして、
┃平均して8時間勤務というわけにはいかない。
┃しかし、仕事に合わせて、ある日は勤務時間を短く、
┃ある日は勤務時間を長くできれば、便利ですよね。
┃それを実現するにはどうしたらいいかについて書いています。
http://www.growthwk.com/entry/2012/05/22/162343?utm_source=mailmagazine&utm_medium=cm&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_12

┃電子タイムカード Clockperiod
┃始業や終業、時間外勤務や休日勤務の出勤時間を自動的に集計。
┃できれば勤怠集計の作業は随分とラクになるはず。Clockperiodは、
┃出退勤の時刻をタイムカード無しで記録できます。タイムカードや出勤簿で
┃勤務時間を管理している企業にオススメです。
https://www.clockperiod.com/Features?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_13


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*
┃Copyright(c) 社会保険労務士 山口正博事務所 All rights reserved

┃新規配信のご登録はこちらから
┃(このメールを転送するだけでこのメルマガを紹介できます)
http://www.growthwk.com/entry/2008/05/26/125405?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_15

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所