2008/10/23【「更新しない」と言うのは横暴ですか?】

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■┃  本では読めない労務管理の「ミソ」
□□┃  山口社会保険労務士事務所
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━ (2008/10/23号)━





こんにちは。山口社会保険労務士事務所の山口正博です。

今日も、お仕事お疲れ様です。


台風が来ませんね。
水不足にはならないのか、心配です。

今シーズン、大阪には、まだ台風が来ていません。
この間の台風は、和歌山に逃げました(笑)。



このレポートは、定期的に、コラム形式で、
労務管理に役立つ内容を配信するレポートです。

興味本位で読むのもよし。
就業規則を作る前に読むのもよし。
つまみ食い感覚(?)で読むのもよし、です。

どうぞ、ご自由にご活用下さい。


===========================
今日のTOPIC
1: 「更新しない」と言うのは横暴ですか?
雇い止めが解雇権の濫用になるのか。

2: 編集後記

===========================





■  「更新しない」と言うのは横暴ですか?
■■ 雇い止めが解雇権の濫用になるのか。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



■雇い止めは違法である、とは言いいきれない。


今回は、いわゆる「雇い止め」の話です。


何度も有期の雇用契約を更新してきたのに、突如として、
契約更新しないと言われる。

これが雇い止めです。


会社としては、期限が来たのだから契約を終了としたい
ところです。

一方、社員さんとしては、今までトントンと更新したのに
なぜいきなり更新拒否されるのかと考えるでしょう。


契約の更新を拒否すると、場合によっては、会社は解雇権の
濫用と言われてしまうこともあります。

「期限があるのだから、時期が来たら終了しても良いだろう」
と会社は思いますよね。

さらに、「更新しないことの何が不当なんだ」と。


確かに、会社の言い分はごく真っ当ですから、思うところは
分かります。

しかし、社員さんの側も、「いつも通りに、また契約更新して
くれるんだろう」と思い込んでいることは確かですよね。


会社、社員、両者の言い分はどちらも正しいです。

この雇い止めの問題は、判例でも結論が分かれていますので、
白黒を付けるのが少し難しいんですね。

言い換えると、客観的に正しい結論は無いということです。




■勝ちやすいのは、会社です。


有期雇用の更新拒否をしても、解雇権の濫用と判断される
ことは、判例では少ないです。

過去の判例などを読んでいただくと分かるかと思いますが、
雇い止めで裁判になっても、最終的に会社が勝っている事例
が多いんです。


会社側が勝つ最大の理由は、
「契約更新が何度もされているからといって、期間制限の無い
通常の雇用契約になったとは判断できない」とされるようです。

何回も更新しているからといって、それは理由にならないですよ、
ということです。

社員さんにとっては、納得できないですよね。




■社員は更新を期待している。


何度も契約更新されていると、「あぁ、また更新できるんだろう」
と思うのが普通です。

私だって同じ立場なら、そう思います。


となると、更新はしているけど、通常の雇用契約と一緒じゃないか
と考えてしまうんですよね。

つまり、「有期雇用契約が期間の定めの無い雇用契約に転換した」
と思ってしまうということです。

判例は否定してきますが。



問題が起こりやすい会社の条件は、

・更新手続きが形式的(事務的に書いてもらうような状況)。
・契約書に名前とハンコを押すだけ(他の欄は会社が埋めている)


