2010/2/28【黒と青と赤の先入観】




┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■┃  メールマガジン 本では読めない労務管理の「ミソ」
□□┃  山口社会保険労務士事務所 http://www.growthwk.com?ml1004010221
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━ (2010/2/28号 no.170)━




昔は英語の"ヒアリング"と言っていたけれども、いつの時点からか分からないけれども、こっそりと英語の"リスニング"に変わっていると気づいたことを思い出した。

あれはいつの時点で切り替わったのだろうか。


中学生のころはヒアリングだったけれども、高校生になるとリスニングに変わっていたような気がする。「リスニング・コンプリヘンション」などという意味不明なネーミングの科目もあったな。単にリスニングで良かったのでは。もう無理からなネーミングだった。







■黒と青と赤の先入観◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■
なぜその色なのか。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





■平日は「黒」、土曜日は「青」、日曜祝日は「赤」。



カレンダーを眺めていて、ちょっと考えてしまいました。

カレンダーを見ると、月曜日から金曜日の平日は黒文字で書かれており、土曜日は青文字で、日曜日と祝日は赤文字で書かれています。

この色分けは今までずっと行われてきたことですし、何らの不思議な感じもしませんでした。

ただ、なぜ黒と青と赤で分けたのかが疑問です。


全て黒文字ではダメなのか。すべて青文字ではダメなのか。全て赤文字ではダメなのか。

あえてなぜ色を分けるのか。

考え始めると色々と疑問が湧いてきます。








■色で思い込ませる効果がある。



まず第一に、「色分けすれば、平日、土曜日、日曜祝日を判別することが簡単になる」という理由があるかもしれない。確かに、黒文字の日は仕事をして、赤文字の日は休日。青文字はどちらでもOKというわけですね。

まあ、、、ね、、確かにそういう理由はある。

ただ、私はあの色分けに何らかの意図があるのではないかと思うのです。

意図というのは、「赤い日は休み、黒い日は仕事」と人に思い込ませることで、国民を一致した行動に駆り立てているのではないかということ。

赤い文字の日になれば皆休みになるから、政府は何らかの施策を実施しやすくなるのではないでしょうか。高速道路1,000円というのがその好例。

また、人も、「赤い日は休みだ」と思い込むフシがあるかのような雰囲気があり、企業の休日も日曜日に集中しています。もちろん、取引先が日曜休みなので、こちらも合わせているという理由もあります。しかし、「赤い日は休みだ」と全員が思い込まされている可能性は有り得ます。


企業だけでなく学校も、赤い日は休みになっています(なお、今では土曜日も休みです)。

学生時代から「赤い日は休み」という環境に慣れてきたために、社会人になっても同じ環境を作り出してしまうのではないかと思うのです。


ゆえに、政府は、カレンダーを色分けすることで、国民にインプリンティングしているのではないでしょうか。都合の良いように管理するために、カレンダーを使って意識を誘導しているのですね。








■全て赤文字にすれば良いのでは。



赤は休みと思い込まされているために、「日曜日は法定休日だ」とか「祝日に仕事をしてはいけない」と考える人もいるのです。

ちなみに、「法定休日は日曜日」という先入観は思いのほか強く、人によっては無条件で「日曜日=法定休日」と判断してしまう人がいるほど。

確かに、法定休日は週に1日設定しなければいけないのですけれども、曜日まで指定されているものではないのですね。「法定休日は日曜日に設定しなければいけない」ということはなく、週1日であれば足りるのです。


いっそのこと、カレンダーの数字が全て赤文字になれば良いのではないでしょうか。これは景気がいい。全て青というのは気持ちが沈みますから、赤が良いです。

もちろん、全て黒文字にするのもアリです。



ゆえに、平日は「黒」、土曜日は「青」、日曜祝日は「赤」というカレンダーの表記は、見る人にヘンな先入観を持たせているのではないかというのが私の見解です。











┏━━━━━━━━━━☆★ 編集後記  ★☆━━━━━━━━━┓


commaという文字。

コンマと読むか、カンマと読むか。


素直に読めばコンマだが、人によってはカンマと読む人もいる。

年齢の高い人はカンマと呼ぶ傾向があり、年齢の低い人ほどコンマと呼ぶ傾向があるのではないかというのが私の見立て。

中学生の頃や高校生の頃の数学の先生はカンマと言っていた。


やはりカンマはおじさん用だ。





┗━━```☆....━━━━━━━━━━━━━━━```☆....━━━┛


今回も、メルマガ【本では読めない労務管理の「ミソ」】を
お読みいただき、ありがとうございます。

次回もお楽しみに。

メルマガ以外にも、たくさんのコンテンツをウェブサイトに掲載しております。

労務管理のヒント

http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_2

ニュース

http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_3


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ┃本では読めない労務管理の"ミソ"山口社会保険労務士事務所 発行
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃メルマガの配信先アドレスの変更は
http://www.growthwk.com/entry/2008/11/28/122853?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_4

┃メルマガのバックナンバーはこちら
http://www.growthwk.com/entry/2008/07/07/132329?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_5

┃メルマガの配信停止はこちらから
http://www.growthwk.com/entry/2008/06/18/104816?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_6


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*

┃労務管理のヒント
http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_7
┃仕事の現場で起こり得る労務の疑問を題材にしたコラムです。

┃ニュース
http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_8
┃時事ニュースから労務管理に関連するテーマをピックアップし、解説やコメントをしています。

┃メニューがないお店。就業規則が無い会社。
http://www.growthwk.com/entry/2007/11/01/161540?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_9

┃山口社会保険労務士事務所 
http://www.growthwk.com?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_10

┃ブログ
http://blog.ymsro.com/?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_11

┃『残業管理のアメと罠』
┃毎日8時間の時間制限だと柔軟に勤務時間を配分できないので、
┃月曜日は6時間の勤務にする代わりに、土曜日を10時間勤務にして、
┃平均して8時間勤務というわけにはいかない。
┃しかし、仕事に合わせて、ある日は勤務時間を短く、
┃ある日は勤務時間を長くできれば、便利ですよね。
┃それを実現するにはどうしたらいいかについて書いています。
http://www.growthwk.com/entry/2012/05/22/162343?utm_source=mailmagazine&utm_medium=cm&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_12

┃電子タイムカード Clockperiod
┃始業や終業、時間外勤務や休日勤務の出勤時間を自動的に集計。
┃できれば勤怠集計の作業は随分とラクになるはず。Clockperiodは、
┃出退勤の時刻をタイムカード無しで記録できます。タイムカードや出勤簿で
┃勤務時間を管理している企業にオススメです。
https://www.clockperiod.com/Features?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_13


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*
┃Copyright(c) 社会保険労務士 山口正博事務所 All rights reserved

┃新規配信のご登録はこちらから
┃(このメールを転送するだけでこのメルマガを紹介できます)
http://www.growthwk.com/entry/2008/05/26/125405?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_15

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com
お問い合わせ

© 社会保険労務士 山口正博事務所