2008/12/5【休暇を取得するとマイナス評価?】


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■┃  本では読めない労務管理の「ミソ」
□□┃  山口社会保険労務士事務所
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━ (2008/12/5号 no.43)━





こんにちは。山口社会保険労務士事務所の山口正博です。


先週、土曜日に、京都の東山に行ってきました。


嵐山の方が、紅葉は多かったような気がしますが、
東山はとても京都っぽい地域でした。


祇園四条の駅から、八坂神社、知恩院などを回りましたが、
紅葉と建物のバランスが良かったです。

空気も澄んでいて、大阪とは少し違いがありますね。



このレポートは、定期的に、コラム形式で、
労務管理に役立つ内容を配信するレポートです。

興味本位で読むのもよし。
就業規則を作る前に読むのもよし。
つまみ食い感覚(?)で読むのもよし、です。

どうぞ、ご自由にご活用下さい。


===========================
今日のTOPIC
1: 休暇を取得するとマイナス評価?
あるのに使いにくい休暇

2: 編集後記

===========================





■■  休暇を取得するとマイナス評価?
■■  あるのに使いにくい休暇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






■会社側の自由が多いのが賞与。



今回のテーマは、休暇と賞与の関係です。

会社によっては、「休暇を使うと賞与が減る」ことがある
ようですが、この点について今回は採り上げます。


一般に、
給与の場合は、支払い条件や支払額が雇用条件に組み込ま
れていますので、容易に減額はできないようになっています
(増額するのは簡単ですが、、、)。


基本給、時間外手当、深夜手当、歩合手当、配車手当、などなど。


このような部分を変更することは、社員代表や組合の合意が
必要なこともあり、簡単ではありません。

法定の手当て等は、変更もできませんよね。



一方、賞与の場合は、査定期間があって、会社の業績に応じて
支払う、というアバウトな決め方をしている会社は多いです。


つまり、就業規則の中でも、計算方法も決めていないし、
査定基準も決めていないし、支払い額も決めていないということ。


いつでも増やせるし、また、いつでも減らすこともできるわけ
です。



家や車のローンを組んでいる人だと、ボーナス時払いを利用して
いる場合も多いでしょうから、困る時もありますね。


中には、月給の3か月分というように、ある程度の目安を
決めている会社もあります。

特に、規模の大きい会社だと、目安を設定することが多い
のですが、目安を決めてしまうと変更するのが難しくなるん
ですね。


ゆえに、賞与については、ルールを曖昧に決めておいて、
会社の自由になる部分を残しておくようにすることが多いのです。






■休暇を使うことは良くないこと?


