2008/10/30【ワークとワイフはバランスしない】


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■┃  本では読めない労務管理の「ミソ」
□□┃  山口社会保険労務士事務所
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━ (2008/10/30号)━




こんにちは。山口社会保険労務士事務所の山口正博です。


今日も、お仕事お疲れ様です。




このレポートは、定期的に、コラム形式で、
労務管理に役立つ内容を配信するレポートです。

興味本位で読むのもよし。
就業規則を作る前に読むのもよし。
つまみ食い感覚(?)で読むのもよし、です。

どうぞ、ご自由にご活用下さい。


===========================
今日のTOPIC
1: ワークとワイフはバランスしない
>>サービス業にタイムカードは必要なのか。

2: 編集後記

===========================





■  ワークとワイフはバランスしない
■■ サービス業にタイムカードは必要なのか。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




■時間で価値が決まるわけではない。


サービス業でも特に外食業だと、時間単位で仕事の成果を測
りやすいですね。

こと外食業界には、「人時生産性」という概念があるぐらい
ですから、時間と成果が密接にリンクしています。

モジュール化しやすい仕事は時間で評価することが容易
ということ。

これらの業界ならば、タイムカードの仕組みも有効に
機能します。




しかしながら、仕事は、本来、
「時間で価値が決まる」のではなく、「結果で価値は決まる」。

これは事実でしょう。


金メダルを取るのに、アスリートの練習内容を評価に加える
ことはありません。

あくまで、試合当日の結果で、金メダルを貰えるかどうか
が決まる。

女子マラソンでも、選考レースで結果が出ないと、オリンピック
には出場できませんよね。

いくら、練習を頑張っても、ひたむきな姿勢をアピールしても、
結果で評価される。

スポーツの基準と仕事の基準は異なる、ということは確かです
が、結果を抜きに評価することは、やはりできません。


10時間練習したから、30位。
30時間練習したから、20位。
200時間練習したから、銀メダル。
600時間練習したから、金メダル。

現実は、こんな仕組みではないですよね。




■成果主義には環境が必要です。


「成果主義が失敗している」
これは事実です。

なぜ失敗するのかというと、使い方が適切ではないのでは、
と思います。


事務職に成果主義とか、清掃のおばちゃんに成果主義とか、
マンションのメンテナンス業務の人に成果主義とか。

自分では成果を獲得できない、もしくは、獲得できる環境が
無いにもかかわらず、成果主義で評価をされる。

これでは、失敗しますよね。


犬をケージの中に入れて、「さあ、自由に走り回りなさい!」
と言っているようなものです。

グルグル回るのが精一杯で、走り回るなんてとてもできません。


つまり、固定給で働くのが妥当な職業に成果制度を持ち込んでは
いけないということ。

成果で評価するには、「成果を獲得できる環境」が用意されて
いるというのが前提です。

経理で成果主義といったところで、作業を早めることぐらい
しかできませんからね。


環境を整備することなく、成果で評価すると、どうしても失敗
してしまいます。




■サービス業は時間で評価しにくい。


ホワイトカラーエグゼンプションは立ち消えになりましたが、
それに近い仕組みはすでに存在します。

専門業務・企画業務裁量労働制という仕組みです。

さすがに、時間外手当を払わないとまでは決めていませんが、、、



余談ですが、労働基準法では、裁量労働を認めながらも、
「時間外は別途計算の上、払いなさい」、としています。

何のための裁量なのか、私には疑問です。

時間と仕事の管理を、働き手に任せるのが裁量労働のはずです
が、時間は会社が管理するかのような制度になっているんです。

労働基準法の内部矛盾だと、私は考えています。



話を戻します。

製造業と違い、サービス業の本来的な働き方は、時間拘束から
自由になり、働く人の裁量で仕事をするというものです。

自由度の高い働き方を「残業代不払い制度」と思い込んで、
考えを巡らすと、どうしてもネガティブな判断をしがちなもの。

「時間とのリンクを切る」のがサービス業の働き方だと私は
思います。



外食業などの時間管理が容易な仕事を除き、
「サービス業はタイムカード無し」というのが最終的な形態に
なるでしょう。

成果を評価のメインにするならば、タイムカードは不要です。



最近では、「ワーク・ライフ・バランス」が流行語に
なっていますね。

これは、仕事と休みを明確に分けていこうというのが趣旨です


しかし、これからは、、「どこからが仕事で、どこからが休み
か」、というのは、どんどんファジーになっていくと思います。

仕事と休みを分けない生活が出来上がると私は考えています。


以前のような、農業や工業に代表される製造業だと、仕事と休み
の境界線は実にハッキリとしていました。

今現在でも、製造業に携わっている方々は、サービス業に比べて、
仕事と休みがハッキリと分かれているはずです。

時間で給与が決まるという傾向が強いのも、製造関連の仕事の
特徴です。


ところが、今では、全産業に占めるサービス業の割合が
増えましたので、時間を基準に評価をするのではなく、成果で
評価するという試みを採用しているのですね。

成果主義には、多々の批判があることは承知していますが、
サービス業にとって、成果評価は避けられないでしょう。


1日かけて、外回り営業に出て、1件も成約できなかった。
では、この仕事をどう評価しようか、というのが悩みです。

企業としては、「無い袖は振れない」ですし、社員としては、
「成約できなくとも仕事です」、と言いたいところ。

こうなると、「時間」だけで評価するのは無理です。



残業代不払いについては別途考えるべきですが、
