労務管理のツボをギュッと押す方法を考えます

会社で起こる労務管理に関する悩みやトラブルを解決する方法を考えます。

年金の受給資格期間が10年に短縮。新たに年金を支給されたのは約46.9万人。

 

 

 


以前は、年金に25年以上加入していないと、
受給権を得られなかったのですが、


平成29年8月以降は、

10年以上、年金に加入していれば、

受給権を得られるようになりました。

 

 


対象者は約67.6万人。

 

年金に10年以上25年未満の期間、加入している人で、

新たに支給対象になるのは

約67.6万人。


去年、2017年8月までに、年金請求書は本人に送付されており、
8月以降は請求手続きもできるようになっています。


対象者は約67.6万人で、

実際に請求手続きを済ませたのは、

そのうち約46.9万人


初回の支給が、平成29年、2017年の10月で、
その次の支給月である12月までの間、

この10月から12月の間に、
年金が新たに支給されたのが約46.9万人です。

 

 


約3割がまだ請求手続きを済ませていない。


全体の約7割が請求手続きを済ませていますが、
残りの約3割がまだ手続きを済ませていない状況です。

全員がすぐに手続きを終わらせるわけではなく、
時間が経つにつれて、ジワジワと手続きする人も増えるでしょう。


年金請求書が届いて、

すぐに手続きをせず、しばらく忘れていたとしても、

時効は5年ありますから、後からでも請求手続きはできます


なお、後から、遅れて手続きした場合、
過去の分も遡ってまとめて支給されます

 

年金請求書の記入欄は多く、

住民票などの添付書類もあって、

面倒ですけれども、

請求しないと支給されないのが年金です。


保険料は、放っておくと積極的に催促してくるのですが、

年金を受け取るとなると、やや消極的になるのが特徴ですね。


あと、年金事務所に請求書を持っていく時は、
必ず予約してから行ってください。

「ガラガラでも1時間待ち」にならないように。

 


いま君に伝えたいお金の話

 

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com
お問い合わせ

© 社会保険労務士 山口正博事務所