休憩中は休憩だけ。仕事に関連することをしない。

 

 

 

 


仕事をすれば疲れますから、

ある程度の時間になれば休憩が必要です。


6時間を超えて仕事をすれば、45分以上の休憩。
8時間を超えて仕事をすれば、60分以上の休憩。

休憩を取る基準はこの通りです。

労働基準法 34条(以下、34条)
使用者は、労働時間が6時間を超える場合においては少くとも45分、8時間を超える場合においては少くとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。

 


例えば、

6時間ちょうどの勤務シフトならば、
休憩を入れなくてもいいのですが、

6時間を少しでも超えてしまうと、
少なくとも45分の休憩が必要になります。

 

そのため、6時間勤務の時は、
6時間を超過する場合を想定して、

あえて45分の休憩を入れておくのも良い判断です。



もしくは、

30分なり15分の休憩を入れて

勤務時間が6時間を超えないように
調整するのも1つの方法です。


休憩時間は労働時間から控除されますから、

もし6時間10分働いたとしても、
途中で30分の休憩が入っていれば、

実際の労働時間は5時間40分です。


必要な休憩が取れなかった、
とならないように、

あまり時間的にカツカツな勤務シフトを
組まないようにしましょう。

 

 


休憩の取り方。


どういう形で休憩を取るかは、
人によって違いがあります。


外で弁当を食べる人。
飲食店に入る人。
自分のデスクでパンを食べる人。
出前を取る(?)人。


まぁ、人それぞれですね。


そんな休憩ですが、

外に出れば、普通に休憩が取れるものの、

社内にいながら休憩を取ると、

「電話がかかってくる」
「人が来る」

となると、対応しなければいけないときもあります。


電話が鳴れば取らないといけないですし、

来客があれば、応対しないといけない。


通常の勤務時間中ならば、
仕事ですから、

電話でも来客でも、対応するはず。


しかし、

休憩中に電話が鳴った、

休憩中に「すいませ〜ん」と誰かが来た、

となれば、

放置できないですから、
対応するはず。


電話を取ったり、
来客に対応していて、

これでも休憩なのかどうか。


ゆっくりとお弁当を食べれないのに、
休憩時間と言えるのかどうか。

ここが問題となります。

 

 

休憩中は仕事をさせてはいけない。


仕方ない、やむを得ないという理由で、

休憩中に業務に関連することをさせてしまう。


そういう時もあるでしょうが、

休憩しているはずなのに、
電話や来客に対応させると、

休憩を取っていないと判断されてしまいます。


休憩に関する34条に違反すると、
「6箇月以下の懲役又は30万円以下の罰金」
です。


「でも、雑用はやっているけど、休憩は取れているんじゃないの?」

と思うところですが、

雑用も仕事ですから、
仕事をしている時間は休憩時間ではなくなります。


休憩中に、雑用に対応する人がいなくなるならば、
交代で休憩します。


全員が一斉に休憩に行かず、

社員が20人いるとすれば、

12時から10人が休憩に行き、

その後、

13時から残りの10人が休憩に行く。


交代で休憩すれば、人がいなくならず、
休憩を中断して仕事をする必要はありません。


他に、

「どうしても休憩を中断しないといけない場合は?」

と聞かれれば、

中断した時間だけ休憩時間を延ばして、
休憩がなくならないようにします。


例えば、

45分の休憩中に、
10分間、業務で休憩を離脱したら、

離脱した時間の分だけ休憩を延長します。


休憩中に仕事をするのは避けるべきですが、
どうしても、やむを得ない場合は、

離脱した時間に相当する休憩が消滅しないように、
配慮します。

 

 

 

休憩時間を忘れないようにするシステムとは?

 

労働時間の管理は、労務では基本のキホンですから、

カンタンに労務管理できる人事労務freeeのようなシステムを

使うことをオススメします。

 

 

 

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com
お問い合わせ

© 社会保険労務士 山口正博事務所