仕事と休みが混在するのが理想かと私は思います。


仕事が趣味になり、趣味が仕事になっていく。

「仕事=嫌なもの」と考えると、分けようという考えが
強くなりますが、仕事も生活の一部ですからね。


サービス業(一部を除く)に限れば、
時間を軸にした給与体系は崩れていくでしょう。







 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


>>編集後記



最近は特に、「値上げ、値上げ」と言われていますが、
それでもお店の品物は安いのではと思います。


人によって違いがあるとは思いますが、
適正価格を考えると、もっと高くても良いのではと思える
場面も多いです。

カップラーメンも、1つで88円よりも140円ぐらいが
適正ではと思えます。

バターも、今ぐらいで妥当な価格ではと感じますし。



皆で安売りしてしまうと、経済がしぼんでいく感じがするん
ですね。

品物が安い⇒給与が安い⇒会社の投資余力も少ない⇒より安い
ものを作る⇒品物が安い⇒・・・


安いのは確かに嬉しいのですが、所得に関係なく、
何となく「貧しさ」を感じてしまうのは、気持ち悪い感覚です。

人の家に食事に行って、レトルト食品でおもてなしをされている
ような感覚でしょうか。

メルマガ以外にも、たくさんのコンテンツをウェブサイトに掲載しております。

労務管理のヒント

http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_2

ニュース

http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_3


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ┃本では読めない労務管理の"ミソ"山口社会保険労務士事務所 発行
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃メルマガの配信先アドレスの変更は
http://www.growthwk.com/entry/2008/11/28/122853?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_4

┃メルマガのバックナンバーはこちら
http://www.growthwk.com/entry/2008/07/07/132329?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_5

┃メルマガの配信停止はこちらから
http://www.growthwk.com/entry/2008/06/18/104816?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_6


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*

┃労務管理のヒント
http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_7
┃仕事の現場で起こり得る労務の疑問を題材にしたコラムです。

┃ニュース
http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_8
┃時事ニュースから労務管理に関連するテーマをピックアップし、解説やコメントをしています。

┃メニューがないお店。就業規則が無い会社。
http://www.growthwk.com/entry/2007/11/01/161540?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_9

┃山口社会保険労務士事務所 
http://www.growthwk.com?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_10

┃ブログ
http://blog.ymsro.com/?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_11

┃『残業管理のアメと罠』
┃毎日8時間の時間制限だと柔軟に勤務時間を配分できないので、
┃月曜日は6時間の勤務にする代わりに、土曜日を10時間勤務にして、
┃平均して8時間勤務というわけにはいかない。
┃しかし、仕事に合わせて、ある日は勤務時間を短く、
┃ある日は勤務時間を長くできれば、便利ですよね。
┃それを実現するにはどうしたらいいかについて書いています。
http://www.growthwk.com/entry/2012/05/22/162343?utm_source=mailmagazine&utm_medium=cm&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_12

┃電子タイムカード Clockperiod
┃始業や終業、時間外勤務や休日勤務の出勤時間を自動的に集計。
┃できれば勤怠集計の作業は随分とラクになるはず。Clockperiodは、
┃出退勤の時刻をタイムカード無しで記録できます。タイムカードや出勤簿で
┃勤務時間を管理している企業にオススメです。
https://www.clockperiod.com/Features?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_13


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*
┃Copyright(c) 社会保険労務士 山口正博事務所 All rights reserved

┃新規配信のご登録はこちらから
┃(このメールを転送するだけでこのメルマガを紹介できます)
http://www.growthwk.com/entry/2008/05/26/125405?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_15

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所