労務管理のツボをギュッと押す方法を考えます

会社で起こる労務管理に関する悩みやトラブルを解決する方法を考えます。

産前産後の社会保険料免除 国民年金のみ加入している人も対象に。平成31年(2019年)4月1日から

 

f:id:ma95:20180926131647p:plain

 

 

 

 

2017年頃に決定していた制度改正ですが、
2019年4月1日から実施されます。

 

 

会社経由で社会保険に加入している2号被保険者だけだった。


これまでは、
産前産後期間に社会保険料が免除されるのは、
会社経由で社会保険に加入していた人のみでした。


「会社経由で社会保険に加入している人」
というのは、

給与から社会保険料が控除され、
自ら被保険者として社会保険に加入している人を意味します。

ちなみに、
この人達を「第2号被保険者」と言います。

会社で社会保険に入っていると、
2号被保険者になるんですね。


一方、
年金の第3号被保険者や
健康保険の被扶養者になっている人は対象外です。


また、
国民年金だけ加入している第1号被保険者も、
産前産後期間中は社会保険料が免除されませんでした


年金の加入者種別に関わらず、
女性であれば出産する可能性はありますから、

2号被保険者だけ免除の対象になり、
1号被保険者は対象外になっているのは均衡を欠くのではないかと以前から指摘されてきたところです。

 


はじめてママ&パパの育児

 


2019年4月以降は、国民年金だけ加入している人も社会保険料の免除対象に。


免除される期間は、

「出産予定日」
または
「出産日が属する月の前月」
から4ヶ月間です。

労働基準法での産前産後期間は、

産前が6週間、
産後が8週間ですから、
約3ヶ月間です。


1号被保険者向けの免除期間は、
出産時期から4ヶ月間ですから、

「3ヶ月+誤差を吸収するための1ヶ月」

と考えれば、妥当なものです。


届け出の手続きは、
出産の6ヶ月前から行うようになります。

届出用紙は、
2018年9月時点ではまだ出来上がっていませんが、
2019年の1月頃には完成するのではないかと思います。

 


子どもが育つ魔法の言葉

 


国民年金の保険料を前払いしていたらどうなる?


毎月、国民年金の保険料を支払えますが、
希望すれば1年分なり2年分なり、
前払いで保険料を納付できます。


では、
2019年4月以降の分も保険料を前納していたらどうなるのか。

その場合は、
4月以降の保険料が還付されます

払った保険料が返ってこないということはなく、
2019年4月以降は免除になりますから、
4月以降の期間に充当される前払いした分は還付されます。


他のケースとして、

国民年金の保険料を前払いしていて、
前払い期間を経過する前に、
会社員になり厚生年金に加入すると、

厚生年金に加入した後の期間に相当する前払いされた国民年金の保険料が還付されます。

厚生年金に加入すると、
厚生年金の保険料に国民年金の保険料も含まれているため、
国民年金の保険料を個別に納付する必要はありません。

それゆえ、
経過していない期間の前払い保険料は返金されるんですね。

 

 

 

 

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com
お問い合わせ

© 社会保険労務士 山口正博事務所