あやめ社労士事務所 - 労務管理のツボをギュッと押す方法を考えます

会社で起こる労務管理に関する悩みやトラブルを解決するサービスを提供しています

生理休暇という名称を使わない 「女性休暇」の付与単位

f:id:ma95:20181012123434p:plain

生理休暇という名称だと取り扱いにくい 女性部下と男性上司だと気まずい感じに

ご存知のように、労働基準法68条には、いわゆる生理休暇について書かれていますね。

この生理休暇という名称ですが、私にはどうも気に入らない名称です。

女性しか使わない休暇ですし、休暇として使うからには請求しないといけないはず。ただ、休暇を請求するといっても、「女性の上司に請求する場合」と「男性の上司に請求する場合」では、請求する女性社員の気持ちも変わるのではないでしょうか。

女性上司ならば同じ女性ですから、生理休暇を請求することに差し支えは無いものの、男性上司に生理休暇を請求するのは、ちょっと気持ちに引け目を感じるはず。

そのため、就業規則で生理休暇について書く時は、生理休暇ではなく、何か別の名称を使うことをお勧めします。私は「女性休暇」という名称が良いのではないかと思っています。

表現を変えるだけで、人の感じ方は変わるものですからね。

例えば、「便所掃除」ではなく、「トイレ クリーニング」と言い換えると、ちょっと感じ方が変わるのと同じですね。

女子の人間関係

女子の人間関係

  • 作者:水島広子
  • 発売日: 2014/04/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

1日単位に限らなくてもよい 時間単位でも

休暇というと1日単位を想定しやすいですが、労働基準法では「1日単位で使わなければいけない休暇」というのは特にありません。有給休暇も、付与は1日単位ですが、使用は1日と決めていませんからね。

それゆえ、女性休暇も、必ずしも1日単位で取得しなくてもよいのです。


体質や体調によって状態は変わるのでしょうから、均一に扱うこともないのですね。

午前中だけとか、午後だけでも良いですし、3時間だけの休暇でも構わないのです。


では、休暇の日数はどのように決めるのかというと、この点に客観的基準はありません。

体質や体調によって状態は変わるのですし、個人差がありますので、一律に休暇の日数を決めることが難しいからでしょうね。

ちなみに、日数の上限を設けることはダメとのことですので、個々の場合ごとに日数を調整するしか方法はなさそうです。

オトナ女子の不調をなくすカラダにいいこと大全 (Sanctuary books)

オトナ女子の不調をなくすカラダにいいこと大全 (Sanctuary books)

  • 発売日: 2015/10/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
あやめ社労士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
i@growthwk.com
人事労務管理の悩みを解決するために問い合わせる

自動音声メッセージによるお問い合わせもできます。
電話(050-7114-7306)をかけると音声メッセージを録音するように切り替わります。
お問い合わせの内容を電話でお伝えください。
内容を確認させていただき折り返しご連絡させていただきます。

© あやめ社労士事務所
登録番号:T3810687585061
本ウェブサイトは、アフィリエイトによるプロモーション、広告を掲載しております。