【反対】1時間単位の有給なんて導入するな。

 

 

 

パナ「1時間単位の有給」議論  導入企業2割、「効率化損ねる」懸念打ち破れるか


1日単位だけでなく、
半日単位時間単位でも有給休暇を使えるようにする。

 

有給休暇を細かい単位で使えると、
さも良い労務管理ができているような気分になります。


しかし、私は1時間単位で有給休暇を取ることに反対です。


なぜならば、時間単位で小間切れに有給休暇を使っても、
それは休暇ではなく、ただの休憩のようなものだから。

 

 

 

なぜ1日単位だとダメなのか。


1時間だけ有給休暇を取るのではなく、
丸1日休んだ方が楽でしょう。

効率化がどうかという点さほど問題ではなく、
「休暇の使い心地」が問題です。

 

1時間だけなんて、もはや休暇とは思えないでしょう?

 


1時間だけ有給休暇を取らなくても、

出勤時間を遅らせるとか、
早退すれば対応できるのではないでしょうか。


「今日は1日、有給休暇で休み」
そのほうが気楽だし、落ち着きます。


また、
1日単位で有給休暇を使えば、
残日数の管理も簡単です。

 

あえて、時間単位で切り刻んで使うほど利点があるのかどうか。

よく検討された方がいいでしょう。

 

 


学校行事でも、育児や出産でも、1日単位で休む方がいい。

 

  • 学校行事(授業参観、入学式、卒業式など)
  • 育児
  • 出産

こういう理由で取得する休暇ならば、
なおさら1日単位の方が良いはず。

 


午前中に長女の入学式に行くので、半日有給休暇。

午後から子供の面倒をみるので、3時間だけ有給休暇。

 

こういう使い方が本当に望ましいのかどうか。

 

 

入学式に行った後は、

 

家族でお昼ごはんを食べたり、
新しい文房具を見に行ったり、
桜の季節だからお花見をしたり、

家族でそういう時間を過ごせば良いのでは?

 

ならば、半日ではなく、
1日休暇にしておく方が満足できるでしょう。

 


子供と一緒にいるならば、

午後だけでなく、1日ずっと一緒にいた方が気分が楽です。

 

午前中までにバタバタと仕事を終わらせて、
イソイソと帰宅するよりも、
朝から子供と一緒に過ごす。

 


職場の人も、

「午前中だけで帰っちゃうよりは、
1日休んでくれたほうがいい」

と思っている方がいるのでは?

 

 

 


有給で1時間早く退社?


1時間早く退社して、
何か資格学校に通うならば、

出勤時間を早めればよいのです。


1時間早く退社したいならば
1時間早く出勤する。

 

それをあえて有給休暇で対処しなくてもいいでしょう。

 

 

 


1日分の有給休暇は何時間分の有給休暇?


1日8時間勤務と固定されている人ならば、
有給休暇を時間換算しやすいでしょう。


しかし、日によって勤務時間が変わる人だと、

1日分の有給休暇が何時間分の有給休暇になるのか
判断しにくいんですね。

 


パートタイム勤務の人で、
日ごとに勤務時間が違うと、

1日分の有給休暇を時間単位で使ったら、
何時間で1日分になるのかが分からなくなります。

 


時間単位で有給休暇を使える人を
フルタイム社員に限定してしまうと、

「フルタイム社員は時間単位で有給休暇を使えるのに、
パートタイム社員は時間単位では使えない」

という不均衡が生じます。

 

有給休暇を細かく刻むのが良い
みたいな風潮になっていますけれども、

何とかこういう流れを断ち切りたいと思っています。


休暇なのですから、

もっとまとめてドサッと使ったほうが
休暇という感じがします。


3日連続で有給休暇にする。
1週間を有給休暇で連休にする。

 

このように、
まとめて有給休暇を使うようにすれば、
休暇の消化が促進されますし、
休んでいる本人も満足しやすいのではないでしょうか。

 

 

年次有給休暇の管理にまつわる疑問と正しい対応例

 

 

 

 

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com
お問い合わせ

© 社会保険労務士 山口正博事務所