休憩時間を入れるタイミング。

 

 

 

 

バイト終了後、早く帰りたいのに「1時間」待機命令、こんな休憩ってアリ?


一定以上の勤務時間に達すると、
休憩時間を入れる必要があります。

6時間を超えるならば45分以上。
8時間を超えるならば60分以上。

 

これが基準ですが、

今日は6時間を超えないだろうと思っていたら、
仕事が少し延びて6時間を超えた

 

その場合は、休憩時間を45分、
入れないといけなくなります。

 

 

 

 

先を見越して休憩を入れておく。


「あっ、休憩を入れるのを忘れていた」

とならないように、


会社によっては、

6時間勤務だけれども、

45分の休憩を勤務シフトに
入れておくところもあります。

 

6時間ピッタリの勤務シフトであっても、
あえて休憩を入れておく。

休憩が足りなくなるのはダメですが、
少し余分になるぐらいならばOK。

 

とはいえ、

45分で足りるところを、

2時間、3時間と
長い休憩を入れて、

実質的に拘束時間を長くするのは、
これはこれで良くない。

「休憩を取らなくていいかもしれないけれども、
時間が延びた場合を考えて、休憩を入れておくか」

と判断すると良いですね。

 

 


仕事が始まってすぐ休憩。仕事が終わる直前に休憩。


休憩は、「労働時間の途中」に入れないといけないため、

始業時間から休憩というのはダメで、
休憩が終わったと同時に終業というのもダメ。


さらに、仕事が終わってから、

「休憩を入れるのを忘れた」
「入れるべき休憩が入っていなかった」

と気づいて、

終業後に「休憩らしき時間」を
強引にねじ込むのも、

「労働時間の途中」に休憩を取っていない状態になります。


ここで、

「じゃあ、始業時間を1分経過したら、休憩を取っていいのか?」
「終業時間の1分前に休憩が終わるようにしたらいいのか?」

という屁理屈を展開する人が出てきます。


確かに、

始業時間から1分は経過していますから、
その時点から休憩を取れば、

「労働時間の途中」

と言えます(理屈上は)。


終業時も、

終業時間の1分前に休憩が終わるのだから、

「労働時間の途中」

です(これも理屈上は)。

 

 

 

法律で問題ないのと、現実に問題ないのは違う。


10時から働き始めて、16時に終わる予定で、
45分の休憩が入るならば、

16時の1分前、15時59分に休憩が終わるように、
15時14分から45分の休憩を取って、
59分に休憩が終わり、

そして、16時に終業。

 

こういう休憩の取り方が良いのかどうか。

 

15時14分から59分まで休憩で、
その後、1分だけ仕事の時間があって、

16時に、「はい、お疲れさん」と。

これはこれで「労働時間中に休憩を取っている」のですから、
法律的には問題ないです。

 


しかし、

休憩を取る側の気持ちとしては、

「仕事が終わる直前に休憩なんて要らないよ」
「こんな時間に休憩を取るなら、早く帰りたい」

と思うもの。


10時から16時の勤務シフトならば、

休憩は勤務時間の真ん中ぐらい、
この勤務シフトならば、
13時前後に45分の休憩を取るのが妥当です。


法律に合っているかどうかは大事ですが、

普通の感覚で判断して、


妥当かどうか、
感情的に受け入れられるかどうか、

という点にも思いを馳せるべきところです。

 

 

 

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com
お問い合わせ

© 社会保険労務士 山口正博事務所