2009/3/22【振替休日のルールはしっかり決める】

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■┃  本では読めない労務管理の「ミソ」
□□┃  山口社会保険労務士事務所
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━ (2009/3/22号 no.74)━


こんにちは。山口社会保険労務士事務所の山口正博です。



このレポートは、定期的に、コラム形式で、
労務管理に役立つ内容を配信するレポートです。

興味本位で読むのもよし。
就業規則を作る前に読むのもよし。
つまみ食い感覚(?)で読むのもよし、です。

どうぞ、ご自由にご活用下さい。


===========================
今日のTOPIC
1:  振替休日のルールはしっかり決める
>>>「偽装振替」を許さない。

2: 編集後記

===========================







■■  振替休日のルールはしっかり決める
■■  「偽装振替」を許さない。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





■振替休日は曖昧な運用がされやすい。


振替休日と代休の違いは皆さん十分にご存知かと思います。

人によっては、耳にたこができるほど聞いたことがあるはずです。



ですから、振替休日と代休の違いについて得々と語る
ことはしません。





一般に、振替休日と代休との違いは微妙ですから、曖昧な
運用がされてしまいがちですよね。


振替休日と代休では、「あらかじめ休日勤務日と振替られる
休日を指定しているかどうか」の違いでしかありません。


あらかじめ指定していれば、振替。
あらかじめ指定していなければ、代休。

単純ですが微妙ですね。



しかし、「微妙だから許してよね」というわけには
いきませんね。



休日に勤務するとなると、社員さんの休みの予定が
狂いますし、休日手当が支給されるかどうかも変わります
から、曖昧な状態を放置するのは望ましくありません。


そこで、振替休日の曖昧な運用をいかにして排除するか
が今回のテーマです。







■具体的に、具体的に、数字で詰める。



振替休日のルールというと、一般的には、

「会社の判断で休日出勤するときは、他の日に休日を
振り替える場合があります」


と決められている程度ではないでしょうか。



しかし、これでは代休逃れをされる可能性がありますし、
いつまでに振替えられた休日を取得できるのかわかりません。


また、休みの前日に、いきなり振替を告知されるという
可能性もありますよね(余裕をもって振替の告知をしていない)。


そこで、少し工夫が必要です。




例えば、


「休日を振り替えるときは、振替実施日の3日前までに
振替える日時を予告します。また、振替えられた休日は、
振替実施日から2週間以内に指定します」


というように就業規則に決めてみるのも一考です
(あくまで一例です)。



前半の内容は、直前に突如として休日の振替えがなされる
のを防ぐため(休日の予定は既に決めているのに、会社から
いきなり休日出勤を頼まれるのを防止する)。


また、3日前までに振替告知をしなければ、もはや振替休日を
使うことはできず、代休のみしか使えないようにできます
(代休逃れを防止しています)。


また、後半の内容は、休日を早い段階で取得できるように
配慮したものです(休日をズルズルと後延びさせないため)。



要諦は、「代休逃れを防止する」という点と、「いつまでに
休日を取得できるのかを明示する」という点の2点です。







■これは代休なのに、、、振替になるの?


会社で働く人の中には、


「これって、、、代休だよね?、、なのに振替休日になるの?」


という疑問を抱いている社員さんもいらっしゃるのでは
ないでしょうか。



中には、「実質は代休」となるにもかかわらず、「振替休日で
処理」している会社もあるでしょう。


まさに、「偽装振替(「代休逃れ」とも言う)」というべき
でしょうか(マイブームというわけではないのですが、
「偽装」という言葉が最近は目についてしまいますね)。





ご存知でしょうが、代休になるのは法定休日に勤務した
場合だけですから、

例えば、土日休みの会社で、土曜休み日曜出勤となっても
、休日手当はありません(日曜=法定休日とは限りません
のでご注意)。

ですから、法定外休日(祝日や盆暮れ休みなど)に出勤しても、
代休や休日手当は問題になりません。



やはり、振替のルールは「具体的に」かつ「数字を使って」
キチンと決めておく方が良いですね。


少なくとも、代休と振替を混同させてしまうような状態には
避けたいところです。



ぜひ、工夫してみて下さい。











 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


>>編集後記


私の職業は「卵黄」のようなものです。


マヨネーズの原料は、「油」、「お酢」、「卵黄」の3つです
(他にも原料は含まれているのですが、ここでは主原料に限定
します)。


性質上、油とお酢だけでは混ざらないんですよね(ドレッシング
が分離しているのも同様の理由です)。

そこに卵黄を加えると、乳化作用によって、油とお酢が混ざる
んですね。



上記の仕組みを会社に置き換えてみます。


油を会社。
お酢を社員。

と仮定すると、


卵黄は社会保険労務士ではないかと思うのです(他にもたくさん
の専門家がいますから、社会保険労務士に限定はされませんが)。



そのままだと混ざらないので、付加的に材料を加えることで
渾然一体となるわけですね。


まあ、現実はそんな簡単に混ざり合わないでしょうが、たとえ
話としてご理解ください。



メルマガ以外にも、たくさんのコンテンツをウェブサイトに掲載しております。

労務管理のヒント

http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_2

ニュース

http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_3


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ┃本では読めない労務管理の"ミソ"山口社会保険労務士事務所 発行
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃メルマガの配信先アドレスの変更は
http://www.growthwk.com/entry/2008/11/28/122853?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_4

┃メルマガのバックナンバーはこちら
http://www.growthwk.com/entry/2008/07/07/132329?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_5

┃メルマガの配信停止はこちらから
http://www.growthwk.com/entry/2008/06/18/104816?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_6


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*

┃労務管理のヒント
http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_7
┃仕事の現場で起こり得る労務の疑問を題材にしたコラムです。

┃ニュース
http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_8
┃時事ニュースから労務管理に関連するテーマをピックアップし、解説やコメントをしています。

┃メニューがないお店。就業規則が無い会社。
http://www.growthwk.com/entry/2007/11/01/161540?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_9

┃山口社会保険労務士事務所 
http://www.growthwk.com?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_10

┃ブログ
http://blog.ymsro.com/?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_11

┃『残業管理のアメと罠』
┃毎日8時間の時間制限だと柔軟に勤務時間を配分できないので、
┃月曜日は6時間の勤務にする代わりに、土曜日を10時間勤務にして、
┃平均して8時間勤務というわけにはいかない。
┃しかし、仕事に合わせて、ある日は勤務時間を短く、
┃ある日は勤務時間を長くできれば、便利ですよね。
┃それを実現するにはどうしたらいいかについて書いています。
http://www.growthwk.com/entry/2012/05/22/162343?utm_source=mailmagazine&utm_medium=cm&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_12

┃電子タイムカード Clockperiod
┃始業や終業、時間外勤務や休日勤務の出勤時間を自動的に集計。
┃できれば勤怠集計の作業は随分とラクになるはず。Clockperiodは、
┃出退勤の時刻をタイムカード無しで記録できます。タイムカードや出勤簿で
┃勤務時間を管理している企業にオススメです。
https://www.clockperiod.com/Features?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_13


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*
┃Copyright(c) 社会保険労務士 山口正博事務所 All rights reserved

┃新規配信のご登録はこちらから
┃(このメールを転送するだけでこのメルマガを紹介できます)
http://www.growthwk.com/entry/2008/05/26/125405?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_15

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所