深夜割増や日曜割増が付く日に有給休暇を取ったらどうなる?

 

 

 


夜の22時以降から翌日の5時、この時間帯に仕事をすると25%以上の割増賃金が付きます。

 

さらに、休日や祝日に出勤すると給与が増える職場(時間給がプラス100円など)もあります。

 

有給休暇を取った日は給与が出ますけれども、

 

割増賃金が付く深夜時間帯に年休を取ったり

時間給がプラスされる日曜日や祝日に年休を取ると、

 

割増部分も付くのかどうかが疑問になります。

 

有給休暇中の賃金は、その日に実際に働いたものと仮定して、通常の賃金を支払うケースがあります。

例えば、21時から翌日4時まで勤務した場合、22時から4時までの時間帯は深夜時間になり、25%以上の深夜割増賃金が出ます。

 

では、その日(21時から翌日4時まで勤務する日)に有給休暇を取ったら、給与はどうなるのか。

 

「割増賃金抜きの給与を支払うんじゃないの?」と思うところですが、実際はどうなるのか。

 

深夜勤務は時間外労働ではなく、通常の労働ですので、有給休暇を取った日にも深夜割増賃金は必要になります。

 

つまり、有給休暇を取った日であっても、22時から4時までの時間に対する深夜割増賃金は付くというわけです。

 

また、日曜日や祝日に時給がアップする職場でも同様です。例えば、日曜日は時給が100円アップする職場の場合、その日曜日に有給休暇を取ると、時間給が100円増しの状態で給与を支払うことになります。

例えば、勤務時間が10時から16時までで、基本となる時間給が1,200円だとした場合、日曜日や祝日以外だと7,200円ですが、日曜日に有給休暇を取ると給与は7,800円(100円 × 6時間)になります。

 

深夜であれ、日曜日であれ、通常通りに勤務すれば発生する加算部分は、有給休暇を取った場合も加算されます。

 

そのため、休暇の日に割増加算されないようにするため、日曜日は普通の休みにして、他の曜日に有給休暇を充当するのも1つの方法です。

 

日曜日を有給休暇にせず、普通の休日に。
他方、他の曜日、例えば水曜日を有給休暇にする。

このように、日曜日以外の日に有給休暇を充当すれば、加算部分は付かないんですね。

 

こういう仕組みを理解すると、あえて日曜日に有給休暇を入れてくる人もいます。

 

出勤していない日に割増賃金が付くのは何だかヘンな感じですから、日曜日は休みにするとして、有給休暇は別の日に入れるように案内するのも一案です。

 

もしくは、特定の曜日に給与を加算するかどうかは会社ごとに決められますから、「実際に出勤した場合のみ給与を加算する」と条件を付けるという方法もあります。

 

 

 

 

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com
お問い合わせ

© 社会保険労務士 山口正博事務所