・更新条件を示さない(~の場合は、更新しないというような
基準が無い)。
・他の有期雇用契約社員も、同じように事務的に更新していた。


このようにズルズルと更新を続けている場合が多いのではと
思います。

私も6ヶ月ごとに更新する働き方をしていた時がありますが、
上のように形式的なものでした。

幸い、雇い止めはされませんでしたが。



惰性的に契約更新している会社だと、「雇い止め」問題が
起こりやすいのでしょうね。

社員さんも油断していますから、突然の更新拒否にはショック
を受けます。


しかし、裁判になっても、必ずしも会社が勝つというわけでは
ありません。

「契約更新が形骸化していた」という点について、徹底的に
立証すれば、社員さんが裁判で勝つことも可能です。




■どちらも正しい。


雇い止めに関しては、会社にも社員にも言い分があります。
また、法律でもハッキリと判断できていない。


私の結論では、
「2回以上更新している、もしくは、2回以上更新する予定が
あるならば、解雇予告もしくは解雇手当を準備しておくべき」
ということです。

つまり、通常の雇用と同じように扱うということ。
1ヶ月前の予告でしたら、可能ではないかと思います。


ところが、超短期の更新(1ヶ月など)の場合は、予告も
困難ですよね。

この場合は、どこまで更新するのかを予告しておくと良いかと
思います。

突然に更新拒否されるのが困るポイントですから、予め期限
を伝えておく配慮をしておけば、社員さんも理解してくれます。



やってはいけないのは、【ズルズルと更新すること】です。
会社にとって都合の良い労務管理は、大体、失敗することが
多いです。






 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
>>編集後記


「セカンドバックを持っているオジサンはダサい」
いつも感じることです。


なぜ、オジサンはセカンドバックを持つのか。
(全てのオジサンではありませんが)

ポケットに財布や携帯電話を入れるのが難しいというのが
理由なのかもしれませんが、ほかのバックを使うということを
検討しないのでしょうか。

皮製のブリーフケースでも良いですし、ナイロン製の
ビジネスバックでもいいと思います。


「大きいかばんは持ち歩けないよ」と言われそうですが、
セカンドバックのダサさに比べたら、マシではないかと
思えます。


セカンドバックは、松方弘樹が持てばカッコイイ。凄く
似合います。

しかし、そこいらのオジサンが持っても、全然似合わない。
服装はそれなりなのに、そのバックを持つだけで一気に
オシャレ度がダウンする。


今や、セカンドバックを装備できるのは、松方弘樹だけです。

メルマガ以外にも、たくさんのコンテンツをウェブサイトに掲載しております。

労務管理のヒント

http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_2

ニュース

http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_3


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ┃本では読めない労務管理の"ミソ"山口社会保険労務士事務所 発行
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃メルマガの配信先アドレスの変更は
http://www.growthwk.com/entry/2008/11/28/122853?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_4

┃メルマガのバックナンバーはこちら
http://www.growthwk.com/entry/2008/07/07/132329?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_5

┃メルマガの配信停止はこちらから
http://www.growthwk.com/entry/2008/06/18/104816?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_6


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*

┃労務管理のヒント
http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_7
┃仕事の現場で起こり得る労務の疑問を題材にしたコラムです。

┃ニュース
http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_8
┃時事ニュースから労務管理に関連するテーマをピックアップし、解説やコメントをしています。

┃メニューがないお店。就業規則が無い会社。
http://www.growthwk.com/entry/2007/11/01/161540?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_9

┃山口社会保険労務士事務所 
http://www.growthwk.com?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_10

┃ブログ
http://blog.ymsro.com/?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_11

┃『残業管理のアメと罠』
┃毎日8時間の時間制限だと柔軟に勤務時間を配分できないので、
┃月曜日は6時間の勤務にする代わりに、土曜日を10時間勤務にして、
┃平均して8時間勤務というわけにはいかない。
┃しかし、仕事に合わせて、ある日は勤務時間を短く、
┃ある日は勤務時間を長くできれば、便利ですよね。
┃それを実現するにはどうしたらいいかについて書いています。
http://www.growthwk.com/entry/2012/05/22/162343?utm_source=mailmagazine&utm_medium=cm&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_12

┃電子タイムカード Clockperiod
┃始業や終業、時間外勤務や休日勤務の出勤時間を自動的に集計。
┃できれば勤怠集計の作業は随分とラクになるはず。Clockperiodは、
┃出退勤の時刻をタイムカード無しで記録できます。タイムカードや出勤簿で
┃勤務時間を管理している企業にオススメです。
https://www.clockperiod.com/Features?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_13


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*
┃Copyright(c) 社会保険労務士 山口正博事務所 All rights reserved

┃新規配信のご登録はこちらから
┃(このメールを転送するだけでこのメルマガを紹介できます)
http://www.growthwk.com/entry/2008/05/26/125405?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_15

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所