2008/08/20【完全出来高払いで給与を支払ってもよいのか】



┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■┃  本では読めない労務管理のミソ
□□┃  山口社会保険労務士事務所
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━ (2008/08/20号)━




こんにちは。山口社会保険労務士事務所の山口正博です。







このレポートは、定期的に、コラム形式で、
労務管理に役立つ内容を配信するレポートです。

就業規則の作成前に読むのもよし。
就業規則を作った後に読むのもよし。

はたまた、
つまみ食い感覚(?)で読むのもよし、です。

どうぞ、ご自由にご活用下さい。


===========================
今日のTOPIC
1: 完全出来高払いで給与を支払ってもよいのか
法律か、それとも当事者の合意か
2: 編集後記

===========================





■  完全出来高払いで給与を支払ってもよいのか
■■ 法律か、それとも当事者の合意か
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



■雇用ではない。



完全出来高払いというのは、いわば100%成果主義
ということです。


成果といっても、
給与の中に固定給が無くとも良いものかどうか。



完全出来高払いにしたい場合は、
請負契約や委託契約という方法が一般に使われます。

さらに、
請負や委託だと、自社の社員ではないので、もはや
雇用ではありません。




■本人たちは納得している。


労働基準法27条では、
「使用者は、労働時間に応じ一定額の賃金の保障を
しなければならない」とされています。


この内容からすると、完全出来高払いは違法な扱い
と考えることになります。



では、会社側と社員側が双方とも納得の上で、
完全出来高払いの労働契約を締結したらどうで
しょうか。

確かに、「労働基準法は強行法規だから、双方が
納得していてもダメだ」と言えば、それまでです。

ですが、当事者がそれで良いと納得しているのに、
第三者が「それはいかん!」と言って介入する
のは許されるのでしょうか。



話を変えると、
ある2人がダイヤモンドの指輪を売買するとします。

Aさん「この指輪、Bさんに100円で売るよ」

Bさん「わかりました。買います」

という取引をしたとします。


100円の指輪はニセモノだろう、というオチでは
ありません(笑)。本物と思ってください。


さて、取引の後、
「その取引は不当だぁ!」といって、Cさんが仲裁
したらどうなるでしょうか。


確かに、本物のダイヤモンドの指輪が100円と
いうのは安すぎます。

ですが、AさんとBさんにとっては、その条件で
合意したわけです。

ならば、Cさんの出る幕はありません。


一般社会には、どんな契約を結ぶかは当事者の
自由であるという「契約自由の原則」があります。

その原則に則って考えると上記のようになるのです。

ただし、良いことか悪いことかは、また別問題です。




■請負や委託を使うべし。


偏った評価は上手く機能しない、という点について
は、当レポートにて以前指摘したとおりです。


成果要素をを考慮するとしても、時間要素も一緒
に合わせないと、労務評価は困難です。


完全出来高払いは、一つ一つの仕事の単位が
ハッキリしている仕事(プログラミング、物販営業)
だけに使える方法なのでしょうね。


請負や委託ならば良いのですが、
雇用して完全出来高払いというのは、上手く機能
しないはずです。










 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


>>編集後記


炭。

炭は、無数の細かい穴に化学物質を取り込んで、
良い作用をもたらすことで知られています。

炊飯、水、部屋の脱臭と万能な働きをしますが、
マイナスイオンが発生するというのは、根拠は無いようです

土地によっては、
醤油に炭を入れたりもするところもあるようです。

炭に対しては、想像しがたいポテンシャルを感じますね。

メルマガ以外にも、たくさんのコンテンツをウェブサイトに掲載しております。

労務管理のヒント

http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_2

ニュース

http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_3


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ┃本では読めない労務管理の"ミソ"山口社会保険労務士事務所 発行
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃メルマガの配信先アドレスの変更は
http://www.growthwk.com/entry/2008/11/28/122853?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_4

┃メルマガのバックナンバーはこちら
http://www.growthwk.com/entry/2008/07/07/132329?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_5

┃メルマガの配信停止はこちらから
http://www.growthwk.com/entry/2008/06/18/104816?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_6


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*

┃労務管理のヒント
http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_7
┃仕事の現場で起こり得る労務の疑問を題材にしたコラムです。

┃ニュース
http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_8
┃時事ニュースから労務管理に関連するテーマをピックアップし、解説やコメントをしています。

┃メニューがないお店。就業規則が無い会社。
http://www.growthwk.com/entry/2007/11/01/161540?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_9

┃山口社会保険労務士事務所 
http://www.growthwk.com?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_10

┃ブログ
http://blog.ymsro.com/?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_11

┃『残業管理のアメと罠』
┃毎日8時間の時間制限だと柔軟に勤務時間を配分できないので、
┃月曜日は6時間の勤務にする代わりに、土曜日を10時間勤務にして、
┃平均して8時間勤務というわけにはいかない。
┃しかし、仕事に合わせて、ある日は勤務時間を短く、
┃ある日は勤務時間を長くできれば、便利ですよね。
┃それを実現するにはどうしたらいいかについて書いています。
http://www.growthwk.com/entry/2012/05/22/162343?utm_source=mailmagazine&utm_medium=cm&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_12

┃電子タイムカード Clockperiod
┃始業や終業、時間外勤務や休日勤務の出勤時間を自動的に集計。
┃できれば勤怠集計の作業は随分とラクになるはず。Clockperiodは、
┃出退勤の時刻をタイムカード無しで記録できます。タイムカードや出勤簿で
┃勤務時間を管理している企業にオススメです。
https://www.clockperiod.com/Features?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_13


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*
┃Copyright(c) 社会保険労務士 山口正博事務所 All rights reserved

┃新規配信のご登録はこちらから
┃(このメールを転送するだけでこのメルマガを紹介できます)
http://www.growthwk.com/entry/2008/05/26/125405?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_15

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com

© 社会保険労務士 山口正博事務所