あやめ社労士事務所 - 労務管理のツボをギュッと押す方法を考えます

会社で起こる労務管理に関する悩みやトラブルを解決する方法を考えます

パートタイマーや学生アルバイトの労務管理で起こる問題と解決策

  • 勤務シフト表をラクに作る方法
  • 学生バイトの採用、高校生の戸籍証明書は戸籍抄本それとも学生証?
  • 高校生は残業してもいいの? それともダメなの?
    夏休みや冬休み、春休みになると、学生のバイト時間も長くなるかと思いますが、高校生は普通の社員と同じように残業ができるのでしょうか。1日8時間、1周間で40時間を超えると割増賃金が必要な残業になりますが、高校生も残業代(割増賃金)を受け取れば残業をしてもいいのかどうか。ここが今回の問題です。
  • 就職のために留年する学生。「第一志望は、ゆずれない」
    大学を受験するために浪人する人は昔からいますが、自分が希望する企業に入るために大学を留年する人がいるようです。就職のための留年など以前は聞くことも無かったのですが、今の大学生には選択肢としてあり得るとのこと。ただ、留年すれば、名目上は新卒の身分を維持出来ますけれども、実質は既卒と同じですから、純粋な新卒と同列に扱われるかは分からないところです。
  • 実例で解説。Google カレンダーで勤務シフトを作る。
    勤務シフトを作るとき、どういう方法を用いているでしょうか。手書きで紙に書く。エクセルで作る。勤怠管理システムに入力して作成する。会社ごとに色々と方法はあるでしょうが、Googleカレンダーでも勤務シフトを作れるんですね。
  • 夏休みにガッツリとバイトしたい高校生を雇うときの労務管理
    高校生を雇う際には、他の社員さんとは違った注意点があります。
  • 「辞めるんなら、代わりの人を連れてこい」という要求を通す方法。
    何の見返りもなく人は動きません。人を動かすには、相応のインセンティブが必要で、働く人を集めるときも動機が必要です。
  • パートタイマーとアルバイトの違いは?
    学生はアルバイト、短時間勤務の人はパートタイマー。表現を分けて両者を区別しているのですが、労務管理での違いはどこにあるのか。
  • 留学生のアルバイトを雇う時に知っておくべきこと。
    一般の社員と学生のアルバイトは、労務管理で取り扱いに違いがあります。さらに、留学生のアルバイトとなると、他の学生とは違った点があり、採用する際に知っておきたいところがあります。他の学生のように長時間働くことができず、在留条件が付けられていることもあり、1週間あたり何時間働けるかという制限もありますから、他の学生と留学生のアルバイトとの違いを知っておきたいですね。
  • 学生のギモン 年金額に反映されないならば、学生納付特例に何の意味があるの?
    20歳から国民年金に加入しますから、大学生の方だと、学生の身分で国民年金の被保険者になります。学生でも、通常通りに国民年金の保険料を支払ってもいいですし、学生納付特例制度を利用すれば、在学中の保険料の支払いを先延ばしにできます。ただし、学生納付特例制度は、免除制度とは違って、保険料の支払いを後に遅らせる効果があるものですから、保険料を支払う必要がなくなるわけではありません。
  • 年末年始に出勤を強制されて、実家に帰省できない。休めないならもう辞めたい?
    年末年始は、消費行動が盛り上がって、商売も書き入れ時になります、年末から年始にかけてお正月休みになり、実家に帰省したいという人もいるでしょう。しかし、一方で、お店は忙しくなってるわけですから、従業員に出勤してほしい。帰省したい従業員と出勤してほしい会社との間の調整をどのようにしていくか。普段と変わりない対応だったら、年末年始に出勤したいとは思わないものです。ですから、普段よりも待遇を良くして、年末年始に出勤してもらうように工夫をしないといけないでしょう。
  • 4月から新しく入ってくる学生アルバイトを雇うときの注意点。
    学生は普通の社員とは違うもの。そう考えている方もいらっしゃるでしょうが、学生アルバイトというのは、労務管理の実務ではパートタイム労働者として扱われています。学生には学生なりの特殊な事情がありますが、そういう例外的な点を除けば、一般のパートタイム従業員と同じ扱いをする必要があります。
あやめ社労士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : i@growthwk.com
お問い合わせはこちらから

© あやめ社労士事務所