2008/12/19【退職後の懲戒はできるのか】

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■┃  本では読めない労務管理の「ミソ」
□□┃  山口社会保険労務士事務所
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━ (2008/12/19号 no.47)━


こんにちは。山口社会保険労務士事務所の山口正博です。


このレポートは、定期的に、コラム形式で、
労務管理に役立つ内容を配信するレポートです。

興味本位で読むのもよし。
就業規則を作る前に読むのもよし。
つまみ食い感覚(?)で読むのもよし、です。

どうぞ、ご自由にご活用下さい。


===========================
今日のTOPIC
1: 退職後の懲戒はできるのか
>>>もう社員じゃないけれど、、、

2: 編集後記

===========================





■■  退職後の懲戒はできるのか
■■  もう社員じゃないけれど、、、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



■社員じゃない人に懲戒。


退職金を既に受け取った後に懲戒事由が発覚した場合、
会社はどのように対応したら良いのかが今回のテーマです。



在職中でしたら、「懲戒解雇の場合は退職金を支給しない」と
決められている(退職金規定や就業規則などで決めています)
ことが多いですが、退職後までルールを決めている会社は
少ないですね。


確かに、退職したら、社員ではなくなりますから、会社が
介入することもできないと考えれます(守秘義務違反は
別ですが)。



しかし、退職後に懲戒解雇すべき理由が分かったとしたら、
どのように対応するのでしょう。


もはや社員ではない人に対して、
会社は「受け取った退職金を返してください」と言える
のでしょうか。

(もちろん、損害が発生しているような場合には、別途で
損害賠償請求はできます。これは今回の問題とは別で対応します)



一旦、支払ったお金を取り戻すのは難しいものです。

お店でも、返品・交換は良いが、返金は断ることがありますよね。


ましてや、もう退職金を使ってしまったような状況ならば、
更に難しいでしょう。





■会社にも責任あり。


退職して暫く経ってから懲戒事由が分かったとすると、
会社はその段階まで不正を把握できなかったということ
ですよね。


もちろん、不正をした本人が一番悪いのは確かなのですが、
会社には管理や監督の責任がありますから、その責任の
範囲で負担をすべきという考えです。


いわゆる「コンプライアンス体制に不備があった」のですから、
会社も非難されるのですね(たまに、行き過ぎな感じ
もしますが)。


ならば、「その会社の責任」と「退職した社員の責任」をある
程度相殺する必要があるでしょう。


となると、直ちに、退職金の全額返還を求めるというわけ
にはいかなくなります。





■退職した後についても決めておく。



一般に、在職している社員向けに会社のルール(就業規則など)
は作られているものです。

ゆえに、退職後まで考えているルールは少ない。



確かに、退職後に懲戒などという場面は滅多にないこと
(頻繁にあったら困ります、、、)ですから、それを想定
してルールを作る必要性は殆んど無いでしょう。



しかし、実際に起こったときには困ったりするものですから、
最低限度でも良いので、退職後の対応について決めておくと
安心かもしれません。



具体的には、

「退職後、6ヶ月以内に懲戒解雇事由が発覚した場合には、
退職金の一部もしくは全額の返還を求める場合があります」

と決めておくのも1つの方法です。



6ヶ月のように期間を区切るのは、「いつまでも追いかける
ことができる」とするのは時効制度との兼ね合いからしても
不都合ですから、期間を決めています。


また、「一部」とか「場合があります」という文言にしている
のは、会社の責任を勘案する余地を残すためです。


・全額返還
・一部返還
・無返還


この3つの選択肢を用意しているのですね。



ですが、やはり、退職後に懲戒などということは、起こらない
のが最も望ましいことは言うまでもありません。


普段から、規律を保つ意識を持って経営をして欲しい
と願っております。








 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


>>編集後記



私は、見知らぬ場所に行く時には、道を尋ねることが多いです。

普段は、地図を持って出かけるのですが、たまに忘れます。


そんな時は人に道を尋ねるのですが、
以外にも(?)、皆さん親切に教えてくれるんですね。


今まで、「今、忙しいから」などと断られることはありません
でした。

家から地図を出してきて、教えてくれた方もいらっしゃいました。


あの善意にどれだけ助けられたか、、、。

感謝しています。



しかし、まず、私の方向音痴を修正すべきかもしれません(笑)。

メルマガ以外にも、たくさんのコンテンツをウェブサイトに掲載しております。

労務管理のヒント

http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_2

ニュース

http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_3


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ┃本では読めない労務管理の"ミソ"山口社会保険労務士事務所 発行
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃メルマガの配信先アドレスの変更は
http://www.growthwk.com/entry/2008/11/28/122853?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_4

┃メルマガのバックナンバーはこちら
http://www.growthwk.com/entry/2008/07/07/132329?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_5

┃メルマガの配信停止はこちらから
http://www.growthwk.com/entry/2008/06/18/104816?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_6


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*

┃労務管理のヒント
http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_7
┃仕事の現場で起こり得る労務の疑問を題材にしたコラムです。

┃ニュース
http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_8
┃時事ニュースから労務管理に関連するテーマをピックアップし、解説やコメントをしています。

┃メニューがないお店。就業規則が無い会社。
http://www.growthwk.com/entry/2007/11/01/161540?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_9

┃山口社会保険労務士事務所 
http://www.growthwk.com?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_10

┃ブログ
http://blog.ymsro.com/?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_11

┃『残業管理のアメと罠』
┃毎日8時間の時間制限だと柔軟に勤務時間を配分できないので、
┃月曜日は6時間の勤務にする代わりに、土曜日を10時間勤務にして、
┃平均して8時間勤務というわけにはいかない。
┃しかし、仕事に合わせて、ある日は勤務時間を短く、
┃ある日は勤務時間を長くできれば、便利ですよね。
┃それを実現するにはどうしたらいいかについて書いています。
http://www.growthwk.com/entry/2012/05/22/162343?utm_source=mailmagazine&utm_medium=cm&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_12

┃電子タイムカード Clockperiod
┃始業や終業、時間外勤務や休日勤務の出勤時間を自動的に集計。
┃できれば勤怠集計の作業は随分とラクになるはず。Clockperiodは、
┃出退勤の時刻をタイムカード無しで記録できます。タイムカードや出勤簿で
┃勤務時間を管理している企業にオススメです。
https://www.clockperiod.com/Features?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_13


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*
┃Copyright(c) 社会保険労務士 山口正博事務所 All rights reserved

┃新規配信のご登録はこちらから
┃(このメールを転送するだけでこのメルマガを紹介できます)
http://www.growthwk.com/entry/2008/05/26/125405?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_15

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所