労務管理のツボをギュッと押す方法を考えます

会社で起こる労務管理に関する悩みやトラブルを解決する方法を考えます。

国民年金保険料 過去5年分まで納付可能なのは2018年9月30日まで。

後納制度

 

 

 


原則では、
過去2年分まで、
国民年金の保険料を支払えるのですが、

2018年9月30日までは、
特例で、過去5年分まで支払えるように
なっています。


過去5年以内の期間に納め忘れた保険料を納付できる後納制度が、平成30年9月30日で終了します。

 

 

国民年金の保険料を支払う方法は、

 

このようにいくつか決済手段が用意されています。



ちなみに、

納付書払いであっても、
金融機関やコンビニに行かず、

ネットバンクのペイジーで
支払うこともできるんです。

納付書があると、
自分で払いに行かないといけないと
思いがちですが、
ネットバンクで支払えます。

 

 

 

納付できるのは過去2年分まで。


2年分まで遡って支払える国民年金の保険料ですが、

2018年(平成30年)9月30日までならば、
過去5年以内の保険料を後払いできます。


この後納制度を利用すれば、
国民年金の金額を増やせますし、
年金への加入期間が10年未満の方が
年金受給資格を得られる場合があります。


以前は25年以上、年金に加入していないと
年金の受給資格を得られませんでしたが、

2018年時点では、10年以上で受給資格を
得られるようになりました。

 


また、
すでに10年以上、年金に加入しており、
年金受給資格はあるけれども、

年金額を増やすために、
後納制度を利用することも可能です。


後納制度を利用する場合は、
『国民年金後納保険料納付申込書』
を書いて、

年金事務所の窓口に提出します。

 

  • マイナンバー
  • 生年月日
  • 後納したい期間

を書いて、

マイナンバーカード(もしくはマイナンバーを確認できる書類)と一緒に、

年金事務所の窓口まで持っていくといいでしょう。

 

 

 

 

5年分、後納すれば、年金は96,000円増額に。


1ヶ月分、国民年金の保険料を後納すると、
年金額が約1,600円増えます。

仮に、過去5年分を後納(過去5年の期間が全て未納だと仮定)したとすれば、

60ヶ月分となり、

60ヶ月 × 1,600円 = 96,000円。

年金額が年額で96,000円増えます。


1ヶ月あたりだと8,000円。

年金は2ヶ月分ずつ、偶数月に支払われますから、
1回の支給額が16,000円ほど増える
と考えられます。

 

 

 

すでに年金を受け取っている方は対象外。


もう年金を受給しており、
年金額が確定している方は、
後納制度を利用できません。


受給者になると、年金額が確定し、
その後は終身でその年金が支給されます。

そのため、後から保険料を納付して
年金額を増やすことはできないのです。

 

 

 

後納と追納の違い。


保険料を全額免除されたり、
半額免除など、一部免除された方。

あとは、
納付猶予や学生納付特例制度を
適用された方は、

この後納制度を利用できません。


後納というのは、
未納になった期間の保険料を
後から支払うというもの。


免除や猶予を受けた場合は、
保険料を「追納」することができます。

追納は過去10年まで遡れますから、
後納制度の過去5年よりも時間的猶予が
あります。


現状で過去10年分まで追納できるため、
免除や猶予の場合は後納制度を利用できないんですね。

 

ただし、

免除や猶予を受けた方であっても、
過去5年の期間に未納期間があれば、
それは後納制度で納付できます。

ここは追納とは別扱いになります。

 

 

 

 

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com
お問い合わせ

© 社会保険労務士 山口正博事務所