2008/11/14【年功序列・終身雇用は今でも有効】



┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■┃  本では読めない労務管理の「ミソ」
□□┃  山口社会保険労務士事務所
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━ (2008/11/14号)━




こんにちは。山口社会保険労務士事務所の山口正博です。


いつもお読みいただき、ありがとうございます。




このレポートは、定期的に、コラム形式で、
労務管理に役立つ内容を配信するレポートです。

興味本位で読むのもよし。
就業規則を作る前に読むのもよし。
つまみ食い感覚(?)で読むのもよし、です。

どうぞ、ご自由にご活用下さい。


===========================
今日のTOPIC
1: 年功序列・終身雇用は今でも有効
>>定昇の安定感は魅力。

2: 編集後記

===========================





■  定期昇給の凍結
■■ しかし、定昇の安定感は魅力。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



■人を遠ざけない。


今では、定期昇給という言葉は死語となりつつありますね。

「毎年一定の時期に昇給する制度」というのが定期昇給の
仕組みです。


働く側としては、「あぁ、今年もまた昇給だ」と予測できる
ために、安心感を得られる仕組みとなっている(なっていた?)
んですね。


以前は「成果制度」について書きましたが、今回は「年功序列・
終身雇用」について書きます。



昔(10年ぐらい前でしょうか)だと、昇給は約束されたもの
という認識でしたので、


定期昇給が凍結されると、社員としては、
「昇給は約束されていたものではないのか?」という思いが
ありますね。

会社としては、昇給は義務ではありませんし、「状況に応じ
変化するものだ」と答えるでしょう。


大きな企業だと人の流入量も多いですから、成果制度を採用
しても機能します。


一方で、人材募集したとしても、集まる絶対数が少ないのが
中小企業の実情です。

そんな状況で成果制度を採用してしまうと、人を募集している
にもかかわららず人を遠ざけることもあるでしょう。





■山型給与カーブ。


年功序列、終身雇用の仕組みを構築するならば、
山型の給与カーブにするのが良いのかと考えます。


通常だと、年功序列、終身雇用の仕組み上、右肩上がりで
給与カーブは上昇します。

20代が底辺で、40代頃に急上昇し、50歳中頃がピークに
なるものです。


しかし、会社で最も寄与度が高い世代は、30代後半~40代後半
ではないでしょうか。

とすると、30代後半~40代後半に、給与カーブのピークを
持ってくるのも一つの方法です。

この仕組みだと、30代後半~40代後半がボリュームゾーン
になりますので、山型の給与カーブが描けるはずです。

従来の年功序列、終身雇用の仕組みからすると、少し変形的
ですね。





■チョコチョコでも昇給すると効果的。


なぜ、大企業(銀行やテレビ局、航空会社など)がいつも就職先
ランキングのトップになっているのかと考えると、大きな会社が
与える「安定感」、「安心感」という点は、働く人にとっては
これ以上無い魅力なのでしょう。


ドカンと上がって、ガクンと下がる仕組みも悪いわけではない
のですが、人の好き嫌いや価値観によってうまく機能するかどうか
が分かれます。


給与については、「上がるのは良いが、下がるのは受け入れ
られない」のが人の心情です。


とすると、小出しであっても、ジリジリと昇給していく仕組みは、
働く人の安心感を醸成するには効果があるのではないかと思え
ますね。


今では、人が会社を選ぶ時には、「不安感」が一番のウィーク
ポイントになるのかもしれません。

中小企業が働く人に「不安感」を与えるのは、御法度なのでは
ないでしょうか。


ちなみに、私は、成果制度であれ、年功序列・終身雇用であれ、
一長一短だなと考えています。

どちらが正しい答えかは、分かりません。


ただ、応募者が少ない中小企業は、どうしても人を育てるプロセス
が不可欠ですから、年功序列・終身雇用の仕組みの方がうまく機能
するでしょうね。

定期昇給も、中小企業には有効かと思います。


2001~2004年のデフレ時には、年功序列・

終身雇用に対して
批判的な世論が形成されましたが、今でも「良い意味で」年功序
列・終身雇用の時代はまだ続いていると思います。






 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
>>編集後記


砂糖を作っている会社というのは、意外と少ないですよね。

ブランドだと、「スプーン印」の砂糖が有名です。
これは三井製糖という会社が作っている製品です。



砂糖は生活必需品ですし、競合となる会社も比較的少ないのが
製糖会社の特徴です。


とすると、他業種に比べて、製糖会社は不況に強いのではないか
と思えますね。

砂糖は、消費者の認知も十分ですし、テレビCMでPRすることも
ありません。

スーパーでは、卵、牛乳と並び、三白と言われる品群ですよね。


砂糖が無ければ作れない料理も多い(蜂蜜で代用できる場面も
あります)ですから、電気やガス、石油や鉄道といったインフラ
業のような堅実さを感じます。

学生には人気がある業界なんでしょうか?

製糖会社に就職した友人などはいないのですが、知りたいところ
です。


砂糖を作る事業については、今まで考えつかなかったところで、
まさに新発見です。


「灯台下暗し」とはこのこと。

メルマガ以外にも、たくさんのコンテンツをウェブサイトに掲載しております。

労務管理のヒント

http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_2

ニュース

http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_3


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ┃本では読めない労務管理の"ミソ"山口社会保険労務士事務所 発行
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃メルマガの配信先アドレスの変更は
http://www.growthwk.com/entry/2008/11/28/122853?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_4

┃メルマガのバックナンバーはこちら
http://www.growthwk.com/entry/2008/07/07/132329?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_5

┃メルマガの配信停止はこちらから
http://www.growthwk.com/entry/2008/06/18/104816?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_6


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*

┃労務管理のヒント
http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_7
┃仕事の現場で起こり得る労務の疑問を題材にしたコラムです。

┃ニュース
http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_8
┃時事ニュースから労務管理に関連するテーマをピックアップし、解説やコメントをしています。

┃メニューがないお店。就業規則が無い会社。
http://www.growthwk.com/entry/2007/11/01/161540?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_9

┃山口社会保険労務士事務所 
http://www.growthwk.com?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_10

┃ブログ
http://blog.ymsro.com/?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_11

┃『残業管理のアメと罠』
┃毎日8時間の時間制限だと柔軟に勤務時間を配分できないので、
┃月曜日は6時間の勤務にする代わりに、土曜日を10時間勤務にして、
┃平均して8時間勤務というわけにはいかない。
┃しかし、仕事に合わせて、ある日は勤務時間を短く、
┃ある日は勤務時間を長くできれば、便利ですよね。
┃それを実現するにはどうしたらいいかについて書いています。
http://www.growthwk.com/entry/2012/05/22/162343?utm_source=mailmagazine&utm_medium=cm&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_12

┃電子タイムカード Clockperiod
┃始業や終業、時間外勤務や休日勤務の出勤時間を自動的に集計。
┃できれば勤怠集計の作業は随分とラクになるはず。Clockperiodは、
┃出退勤の時刻をタイムカード無しで記録できます。タイムカードや出勤簿で
┃勤務時間を管理している企業にオススメです。
https://www.clockperiod.com/Features?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_13


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*
┃Copyright(c) 社会保険労務士 山口正博事務所 All rights reserved

┃新規配信のご登録はこちらから
┃(このメールを転送するだけでこのメルマガを紹介できます)
http://www.growthwk.com/entry/2008/05/26/125405?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_15

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所