労務管理のツボをギュッと押す方法を考えます

会社で起こる労務管理に関する悩みやトラブルを解決する方法を考えます。

【法律違反じゃないゾ】残業代が出ない残業もある。

 

 

 


決まった時間内に仕事が終われば、
それはそれで結構なこと。

しかし、

何らかの理由、
業務上の都合によって、

決まった時間内に仕事が
終わらないときもあります。


終業時刻を過ぎて仕事をすると、
それは残業になりますよね。


残業をすれば、残業代が出る。

そう思っている方も多いはず。

 

 

 

残業代が出る残業。残業代が出ない残業。


残業には2種類あります。


それは、

【残業代が出る残業】

【残業代が出ない残業】

です。


ちなみに、ここで言う残業代とは、

「時間外労働に対する割増賃金」を意味します。

1日8時間までが法定労働時間で、
この時間を超えて働くと、

「時間外労働」となるわけです。

 

 

 

「残業代が出る残業」とは?


では、まず、

「残業代が出る残業」から説明しましょう。


10時に始業で、20時が終業時間となっているとします。
加えて、途中に1時間の休憩が入ります。

この場合、労働時間は9時間です。

 

1日8時間の法定労働時間を超えているため、
8時間を超過した1時間分が時間外労働となります。

この1時間に対して、
割増賃金である残業代(25%以上の割増)が付きます。


これが「残業代が出る残業」です。

 

 

 

「残業代が出ない残業」とは?


次に、「残業代が出ない残業」を説明します。


残業代が出ない残業と聞くと、

「サービス残業じゃないのか?」
「賃金未払いでは?」
「違法行為だろう」

と反応しがちですが、


「残業代が出ない残業」は現実にあり得ます。

 


例えば、

10時から18時までの勤務シフトだとして、
途中に1時間の休憩を入れたとしましょう。

この場合、労働時間は7時間ですよね。

 

そこで、何らかの理由で、
仕事が終わる時間を19時まで延長したとします。

つまり、18時から19時まで、1時間の残業です。


では、
この1時間に対して残業代が出るのかと言うと、

出ません

 


誤解のないように書くと、

給与はもちろん出ます。

18時から19時までの給与は出ますが、
この1時間に対する割増賃金は出ないんですね。


何故かと言うと、

1日8時間の枠を超えていないから。

法定労働時間の8時間以内ならば、
割増賃金は出ない。

ゆえに、

「残業代が出ない残業」となるわけです。

 

 


決まった時間を超えたから残業代が出る、わけじゃない。


仕事が終わる時間を超過したら、
それは確かに残業です。


ただ、残業ではあるのですが、

残業代が出るかどうかは、

【8時間を超えているかどうか】
で判断します。


7時間の勤務シフトが
8時間に延長されたとしても、

それは残業にはなりますが、

割増賃金である残業代は付きませんので、
誤解されぬように。

 

 

残業対策はキチンとした労務管理から。

 

 

 

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com
お問い合わせ

© 社会保険労務士 山口正博事務所