あやめ社労士事務所 - 労務管理のツボをギュッと押す方法を考えます

会社で起こる労務管理に関する悩みやトラブルを解決する方法を考えます

年金手帳が廃止されて基礎年金番号通知書が交付されるように

年金手帳



20歳になると、国民年金に加入して被保険者資格を取得すると、基礎年金番号が印字された年金手帳が本人に交付される、というのが以前の仕組みでした。

年金手帳というと、手帳という名称から想像するに色々なことが書かれてるのではないかと思うところですけれども、実際に年金手帳を使うときというのは基礎年金番号を確認する時ぐらいです。年金関連の手続きでは基礎年金番号が必要になりますので。

基礎年金番号通知書は、基礎年金番号をシンプルに伝える書面で、以前のような手帳という体裁を取らないものです。

基礎年金番号・年金手帳について|日本年金機構 (nenkin.go.jp)

年金手帳が送られてきたとしても、送られてきてすぐならば中身を見るかもしれないけれども、普段手に取って見ることはなく、押し入れだとか棚にずっと保管していて、いつの間にかなくなっていた、なんてこともあるような代物でした。紛失した経験がある方もいらっしゃるでしょう。

滅多に取り出さないものは失くしやすいもので、大事なものだからと押入れや棚に入れておくと、いざ使いたいと思った時に「あれ、どこに直したかな」なんてことになります。毎日のように使うものだったら失くしにくいですけれども、年に1回ぐらいしか使わない、場合によっては10年ぐらい取り出したことがないなんていうのが年金手帳ですから、そういう紛失しやすい書類はマイナンバーカードで代用してもらえると失くす可能性が減り、それを探す時間も失いませんからありがたいですね。

他にも雇用保険の被保険者証、健康保険の限度額適用認定証、これはマイナンバーカードで対応できるようになる予定ですけれども、細々とした公的な書類をマイナンバーカードでその役割を担ってくれると、保管したり失くした時に探す負担も減りますから、こういう使い方でマイナンバーカードを活用していくのは賛成です。

年金手帳には年金記録は書かれていませんから、自分自身が手書きで書き込まない限り内容は更新されません。

マイナンバーカードを使って、年金ポータルにアクセスすれば、基礎年金番号だけでなく自分自身の年金記録も見ることができます。年金手帳よりもこちらの方が利用者にとっては有益です。

ちなみに、マイナポータルを経由して年金ポータルにアクセスすることもできます。もちろん、年金ポータルにダイレクトにアクセスする方法もあります。 複数の経路があると混乱を招くので良いことばかりではないですけど。

自動的に手帳の内容が書き変わるわけではなく、手書きで更新していかなければいけないものですし、年金手帳を取り出すのは基礎年金番号を確認する時ぐらいでしたから、それが無くても構わないようなものだったんですね。基礎年金番号さえ把握できれば。

すでに年金手帳を持っている人は、それが基礎年金番号通知書と同じものとして扱われますから、そのまま保管しておきましょう。

スマホやPCでマイナポータルにアクセスすれば自分の基礎年金番号を確認できます。ですから、年金手帳どころか基礎年金番号通知書すら必要ないのかもしれません。

しかし、マイナンバーカードを取得し(まだ取得していない人もいる)、更にそれを使って年金ポータルにアクセスする人というのは多数派ではないでしょうから、基礎年金番号通知書を交付するのはやむを得ないのかと。

公的な証明証をマイナンバーカードに集約すれば、紛失する可能性を低くできますし、それを再発行する機会も減らせます。年金手帳を廃止するのはもっと早くても良かったぐらいですが。

年金手帳を紛失すると、今後は再発行されるのではなく、基礎年金番号通知書が再交付されます。既存の年金手帳はそのまま保管ですが、なくなったら再発行されず、マイナンバーカードやねんきんネットで自分の年金を管理するわけですね。

給与計算のときの社会保険料を正確かつラクに計算したいなら
社会保険料は毎年ちょこちょこと変更があるものですから、給与を計算する時に間違わないようにするには、自動で計算してくれる給与計算ソフトの方が安心です。
あやめ社労士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : i@growthwk.com
お問い合わせはこちらから

© あやめ社労士事務所