2008/11/24【社会保険の加入は簡単、けど脱退は困難】


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■┃  本では読めない労務管理の「ミソ」
□□┃  山口社会保険労務士事務所
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━ (2008/11/24号)━




連休いかがお過ごしでしょうか。


クリスマスキャロルとは、「クリスマスを祝って歌う歌」
という意味らしいです。

また、キャロルとは、「民謡調の祝いの歌」という意味
らしいです。


マライヤ・キャリーの曲は「民謡調」ではなさそうですね(笑)。




このレポートは、定期的に、コラム形式で、
労務管理に役立つ内容を配信するレポートです。

興味本位で読むのもよし。
就業規則を作る前に読むのもよし。
つまみ食い感覚(?)で読むのもよし、です。

どうぞ、ご自由にご活用下さい。


===========================
今日のTOPIC
1: 社会保険の加入は簡単、けど脱退は困難
1度加入したら、出さない。

2: 編集後記

===========================





■■  社会保険の加入は簡単、けど脱退は困難
■■  1度加入したら、出さない。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




■入るのは簡単ですが、、、


フルタイム社員の勤務時間を160時間とすると、パートタイム
社員さんの勤務時間が120時間以上になると、社会保険に
加入することになります。


皆さんも、よくご存知の通りです。


また、パートタイム社員さんの社会保険加入に関する法改正も
今後、進むでしょう。


しかし、加入する事については、たくさん情報があるのですが、
加入した後に条件に当てはまらなくなった時にどうするかという
ことについては、情報は少ないなと感じます。


例えば、今までは、1ヶ月に140時間ほど働いていたパート
タイム社員さんが、「来月から勤務時間を短くして下さい」と
申し出てきたらどうするのか。


特に、勤務時間を短縮して、1ヶ月の勤務時間が120時間に
届かなくなったらどうするのかが疑問ですね。






■自由に出る事はできない。


ご存知のように、保険制度などの公的な制度からは自由に脱退
できないのが通例です。


労災保険、雇用保険、健康保険、国民年金、厚生年金などなど。

どの制度も、加入するのは比較的簡単ですが、脱退(資格喪失)
するのは困難です。



社会保険である健康保険や厚生年金でも、資格を喪失する際の
条件は限られています。

大雑把に挙げると、


・退職した場合
・転勤した時
・適用除外(臨時雇用や季節雇用など)になった時
・会社が倒産した時
・70歳に達した時
・死亡した場合


など、限られた条件を満たした時にだけ、資格を喪失できる
のですね。

ここには、勤務時間が減ったとか、収入が減ったとか、という
理由は列挙されていません。



会社としては、
「勤務時間が短くなって、もう加入条件に該当していないのだか
ら、資格喪失の手続きをしたい」と考えるでしょう。


一方、パートタイム社員さんとしては、
「収入も減ったから、自分で社会保険に加入せずに、家族の扶養
に戻りたい」と考えるかもしれません。


会社も社員さんも、考えは一致しているのですが、制度の仕組み
上、任意での資格喪失はできないんですね。


「勤務時間が短くなると資格喪失できる」となると、任意で勤務
時間を調整して、資格取得したり資格喪失したりできるように
なってしまいます。




■加入し続けても支障はない。


法律では、強制加入の条件は示していますが、加入条件に当て
はまらなくなったからといって、加入するなとは決めていない
のです。


考えると、保険料を支払って、その対価として保障を得るわけ
ですから、制度に損害が発生することもありません。


ですから、加入を続けても構わないということなのです。


社会保険料算定でも、第1等級(月収101,000未満)で対応
できますから、保険料の計算もできます。



労働保険や社会保険には、「国民皆保険」という方針があります
ので、制度に加入することはむしろ歓迎されるはずです。



「1度資格を取得したら、退職まで維持する」のが社会保険です。

「自由に出れない」ということをお忘れなく。






 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


>>編集後記


最近は、スーパーに行くと、クリスマスケーキと鏡餅が一緒に
売られていて、季節感が混ざりますね。


1週間で2つのイベントですから、混在するのもやむを得ない
のかと思います。


ふと思ったのですが、
ケーキの上に餅を乗せてしまえば一石二鳥ではないかと思えた
り、、、(笑)。

餅ケーキとかですね。


何とも、ナマグサな発想です。


メルマガ以外にも、たくさんのコンテンツをウェブサイトに掲載しております。

労務管理のヒント

http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_2

ニュース

http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_3


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ┃本では読めない労務管理の"ミソ"山口社会保険労務士事務所 発行
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃メルマガの配信先アドレスの変更は
http://www.growthwk.com/entry/2008/11/28/122853?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_4

┃メルマガのバックナンバーはこちら
http://www.growthwk.com/entry/2008/07/07/132329?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_5

┃メルマガの配信停止はこちらから
http://www.growthwk.com/entry/2008/06/18/104816?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_6


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*

┃労務管理のヒント
http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_7
┃仕事の現場で起こり得る労務の疑問を題材にしたコラムです。

┃ニュース
http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_8
┃時事ニュースから労務管理に関連するテーマをピックアップし、解説やコメントをしています。

┃メニューがないお店。就業規則が無い会社。
http://www.growthwk.com/entry/2007/11/01/161540?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_9

┃山口社会保険労務士事務所 
http://www.growthwk.com?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_10

┃ブログ
http://blog.ymsro.com/?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_11

┃『残業管理のアメと罠』
┃毎日8時間の時間制限だと柔軟に勤務時間を配分できないので、
┃月曜日は6時間の勤務にする代わりに、土曜日を10時間勤務にして、
┃平均して8時間勤務というわけにはいかない。
┃しかし、仕事に合わせて、ある日は勤務時間を短く、
┃ある日は勤務時間を長くできれば、便利ですよね。
┃それを実現するにはどうしたらいいかについて書いています。
http://www.growthwk.com/entry/2012/05/22/162343?utm_source=mailmagazine&utm_medium=cm&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_12

┃電子タイムカード Clockperiod
┃始業や終業、時間外勤務や休日勤務の出勤時間を自動的に集計。
┃できれば勤怠集計の作業は随分とラクになるはず。Clockperiodは、
┃出退勤の時刻をタイムカード無しで記録できます。タイムカードや出勤簿で
┃勤務時間を管理している企業にオススメです。
https://www.clockperiod.com/Features?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_13


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*
┃Copyright(c) 社会保険労務士 山口正博事務所 All rights reserved

┃新規配信のご登録はこちらから
┃(このメールを転送するだけでこのメルマガを紹介できます)
http://www.growthwk.com/entry/2008/05/26/125405?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_15

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所