労務管理のツボをギュッと押す方法を考えます

会社で起こる労務管理に関する悩みやトラブルを解決する方法を考えます。

6月からスタート。労働保険料の手続きと社会保険料の決定。

 

 

 

 

6月になると、
労働保険と社会保険に関する手続きがあります。

 

労災保険と雇用保険では、
労働保険の年度更新を。

労働保険料の申告・納付(厚生労働省)

 

健康保険と厚生年金では、
社会保険の算定基礎届を提出します。

算定基礎届の提出(日本年金機構)

 


労働保険の年度更新とは、


会社が支払う
労災保険と雇用保険の保険料を計算し、

それを申告して、納付するという手続きです。

 

ちなみに、労働保険には、
労災保険と雇用保険がセットになっています。

この2つを合わせて、「労働保険」と言うんですね。

 


社会保険の算定基礎届というのは、


4月から6月の収入を基準にして、
9月から翌年8月までの社会保険料を決める手続きです。

 

社会保険料は、
毎月の給与に連動してコロコロと変わるものではなく、

年に1回、算定基礎届を提出することで、
1年分の社会保険料が決まるようになっています。

ちなみに、労働保険の保険料は毎月の給与に連動して変わります。


そのため、少し給与が減った(or 増えた)としても、社会保険料はそのまま、
ということが起こります。

例えば、
先月は風邪で3日休んだけれども、
社会保険料はいつも通りの額だった。

こういうことが起こります。

これは間違いではなく、
社会保険料は年に1回の算定手続きで決まり、
それが1年間続くからです。


一方、雇用保険料は、少し減っているはずです。

雇用保険料は毎月の給与に連動していますから、
風邪で3日休んだとなれば、その分だけ保険料も減ります(ほんの僅かですけれども)。


算定手続きが終わっても、すぐに社会保険料が変わるわけではなく、
変わるのは9月からです。

8月までは、現状の社会保険料で固定されます。

 

 


収入にバラツキがある商売には特例も。


社会保険料は、

算定基礎届に4~6月に支払った賃金を記載し、

それを基準にして、

9月から翌年8月までの社会保険料が決まるんですね。

この点は先ほど書いた通りです。


4月から6月の3ヶ月間の収入で
1年間の社会保険料が決まりますから、

中にはこの方法で社会保険料が決まると困る人もいます。


例えば、
4~6月に給与が増える商売。

春に仕事がドッと増えて、
収入も増える業種があるかと思います。

 

そういう仕事をしていると、
4月から6月の給与が多くなり、
それ以外の時期は、春時期に比べて少なくなる。

そのため、

4月から6月の3ヶ月間の収入で
社会保険料が決まってしまうと、

本来の収入水準よりも高い保険料になってしまいます。


その場合は、別途で対応があります。

年間報酬の平均で算定(日本年金機構)


これは「保険者算定」というもので、
特例的な算定方法です。

 

4月から6月の収入で社会保険料を決めると、
本来あるべき水準よりも高い保険料になってしまう場合、
こういう特例を適用して、

年間の収入(12ヶ月分)を基準に社会保険料を決定します。

 

1年間の収入を基準にすれば、
4月から6月に一時的に収入が増えたとしても、
12ヶ月間で平準化されます。

 

 

 

 

労働保険と社会保険で手続きの時期にズレがあった。


以前はそれぞれで手続きの時期にズレがあって、
それぞれ別の時期に手続きしていたんです。


4月1日から5月20日の間に、
労働保険の年度更新手続きがあって、

その後、しばらくすると、
6月に社会保険の算定基礎届を作る。

こういう順番でした。


似たような手続きだから、
同じ時期にまとめて処理できれば都合がいいのに、
と思っていた方も多かったはずです。

その後、労働保険の年度更新も6月に変更され、
社会保険の算定基礎届と一緒に
労働保険の手続きもできるようになりました。

今では一緒にまとめて手続きできるよう
時期が合わせられています。

 

 

 


平成30年度の雇用保険料、労災保険料。


平成30年度の雇用保険料


平成30年度の労災保険料はコチラ。

【改正】平成30年4月からの労災保険料。上がるのは3業種。下がるのは20業種。


社会保険料と違って、

雇用保険料と労災保険料は格安です。

費用面でも加入するメリットが大きいですから、
人を雇っているならば、必ず加入したいところ。


毎月の給与にも連動しますから、

社会保険料のように1年間固定されることもありません。

 

労働保険の年度更新では、
保険料を払うのですが、

一括払いでもいいですし、
分割納付も可能です。

年3回に分割でき、
7月、10月、1月に保険料を分散できます。


さらに、支払い方法も、

「納付書支払い」

「口座振替」

の2つから選べます。

 

納付書だと、納期限は7月10日。

一方、口座振替だと、
引き落としが9月6日です。

納付書よりも口座振替の方が
支払い時期を繰り延べできる効果があります。

 

 

正しく社会保険料を計算する方法とは?

 

 

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com
お問い合わせ

© 社会保険労務士 山口正博事務所