労務管理のツボをギュッと押す方法を考えます

会社で起こる労務管理に関する悩みやトラブルを解決する方法を考えます。

【大雪休業】知事からの要請で休業したらどうなる?

 

 

 

2018年2月の大雪で、福井県では、知事から企業へ
「操業を控えるように」要請したようです。

 

異例、知事が企業に操業休止要請
福井大雪、除雪作業のため

 福井県の西川一誠知事は12日、同県嶺北地方の企業に対し、除雪を速やかに進めるため、県民生活の維持に不可欠な場合を除いて13日の操業をできる限り控えるよう要請した。通勤で使用する自動車によって道路が混雑し、除雪作業が遅延する恐れがあるためとしている。企業に操業休止を要請するのは異例。

 

今年、2018年は降雪量が多く、
特に福井県では例年の数倍もの雪が降り、
進めなくなった車で道路が塞がれてしまうことも。


車が道路で立ち往生してしまうと、
除雪作業に時間がかかってしまいます。

そのため、なるべく車に乗らないように、
2月13日は操業を控えるように要請したわけです。

 

 

休業手当は必要なの?


法律では、使用者の責任で従業員を休業させると、
仕事をしていなくても給与(休業手当)を支払わないといけません。

ただし、これは「使用者に責任がある場合」です。


今回は、福井県知事が企業に対し、
「操業を控えるように」
と要請していますし、

もし強引に操業したとしても、
車が道路で立ち往生すれば、
結果的に休業状態になります。


となると、この場合は使用者の責任ではないため、
休業手当を支払う必要はありません。

 

 

振り替えて出勤すれば、休業を回避できる。


大雪で、知事の要請もあり、
使用者には責任が無い休業ですから、
あえて何かすることもありませんが、
出勤日が減った代わりに、他の日を出勤日にするのも一案です。

 

例えば、2月13日の火曜日は休業にしたが、
その代わりに2月17日の土曜日を出勤日にする。

こうすれば、休業で休みになっても、出勤日は減りません。


もし、使用者の責任で休ませる場合
(暇だから早退させる、お客さんが少ないから店を早く閉めるなど)

であっても、出勤日を他の日に振り替えれば、
休業手当が必要な休業にはなりません。

 

大阪だと、数センチ程度の積雪でも車が事故を起こしますし、
自転車で転倒する人が続出します。

ただ、大阪は滅多に雪が降りませんし、ましてや雪が積もるなんて
数年、もしくは10年に1回ぐらいの確率です。

雪が降らない、積もらない。それが大阪なんです。

とはいえ、福井に比べれば、恵まれているんでしょうかね。

 

 

 

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com
お問い合わせ

© 社会保険労務士 山口正博事務所