あやめ社労士事務所 - 労務管理のツボをギュッと押す方法を考えます

会社で起こる労務管理に関する悩みやトラブルを解決するサービスを提供しています

仕事による怪我や病気で利用する労災保険の疑問と解決策

  • 自転車フードデリバリー 労災保険へ加入するメリットは?
    自転車でフードデリバリーを行う人々にとって、労災保険に特別加入するメリットが説明されています。加入は任意で、保険料や給付基礎日額も自分で決められる点が特徴です。労災保険料は社会保険料控除の対象であり、自己負担なしで病院に行ける、労災保険からの給付が受けられるなどの利点があります。自転車事故の多くが出会い頭に起こるため、保険加入は重要です。
  • 副業で労災を使えるの? 2つ以上の会社で働くときの労災給付が創設
    副業・兼業者の労災保険に関する新制度が2021年9月1日に施行されました。従来は副業中に事故が発生した場合、事故が起きた会社の方の賃金を基準に労災給付額が計算されていました。しかし、新制度では複数んの勤務先の賃金を合算して給付額が決定されます。これにより、副業・兼業者の労災給付額が増加し、公平性が向上します。
  • 副業していると労災保険の給付が少なくなる?
    2019年9月11日、厚生労働省は労災保険の給付基準を改正し、複数の事業所で働く人に対応する制度を導入しました。これにより、労災保険の給付額が各事業所の賃金合計を基準に決定されるようになり、収入が減ることが防がれます。従来は、労災事故が発生した事業所の賃金のみが基準とされていました。この改正は、副業や兼業を行う労働者にとって大きな改善となります。
  • 副業の落とし穴 2つの会社で働く人は労災保険の給付が少なくなる?
    副業者が2つの会社で働く場合、労災保険の加入も2つとなるが、給付が二重になるわけではない。事故が起きた職場の収入を基準に給付額が決まるため、収入の少ない職場での事故は給付が少なくなる。この問題を解決するため、労災給付の際には全収入を合算する改正が予定されている。
  • 学生のアルバイトにも労災保険はある 仕事上の怪我なら健康保険を使わない
    学生アルバイトにも労災保険が適用されることを解説しています。学生も正社員やパートタイム労働者と同じく、業務中に怪我をした場合は労災保険を利用する必要があります。労災保険は会社が全額負担し、従業員に保険料の負担はありません。22時以降の労働が禁止されている18歳未満の高校生にも、労災保険が適用されるので、健康保険を使わせることは「労災隠し」となります。
  • 帰宅途中の通勤で交通事故(通勤災害) 会社に責任はある?
    民法715条に基づく使用者責任の適用範囲や、通勤中の事故が労災保険の対象になるかを検討し、マイカー通勤の承認が企業責任にどう影響するかを解説
  • 通勤災害 申告した通勤手段以外のものを利用すると後が面倒
    電車なら電車で。マイカーならばマイカーで。通勤手段を変えてしまうと、交通費を不正受給していると思われたり、通勤災害で労災から給付が出ないことも。労災保険の適用範囲には、申告された通勤手段が関与します。特に、自家用車通勤は禁止されることが多く、違反すると懲戒処分の対象になる場合も。
  • 労災の事故や怪我で加害者がいたらどうなる?
    労災の事故に加害者がいる場合、労災保険は被害者の治療費をカバーしますが、事故の加害者に求償(費用請求)する権利があります。求償は必須ではなく、労災側の判断で請求しないことも可能です。この仕組みは労災保険の負担を軽減し、加害者の責任を問うことを目的としています。
あやめ社労士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
i@growthwk.com
人事労務管理の悩みを解決するために問い合わせる

自動音声メッセージによるお問い合わせもできます。
電話(050-7114-7306)をかけると音声メッセージを録音するように切り替わります。
お問い合わせの内容を電話でお伝えください。
内容を確認させていただき折り返しご連絡させていただきます。

© あやめ社労士事務所
登録番号:T3810687585061
本ウェブサイトは、アフィリエイトによるプロモーション、広告を掲載しております。