2008/10/06【ミスを修復するための残業】


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■┃  本では読めない労務管理の「ミソ」
□□┃  山口社会保険労務士事務所
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━ (2008/10/6号)━




こんにちは。山口社会保険労務士事務所の山口正博です。


総務の森というサイトにて、コラムを書いていますが、
【3分労働ぷちコラム】(http://www.soumunomori.com/profile/uid-20903/
という題名の割には、どうも3分で読めない分量なのではないか
(笑)、とも思っています。

なるべく短く書いているつもりなのですが、
書き上げると、長くなっていることが多いですね。


「3分で読める」内容になるように目指します(笑)。




このレポートは、定期的に、コラム形式で、
労務管理に役立つ内容を配信するレポートです。

興味本位で読むのもよし。
就業規則を作る前に読むのもよし。
つまみ食い感覚(?)で読むのもよし、です。

どうぞ、ご自由にご活用下さい。


===========================
今日のTOPIC
1: ミスを修復するための残業
残業代は出るの?

2: 編集後記

===========================





■  ミスを修復するための残業
■■ 残業代は出るの?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



■ミスで仕事時間が延びた。


仕事にミスは付き物といっても良いのでしょうが、そのミスが
意外な部分まで波及することがあります。


例えば、

顧客に渡すべき書類を忘れてしまった。
しかも、気づいた時には終業時刻を過ぎている(すでに残業中)。
さらには、その書類は今日中に渡さなければいけない、
としたら、、、。

当然ながら、その書類は顧客の下へ届けるのですが、その時間
の給与はどうなるのかが今回のテーマです。


1、残業は残業。だから、会社は残業代を払う。

2、ちょっと待って!その社員さんがミスして残業が伸びたん
でしょう?ならば、その延びた部分の支払いはしないよ!

この2つのどちらかの対応になるかと思います。


現実には、「ミスを起こすと残業代を払わない会社」と「ミスを
起こしても残業代は払う会社」の両方があります。


どちらの会社にも十分な理由がありますので、一概にどちらかが
ダメとは言いにくいですよね。




■普通の感覚ならば、会社の方が妥当なことを言っている。


会社としては、
「君の責任だから、君が償うのが筋でしょう」と言いたい。

社員としては、
「確かに私の責任ですが、残業代を支払うかどうかとは関係ない
でしょう」と反論するはず。


普通の人からすれば、会社の方が真っ当なことを言っています
よね(法律を抜きにして考えると)。


また、「ミスが発生するような環境で働いていたから、今回の
問題が起こったんだ」と仰る社員さんもいるかもしれませんね。

開き直りな感もありますが、、、。

社員さんの言い分が全く不当かというと、そうでもありませんね。
時間外に働いたことは確かですから、手当ても出て然るべき
なのかもしれません。




■法律では、社員側が正しい。


法律では、時間外手当を支払うにしても、「残業の理由は
問われない」んですよね。

どんな理由であれ、法定時間外に働いていたという「事実」に
基づいて時間外手当を支払うべきとされています。


会社としては、「えぇ~!そりゃないよ!」と言いたいところ
です。

私も、会社の言い分は十分に理解しています。


ただ、社員さんのミスで、取引先や顧客に何らかの実損害が
出ているならば、その点については損害賠償を求めることが
可能です。

しかし、通常起こりうるミスで、勤務時間が延びたから
といって、損害賠償はできないでしょうね。

書類を届け忘れたとすれば、お客さんからは怒られるかも
しれませんが、何らかの実損害があるかと言えば、特に無い
でしょう(信頼や信用を失ったと考えることもできますが、
数値換算できません)。


民法にも、使用者責任(715条)というものがありますし、
「社員のミスは、会社のミス」と考えるのが社会における
理解なのかもしれません。




■争えば、会社が負ける。


ミスを修復するための残業が実際に発生した時は、
その社員さんに注意を促して、今後は同じことが起きないように
対策するのが最善です。

よって、ミスで残業が伸びたとしても、その時間外手当は
支払うべきと考えます。


「社員のミスだから払わない」という主張では、労働基準
監督署の人は納得しませんから。

法律に基づかない意見は聞いてもらえません。


会社さんの気持ちはとても良く分かりますが、
確実に負ける状況に会社を導くわけにもいきませんからね。





 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


>>編集後記



日本のサッカーは「決定力不足」と言われることが多いですね。

なかなか、点を取れないことがその由来です。


日本の決定力不足という課題は、大きなサッカー大会が開催
される度に言われているような気がします。

アジアカップやワールドカップなど、ことある毎に、「決定力
不足。決定力不足」と。

何らかの改善策は施しているのでしょうか。


いつになったら、この課題は解決されるのでしょう(笑)。
日本のサッカーの永遠の課題は、「決定力不足」になるので
しょうか。

メルマガ以外にも、たくさんのコンテンツをウェブサイトに掲載しております。

労務管理のヒント

http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_2

ニュース

http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_3


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ┃本では読めない労務管理の"ミソ"山口社会保険労務士事務所 発行
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃メルマガの配信先アドレスの変更は
http://www.growthwk.com/entry/2008/11/28/122853?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_4

┃メルマガのバックナンバーはこちら
http://www.growthwk.com/entry/2008/07/07/132329?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_5

┃メルマガの配信停止はこちらから
http://www.growthwk.com/entry/2008/06/18/104816?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_6


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*

┃労務管理のヒント
http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_7
┃仕事の現場で起こり得る労務の疑問を題材にしたコラムです。

┃ニュース
http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_8
┃時事ニュースから労務管理に関連するテーマをピックアップし、解説やコメントをしています。

┃メニューがないお店。就業規則が無い会社。
http://www.growthwk.com/entry/2007/11/01/161540?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_9

┃山口社会保険労務士事務所 
http://www.growthwk.com?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_10

┃ブログ
http://blog.ymsro.com/?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_11

┃『残業管理のアメと罠』
┃毎日8時間の時間制限だと柔軟に勤務時間を配分できないので、
┃月曜日は6時間の勤務にする代わりに、土曜日を10時間勤務にして、
┃平均して8時間勤務というわけにはいかない。
┃しかし、仕事に合わせて、ある日は勤務時間を短く、
┃ある日は勤務時間を長くできれば、便利ですよね。
┃それを実現するにはどうしたらいいかについて書いています。
http://www.growthwk.com/entry/2012/05/22/162343?utm_source=mailmagazine&utm_medium=cm&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_12

┃電子タイムカード Clockperiod
┃始業や終業、時間外勤務や休日勤務の出勤時間を自動的に集計。
┃できれば勤怠集計の作業は随分とラクになるはず。Clockperiodは、
┃出退勤の時刻をタイムカード無しで記録できます。タイムカードや出勤簿で
┃勤務時間を管理している企業にオススメです。
https://www.clockperiod.com/Features?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_13


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*
┃Copyright(c) 社会保険労務士 山口正博事務所 All rights reserved

┃新規配信のご登録はこちらから
┃(このメールを転送するだけでこのメルマガを紹介できます)
http://www.growthwk.com/entry/2008/05/26/125405?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_15

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所