労務管理のツボをギュッと押す方法を考えます

会社で起こる労務管理に関する悩みやトラブルを解決する方法を考えます。

祝日があれば、週1日の法定休日を休んだことになる?

 

 

 

梅雨真っ盛りですが、
6月は祝日が無くて、
ションボリしている方もいらっしゃるのでは。


カレンダーには、
月によって、祝日があり

月曜日が祝日になることもあれば、
土曜日や日曜日が祝日になることもあります。


もし、

月曜日が祝日で休みになり、
他の日を全て出勤したら、
労働時間の扱いはどうなるか。

 

祝日に休めば、週1日の法定休日を休んだものとして
扱われるのかどうか。

ここが今回の本題です。

 

 


祝日以外は出勤日に。


例えば、
とある1週間に、

以下のように勤務スケジュールが
決まったとしましょう。


月曜日:祝日。
火曜日:8時間勤務。
水曜日:8時間勤務。
木曜日:8時間勤務。
金曜日:8時間勤務。
土曜日:8時間勤務。
日曜日:8時間勤務。

なお、前提条件として、
1週間は、月曜日に始まり、日曜日に終わるとします。

また、普段は土曜日と日曜日が
休みになっているとします。

 


月曜日が祝日で休みになり、
他の日は出勤ですから、
週6日出勤になります。


土曜日と日曜日は、
いつもは休みだけれども、
業務の都合で仕事をしたと考えてください。

 

 


土曜日や日曜日は休日出勤になる?


普段は休みになっている土日ですが、
この日に出勤すれば、

「名目上は休日出勤」

になります。


じゃあ、

休日労働になるから、割増賃金が必要なのか、
というと、

そうはならないんです。

 

「でも、休日を出勤に変えているから、
休日労働じゃないの?」
と思う方もいるでしょうが、

上記の勤務シフトだと、
土曜日と日曜日は

【休日労働に対する割増賃金が必要な日】

ではないのです。

 

 


1週間に1日休みがあれば、休日労働はない。


月曜日が祝日になっており、
仕事は休みです。

土曜日と日曜日は出勤になりましたが、
月曜日が休日として機能しますから、

土日は休日労働にならないのです。


1週間に1日は休日にしないといけないのですが、
その日も出勤にしてしまったとすれば、
それは休日労働になります。


月曜日:8時間勤務。
火曜日:8時間勤務。
水曜日:8時間勤務。
木曜日:8時間勤務。
金曜日:8時間勤務。
土曜日:8時間勤務。
日曜日:8時間勤務。

1週間のスケジュールで示せば、このようになります。

1日も休日が無ければ、
いづれかの日が休日労働になります。


土曜日と日曜日が普段は休みになっているならば、

土曜日を休日労働にするか、
もしくは、
日曜日を休日労働にします。

 

休日労働ですから、割増賃金は35%増です。

 

 

 

祝日を法定休日として扱えるか。


1週間に1日ある「法定休日」に
仕事をすれば、
それが「休日労働」になります。


法定休日とは、労働基準法35条(以下、35条)の休日です。

第35条 
使用者は、労働者に対して、毎週少くとも1回の休日を与えなければならない。


毎週、1回の休日が必要なのですが、

祝日をこの休日と扱ってもいいのかどうか。


先程の例では、

月曜日が祝日でしたが、
この祝日を35条の法定休日として考えていいのかどうか

ここが疑問になります。


条文には「休日」と書いています。

休日とは、休みの日。

祝日が休みの日になっているならば、
それは休日と考えて差し支えありません。

 

書くまでもありませんが、
祝日に出勤して仕事をすれば、
当然ながら休日にはなりませんよ。

 

月曜日の祝日は法定休日となるのだから、
土曜日や日曜日に出勤しても、
それは法的な休日労働ではない、
となります。


そのため、
土日の出勤に対して、
休日労働の割増賃金はありません。

 


ちなみに、法定休日に曜日は指定されていません。

日曜日とは限らず、
土曜日でも、月曜日でも、
法定休日にすることは可能です。

 

 


祝日に休んでいれば、割増賃金は25%。


月曜日:祝日。
火曜日:8時間勤務。
水曜日:8時間勤務。
木曜日:8時間勤務。
金曜日:8時間勤務。
土曜日:8時間勤務。
日曜日:8時間勤務。

この勤務シフトだと、
週48時間勤務になります。

週40時間を超えており、
8時間分は時間外労働です。


となると、割増賃金が必要ですが、
この場合は、25%以上の割増賃金を
支給します。

土曜日と日曜日は休日労働ではありませんから、
休日労働に対する35%以上の割増賃金は
必要ありません。


月曜日も出勤したとなれば、
休日労働が発生しますが、

祝日で休日を取れているため、
休日労働は無いと判断するわけです。

 

 

 

 

 

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com
お問い合わせ

© 社会保険労務士 山口正博事務所