営業成績や会社の業績に応じて、賞与が増減するならば
納得できるのですが、正式な休暇を利用しているだけなのに、
賞与にマイナス評価をしてくるのはどうなのでしょう。



ただ、有給休暇の場合は、労働基準法の附則136条で、
不利益扱いをしないように、としています。

しかし、この規定に違反しても罰則は無いですので、不安点は
残ります。

それでも、労働基準監督署から注意を受けることはあるかも
しれません。



一方、他の休暇の扱いについては、特に決まりが無いですので、
休暇の取得状況を賞与査定に考慮しても法的にはOKとなります。


休みでも、

・病気や怪我による休み
・育児や介護による休み
・産前産後の際の休み
・有給休暇を取得した日


このような休みの時は、労働基準法の出勤率計算では、
「出勤したものとみなされる」と解されています。

しかし、賞与への影響についてまでは決めていないんですね。



病気で休んで賞与評価がマイナスになる(ここまで厳しい会社は
ないかと思いますが)場合でも、違法とまでは言えないのが
現状です。


毎月の給与を調整するとなると、労働条件の不利益変更になる
可能性も高いですから、会社の裁量が多い賞与を調整弁に
しようという会社の思いも分かります。



業績の良い時には、賞与を増額する。
逆に、業績が良くない時には、給与を下げずに賞与を減額する。


会社も、このように柔軟な仕組みを構築したいのでしょう。



しかし、休暇を使ったから賞与を減額するとなると、「そんな
使いにくい休暇なんて作らないで下さい!」と社員さんに
言われそうです。


休暇の分を賞与減額で帳尻合わせしているのでは、とも勘繰られ
ますからね。

いわゆる、「ゼロサム(合計すると差し引きゼロ)状態」です。






■事前に決める、知らせる。その通りにやる。



やはり、休暇のルールは事前に決めておくのがベターですね。


>どんな休暇があるのか。
>休暇中は無給なのか有給なのか。
>休暇日は、出勤したものとみなすのか、それとも公休か、
欠勤か。
>その休暇は賞与査定に影響するのか否か。


就業規則に書かれていると、社員さんも事前に分かり、心理的に
準備ができます。


休暇の取得が賞与査定にマイナスになるならば、それを事前に
知らせる仕組みが必要です。


「会社が決めた休暇はきちんと使える」というようにしないと、
「使わせない休暇」のような「見せ掛け」では社員さんも
怒ってしまいますからね。






 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


>>編集後記


男前とイケメンの違いは何なのか。


男前
【おとこぶり。美男。好男子】

イケメン
【イケてるメンズ?(辞書には無かったので、、、)】


芸能人だと、
男前は、高橋英樹さん、松方弘樹さん、岩城晃一さんなど
でしょうか。


一方、イケメンだと、
木村拓哉さん、福山雅治さん、竹野内豊さんなどでしょうか。



考えると、「女性的要素の有無」で、男前とイケメンは分け
られているのではないでしょうか。


上記の男前の方々からは「女性」を感じませんからね。

メルマガ以外にも、たくさんのコンテンツをウェブサイトに掲載しております。

労務管理のヒント

http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_2

ニュース

http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_3


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ┃本では読めない労務管理の"ミソ"山口社会保険労務士事務所 発行
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃メルマガの配信先アドレスの変更は
http://www.growthwk.com/entry/2008/11/28/122853?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_4

┃メルマガのバックナンバーはこちら
http://www.growthwk.com/entry/2008/07/07/132329?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_5

┃メルマガの配信停止はこちらから
http://www.growthwk.com/entry/2008/06/18/104816?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_6


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*

┃労務管理のヒント
http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_7
┃仕事の現場で起こり得る労務の疑問を題材にしたコラムです。

┃ニュース
http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_8
┃時事ニュースから労務管理に関連するテーマをピックアップし、解説やコメントをしています。

┃メニューがないお店。就業規則が無い会社。
http://www.growthwk.com/entry/2007/11/01/161540?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_9

┃山口社会保険労務士事務所 
http://www.growthwk.com?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_10

┃ブログ
http://blog.ymsro.com/?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_11

┃『残業管理のアメと罠』
┃毎日8時間の時間制限だと柔軟に勤務時間を配分できないので、
┃月曜日は6時間の勤務にする代わりに、土曜日を10時間勤務にして、
┃平均して8時間勤務というわけにはいかない。
┃しかし、仕事に合わせて、ある日は勤務時間を短く、
┃ある日は勤務時間を長くできれば、便利ですよね。
┃それを実現するにはどうしたらいいかについて書いています。
http://www.growthwk.com/entry/2012/05/22/162343?utm_source=mailmagazine&utm_medium=cm&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_12

┃電子タイムカード Clockperiod
┃始業や終業、時間外勤務や休日勤務の出勤時間を自動的に集計。
┃できれば勤怠集計の作業は随分とラクになるはず。Clockperiodは、
┃出退勤の時刻をタイムカード無しで記録できます。タイムカードや出勤簿で
┃勤務時間を管理している企業にオススメです。
https://www.clockperiod.com/Features?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_13


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*
┃Copyright(c) 社会保険労務士 山口正博事務所 All rights reserved

┃新規配信のご登録はこちらから
┃(このメールを転送するだけでこのメルマガを紹介できます)
http://www.growthwk.com/entry/2008/05/26/125405?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_15

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所