公休(法定休日)を入れずに有給休暇を使える?

 

 


休みの日に休暇を取る?


有給休暇を
1日単位でチョコチョコと
使っているときは、

さほど問題にならないのですけれども、

ドバっと、
例えば2週間、

一気に有給休暇を使うとなると、

公休日との兼ね合いが問題になります。


ちなみに、
公休日というのは、

法律で決まった休日、
「法定休日(労働基準法35条。以下、35条)」だと考えてください。

 

 


公休日が消える。


では、話を本題に戻して、

例えば、

週に休みが1日の職場だとして、
日曜日が定休日だとしましょう。


月曜日
火曜日
水曜日
木曜日
金曜日
土曜日
日曜日:公休

月曜日
火曜日
水曜日
木曜日
金曜日
土曜日
日曜日:公休

日曜日以外は出勤日と考えて、
週休1日。


ここで2週間分、
一気に有給休暇を取ってみるとどうなるか。


月曜日:有給休暇
火曜日:有給休暇
水曜日:有給休暇
木曜日:有給休暇
金曜日:有給休暇
土曜日:有給休暇
日曜日:有給休暇

月曜日:有給休暇
火曜日:有給休暇
水曜日:有給休暇
木曜日:有給休暇
金曜日:有給休暇
土曜日:有給休暇
日曜日:有給休暇


こんな感じです。

2週間、すべての日を有給休暇にしています。


先程との違いは、

日曜日にあった休日が無くなっているという点です。


公休日も含めて有給休暇に変えてしまっているため、
35条の休日が消えてしまっている。


「休日でも、有給休暇でも、
同じ休みなんだから、
どっちでもいいんじゃないか?」

そう思ってしまうところ。


確かに、休みは休みですからね。

 

 


使用者、労働者、お互いに納得している。


2週間、連続して有給休暇を取ることで、

使用者もしくは労働者に何か不利益があるかというと、

ありませんよね。


本人が希望して2週間の有給休暇を取って、
会社もそれを認めている。

そういう状況だと、

法律で守ってあげる要素が無いんです。


確かに、35条の休日が消滅しているんですが、
この休日が無くなっても、
おそらく誰も困らない。

 

 

 

労働基準法は労働者保護法。


「休日に有給休暇は取れない」
「労働義務がない日を有給休暇にできない」
「35条の休日を潰してはダメ」

このように、
休日を有給休暇にしてしまうことに対して
反対する考え方もあります。

確かに、どの考え方も正しいです。


しかし、法律では、
有給休暇の使い方については
決めていません。


付与する条件、
付与日数、

これらは法律で決めていますけれども、

どういう理由で使うか、
いつ使うか、

は当事者に委ねられています。

 


休日でも有給休暇でも、
どちらでも休みですし、
本人にとっては変わりない。

休みの日を有給休暇に変えることはできない
のはご尤もです。

 

しかし、
仮にそうしたとしても、
本人に不利益は無いし、
本人が希望している場合もあります。

 

また、
会社としても、
公休を潰して有給休暇を使ってもらって支障ない。


となると、

【当事者の利害が一致している状況】

なんですね。


これを第三者が止めるのは
なかなか難しい。

「お互いに納得しているのだから、
いいじゃないか」と言われたら、
困っちゃう。

 


実際にそのようにしたとしても、
何かペナルティを受ける可能性は低いでしょう。

 

労働基準法は労働者保護法。

労働者側が納得しているならば、
強引に介入するわけにもいかない。


労働基準監督官の立場でも、

「そういう有給休暇の使い方は好ましくはないんですけどねぇ、、」

と苦言を呈する程度しかできません。

 

 

 

6箇月以下の懲役又は30万円以下の罰金。


公休を入れないと、
法定休日を与えていないと判断できます。

 

その場合、

35条違反になり、

6箇月以下の懲役又は30万円以下の罰金
です。


労働者が望んでいることをやってあげた。

それで懲役や罰金というのもおかしな話。


しかし、

35条違反と言われれば、
そうなります。

 

 


退職時の有給休暇でも同じ問題が、、。


退職するときに有給休暇を使う場面でも、
今回と同じ問題が起こります。

  1. 公休を入れつつ、有給休暇を消化するのか。
  2. 公休を入れずに、有給休暇を消化するのか。

両方のパターンを見たことがあります。

 

公休がなくなっても、
退職するから、どのみち出勤しない。

だから、公休を入れず、
一気に有給休暇を取っても不都合はない。

しかし、
35条に違反するという懸念は残る。

 


解決策としては、

最低でも週に1日は公休日として、
残りの6日を有給休暇に変えてしまう。

これならば、セーフです。


週休2日の職場でも、

そのうち1日は法定休日ですが、
もう1日は法定外の休日ですので、
有給休暇に変えてしまっても35条違反には
なりません。

 

ただし、雇用契約や就業規則の
内容と相違した扱いになる余地は残ります。

 

 

結論としては、

有給休暇を取るときは、
休日を潰さないように
休暇のスケジュールを入れていく。

このようにすれば、
問題は生じません。

 

 

有給休暇の管理をカンタンにする方法は?

 

 

 

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com
お問い合わせ

© 社会保険労務士 山口正博事務所