労務管理のツボをギュッと押す方法を考えます

会社で起こる労務管理に関する悩みやトラブルを解決する方法を考えます。

マイナンバーカードで25%還元。2020年9月から開始予定。

メールマガジン 本では読めない労務管理の"ミソ"

山口社会保険労務士事務所
(2020/2/10号 no.327)

 

マイナンバーで25%還元

 

 

キャッシュレス決済を使うだけでお得に。


2018年の12月ぐらいから、QR コード決済サービスによる、キャッシュレス決済が盛り上がり始めて、2020年の2月現在では、使っている人も以前より増えているのではないでしょうか。

小銭を出さずに支払いができますし、お釣りを受け取る必要もありません。

支払額が572円だとしたら、現金払いだと、600円を出してみたり、602円を出してみたり、1,072円を出してみたり、となかなか忙しいものです。

端数の小銭を出すのが好きな人がいたり、嫌いな人がいたり。まぁ、人それぞれです。

現金払いにすれば、財布の中の小銭が減って、ありがたいのですけれども、そもそも小銭を持ち歩く必要がなくなります。QR コードさ決済サービスを使うと。

政府は、キャッシュレス決済を推進していて、現金を使わずに決済するだけで、5%が還元される施策を実施しています。


キャッシュレス消費者還元事業

 

さらには、キャッシュレス業者が、独自にキャンペーンを実施して、10%や20%の還元をすることもあります。

お店で、支払いをする時に、スマートフォンの画面に表示したQR コードを読み取ってもらうだけで、支払いが終わるわけですから、しかも、5%や10%と還元もされ、一石二鳥です。

 

マイナンバーカードを作っておくと25パーセントの還元を受けられる

テレビのニュースなどでちらっと、報道されることがありましたけれども、マイナンバーカードでも、キャッシュレス決済によるポイント還元が実施される予定です。これは、上記の消費者還元事業とは別のもの。

実施される時期は、令和2年、2020年の9月から予定されています。終了時期は、翌年、2021年3月まで。計7ヶ月間が還元を実施する期間となるようです。

マイナンバーカードで25%還元、という言葉を聞くと、「マイナンバーカードに現金をチャージして、そのチャージされたカードをお店に持って行って、買い物をするんですか?」と思ってしまいがちでしょうが、実際は違います。

どういう形で還元されるのかというと、

1.マイナンバーカードと既存のQR コード決済サービス(利用者が1つ選択する)を紐付ける。
2.自分が指定したQR コード決済サービスを使って、買い物をすると、25%分のマイナポイントが還元される。

という仕組みです。

マイナンバーカードにチャージして、買い物をする、というわけではなく、PayPayやLINE Pay、au Pay など、既存のQR コード決済サービスの中から、自分が任意で一つ選んで、その選んだ決済サービスとマイナンバーカードの情報をリンクさせて還元します。

還元額の上限額は、5,000円ですから、買い物金額としては20,000円まで、25%還元の対象になります。

これを書いてるのが2月ですから、制度が開始されるのは9月からと予定されているため、半年ほど時間があります。

その間に、マイナンバーカードを作って、さらにマイキーIDというアカウントも必要になりますから、こちらも作っておく必要があります。

マイキーIDを使って、マイナンバーカードとQR決済サービスをリンクさせます。さらに、還元されたマイナポイントの残高管理にも使われるはずです。

後は、好きな QR コード決済サービスを一つ選んでおきましょう。普段から使っているもので構いませんし、PayPayを使っている方はPayPayを選べば良いですし、LINE Payの方はLINE Payを選択すれば良いでしょう。

ちなみに、まだ緑色の個人番号通知カードを持っている方。あなたは、まだマイナンバーカードを発行していないはずです。

あの緑色のカードは、個人番号通知するだけのものであって、マイナンバーカードとは別物です。

個人番号通知カードと引き換えにマイナンバーカードを発行しますから、まだ手元にあるということは、まだマイナンバーカードを発行していません。

住民票の写し、印鑑証明書証をコンビニで発行できますから、マイナンバーカードを持っていると便利です。

証明書を取るのに、市役所で長々と待つ必要はありませんから、この点だけでも十分なメリットだと感じています。

夏になると、マイナンバーカードを発行する人が増えて時間がかかると予想されますから、25%還元を受けたい方は、今のうちに準備をしておくようおすすめします。
マイナンバーカードで25%還元(上限5,000円)を受けるための準備をしよう。

 

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com
業務のご依頼に関するお問い合わせ

© 社会保険労務士 山口正博事務所