あやめ社労士事務所 - 労務管理のツボをギュッと押す方法を考えます

会社で起こる労務管理に関する悩みやトラブルを解決するサービスを提供しています

年次有給休暇の当日に出勤したらどうなる?

年休キャンセル



「さぁ、今日は休暇で休みだ」と思っていたら、LINEでメッセージが。読んでみると、急用で出勤してほしいとのこと。

さて、どうするか。

すでに休暇は取っているし、というよりも今日が休暇の当日であって、すでに休暇は開始されてしまっているのだから、出勤要請をシカトするか。

それとも、「こりゃあ、何かあったか」と思い、身支度をして出勤するか。


まず、すでに休暇が始まっているとなれば、当日の労働義務はないので、LINEのメッセージをスルーしてもいい。これはこれで1つの選択です。

他方、休暇を取りやめて出勤した場合は、当日の有給休暇は取得したことにはならないので、取り消しとなる。

時季変更権を行使せず、当日になっていきなり出勤を求めて休暇を取り消すとなると、反則技なのだけれども、現実にあり得ないことではないでしょう。

取り消しといっても、そのまま雲散霧消するわけではなく、他の日程に振り替える必要があります。こうなると時季変更権ソックリですが、実務ではそうならざるを得ません。

また、休暇を取りやめて出勤したとして、仮にその仕事が数時間、3時間ほどで終わったとしても、当日に休暇を取ったことにはなりません。時間数に関わりなく、途中で休暇を一部でも中断したとなれば、丸々1日分の休暇を別の日に設定しなければいけません。

 

 

 

あやめ社労士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
i@growthwk.com
人事労務管理の悩みを解決するために問い合わせる

自動音声メッセージによるお問い合わせもできます。
電話(050-7114-7306)をかけると音声メッセージを録音するように切り替わります。
お問い合わせの内容を電話でお伝えください。
内容を確認させていただき折り返しご連絡させていただきます。

© あやめ社労士事務所
登録番号:T3810687585061
本ウェブサイトは、アフィリエイトによるプロモーション、広告を掲載しております。