労務管理のツボをギュッと押す方法を考えます

会社で起こる労務管理に関する悩みやトラブルを解決する方法を考えます。

代休は混乱の原因なので禁止。休日出勤は振替休日で対処する。

f:id:ma95:20181011184140p:plain

 

 

 

代休と振替休日、似たものが2つあるから分かりにくい

なぜ代休と振替休日が仕組みとして理解してもらえないか。その原因は、代休と振替休日、この2つを同時に運用してるからではないだろうか。

この両者、よく似ていますからね。「どっちも同じじゃないの?」、「違いなんて無いのでは?」と思ってしまうとしたら、あなたはマトモです。

 

この場合は代休。この場合は振替休日。というように、場面ごとに2つを分けてしまっているために、訳が分からなくなる人が出てきます。

労務管理では、代休と振替休日は違うものなのですが、その違いが微妙であるため、理解できない方や混乱する方が常にいらっしゃいます。


両者には確かに違いはあるが、その違いは小さなもの。

 先に出勤して、後から休めば代休。あらかじめ、出勤日と休日を入れ替えれば振替休日。簡単に書いてしまうとこうなのですが、これを読んでも、「それって、ほとんど一緒でしょ?」と思ってしまう人もいます。

確かに、その感覚は間違っていない。それぐらい違いは微妙ということ。

では、どうすればこの問題を解決できるか。

それは、代休を禁止して、振替休日に一本化すると問題は解決する。


誤解や混乱の原因は、似たものが2つあるから。それゆえ、1つを捨てて、残った1つだけで対処する。

ただ、振替休日にもいくつか課題があります。

よくあるのは、「いつまでに振替休日を取得すればいいのか」という疑問。

休日に出勤したものの、振替の休日をいつまでたっても取れない。これが悩みどころです。

この点については、すでに解決策があり、先に休みを取って、後から出勤するようにすれば、「いつまでに」という問題は回避できます。

先に出勤して、後から休みを取るとなると、いつまでに振替休日を取れるのかが問題になりますが、前後を逆にすれば問題は発生しません。


振替休日の問題点は解決できる。

詳しくは上記のページを参照してください。


休日に出勤する場合は、休みを振り替える(振替休日だけで対処。代休の概念を使わない)。さらに、振替休日は先に取得し、後から休日出勤をする(前後を入れ替える)。

 

 

労務管理では、休日が2種類あり、代休も2種類ある。

一般には、休日に出勤したあと、その休日のフォローとして代休というものを取る場面があります。振替休日に一本化していなければ、代休という言葉も職場で使われているでしょう。

休みの日に仕事をしてしまい、休日が無くなったので、他の日を代わりに休日とするわけです。


ただ、「休みの日に仕事をして、その後に休みを取る」という流れになっていたとしても、代休の性質が異なることがあります。

つまり、一口に休みの日と言っても、それがどんな休日なのかで対応が変わるのです。

法定休日に仕事をしたのか、それとも、法定外休日に仕事をしたのかによって、その後に取る代休の性質が変わるのですね。

複雑でしょう? だから、代休と振替休日を併存させずに、振替休日だけにして分かりやすい仕組みにしておく必要があります。

 


法定の代休か法定外の代休かによって対応が違う。

例えば、法定休日に仕事をして、その後に代休を取得すると、その代休は「法定の代休」として扱います。つまり、労働基準法の代休のことです。

この場合は、休日勤務になりますし、休日の割増手当も必要です。

休日に出る休日手当(休日割増賃金)はいくらになる? 休日出勤に残業代は必要?


一方、法定外の休日に仕事をして、その後に代休を取得すると、その代休は「法定外の代休」(あえて名称を付けるとすれば)として扱います。つまり、労働基準法の代休ではなく、雇用契約や就業規則で定める代休になるのですね。会社独自の代休と表現してもいいでしょう。

この場合は、"労働基準法的には"休日勤務にならないですし、割増賃金も必要はありません。

 

ただ、会社によっては、「休みの日は全て休日(法定休日と同等のもの)として扱い、その日に出勤すれば休日出勤になる」と決めているところもあります。つまり、"労働基準法的には"休日勤務にしなくてもよいのに、あえて休日勤務の範囲を広げているのですね。

休日割増賃金が付く日と付かない日を分けるのではなく、前者の1つに統一しておくわけです。

会社がこの点を知っていてルールを作っているのか、それとも、知らずにルールを作っているのか分からないのですが、"労働基準法的に"休日勤務になるのは、法定休日に仕事をした日だけなのですね。

 

どの日が法定休日で、どの日が法定外休日なのか。ここを厳密に分けて勤務シフトを作っている事業所だけではないでしょうから、割増賃金が付いたり、付かなかったりと、混乱してしまうこともあるのでは。

 
もちろん、法定外休日の勤務を、"会社的に"休日勤務として扱うのは構いません。ただ、"労働基準法的に"休日勤務として扱うことまでは要しないということです。


「休日に仕事をした=休日勤務」と考えていると、間違うかもしれません。


ゆえに、法定休日出勤の代休なのか、法定外休日出勤の代休なのか、分けて把握することが必要なのです。

 

振替休日でも同じ問題点があり、法定休日を振り替えた場合と法定外休日を振り替えた場合、この2通りがあります。

「法定休日の振替」と「法定外休日の振替」という振替休日の2パターン

 

振替休日ならば、休日労働の割増賃金は必要ありませんから、休日に出勤してもらうときは、事前に振り替えるスケジュールを決めて、先に休日を取ってもらい、後から出勤してもらうという形にするのが良いです。

先に振替休日、後から振替出勤。この順番が重要です。後から振替休日を取るスケジュールにすると、また別の問題が生じますので。

振替休日の問題点は解決できる。

 

 

 

休む技術 (だいわ文庫)

休む技術 (だいわ文庫)

  • 作者:西多 昌規
  • 発売日: 2013/12/30
  • メディア: 文庫
 

 

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com
業務のご依頼に関するお問い合わせ

© 社会保険労務士 山口正博事務所