2009/12/28【民間の保険ではなぜ雇用保険がないのか】




┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■┃  メールマガジン 本では読めない労務管理の「ミソ」
□□┃  山口社会保険労務士事務所 http://www.growthwk.com?ml1001261227
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━ (2009/12/28号 no.154)━



「正月らしくない正月だ」と言う人がいますね。


では、「正月らしい正月」とはどんな正月なのでしょうか。

日本髪に髪を整える女性がいれば正月らしいのか。羽子板で羽根突き遊びをすれば正月らしいのでしょうか。凧を空に揚げれば正月らしいのでしょうか。男性が袴を着れば、女性が着物を着れば正月らしいのでしょうか。

客観的に正月らしさを作り出すのは案外簡単ではないですよね。



自分自身が「正月らしい正月」だと思えないからこそ「正月らしくない正月」なのかもしれませんね。





■民間の保険ではなぜ雇用保険がないのか◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■
当たりを自ら引くことができる雇用保険。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




■生命保険会社ではどうして雇用保険商品が販売されていないのか。



生命保険会社では多種多様の保険商品が販売されています。死亡保険、医療保険、年金、各種オプション(特約)付きの保険などなど、網羅的に把握するのが困難なほどの数の保険が揃っていますよね。

ただ、あれほどたくさんの保険商品がlineupされているにもかかわらず、雇用リスクを回避するための保険が販売されていません。


会社に勤めていると失業するリスクを負わなければいけません。また、リスクあるところに保険ありとも言えます。ならば、失業のリスクに応じた保険商品が販売されていても不思議ではないですよね。

しかし販売されていない。

唯一、失業リスクを回避する保険として存在するのが政府の雇用保険です。


では、なぜ民間の生命保険会社は失業保険(雇用保険)を売らないのでしょうか。利益を得られない商品は売らないのが企業ですから、おそらく失業保険を販売しても利益を得ることができないのかもしれません。もしくは、販売するとしたら、相当に高い保険料を課さなければいけないので、政府の雇用保険と競合しても負けると考えているのかもしれません。







■自主的に保険金を受け取れるのが雇用保険。



生命保険会社が雇用保険を販売しない最大の理由は、「雇用保険は自主的に保険金を受け取ることができる仕組み」だからです。

保険というのは、保険事故が起こると保険金が支払われる仕組みになっています。つまり、死亡、怪我、疾患、老齢、盗難などの保険事故が発生すると、保険金が支給されるわけです。

ここで気にすべきは、「保険事故は自分でコントロールできない」という点です。保険では、意図的に死亡したり、怪我をしたり、病気を患ったり、年を取ったりすることは想定していないのですね。自殺しても保険金は支払われませんし、意図的に保険事故を起こすと保険金は支払われないのです。

保険事故を自分でコントロールしたら、保険金は支払わないのが保険なのですね。


ならば、雇用契約はどうでしょうか。

失業は、会社から解雇されることで発生しますが、自主的に仕事を辞めても発生します。いわゆる自発的失業です。

雇用保険では、解雇されたときには失業手当(雇用保険の基本手当のこと)を支給しますが、自発的に失業したときにも失業手当を支給します。自発的な失業のときは、支給制限がありますが、支給制限が解除されると失業手当は支給されます。

ここで、自発的失業を失業から外すという考えを持つ人もいるかもしれませんが、自発的失業か非自発的失業かの境目が曖昧であるゆえに、自発的失業を失業から外すと、本来失業手当を受け取るべき人が手当を受け取れなくなりますので、分けられないのですね。



この点が保険ではありえない仕組みなのですね。

「保険事故を自分でコントロールしたら、保険金は支払わないのが保険」なのですが、雇用保険では、「保険事故を自分でコントロールしても保険金を支払う」仕組みになっているのです。

本来、保険金を自主的に受け取るのは保険詐欺です。しかし、雇用保険では詐欺ではないのです。



ゆえに、雇用保険では保険事故を意図的に起こすことができるから、保険会社は雇用保険を商品として作れないのです。

確率を操作できる保険は商品にならないのですね。








■雇用保険には利点がいっぱい。



保険会社では作れない保険だからこそ、雇用保険には加入すべきだと私は思います。

保険会社が作らないということは、つまり加入者に多くの利益がある保険だということですからね。


雇用保険は健康保険や厚生年金と違って保険料も高くないですし、雇用保険に加入している会社は助成金を申請できる立場になれます。また、社員さんも、転職時に失業手当を受け取れば、元を取るのは容易です。

ゆえに、雇用保険には積極的に加入すべきですし、保険料も進んで払うと良いでしょう。フルタイムで働く人だけでなく、パートタイムで働く人もぜひ加入して欲しい保険です。私は政府の回し者ではありませんが、オススメします。


また、失業することはないという人でも、教育訓練給付金などのように失業しなくても使える仕組みが雇用保険にはありますから、このような仕組みを使えば損はしないはずです。


公的保険には珍しいほどお得な保険が雇用保険なのですね。








┏━━━━━━━━━━☆★ 編集後記  ★☆━━━━━━━━━┓



買い物の喜びは一瞬だと思う。



人は買い物をするときにはウキウキするものですが、いざ買ってしまうと、急に虚しさを感じるときがある。

これを買おうと決めると気分の高まりが始まり、どこの店で買おうか、ネットで買おうか、いくらで買おうか、おっここは安いな、ああここは高いぞ、この店の口コミは評判がいいなどと、いろいろな情報を集めて楽しむもの。

冷静になって考えると、この情報を集めている時期が最も楽しいのではないか。

本来は買うことが目的なのに、買う過程を楽しんでいるわけだ。


ああしようか、こうしような、これはイイ、これはダメなどなど、フニャフニャと行動して考えを巡らしているときが一番楽しんでいるもの。

そして、目的のモノを手に入れると、急にその楽しさがしぼんでいく。


「あぁ、、どうしてこんなもの買ったのか、、」などと買ったことを後悔することまであったりする。



「過程を楽しむ」という不思議さを感じるのが買い物ではないだろうか。







┗━━```☆....━━━━━━━━━━━━━━━```☆....━━━━━┛


今回も、メルマガ【本では読めない労務管理の「ミソ」】を
お読みいただき、ありがとうございます。

次回もお楽しみに。

メルマガ以外にも、たくさんのコンテンツをウェブサイトに掲載しております。

労務管理のヒント

http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_2

ニュース

http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_3


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ┃本では読めない労務管理の"ミソ"山口社会保険労務士事務所 発行
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃メルマガの配信先アドレスの変更は
http://www.growthwk.com/entry/2008/11/28/122853?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_4

┃メルマガのバックナンバーはこちら
http://www.growthwk.com/entry/2008/07/07/132329?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_5

┃メルマガの配信停止はこちらから
http://www.growthwk.com/entry/2008/06/18/104816?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_6


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*

┃労務管理のヒント
http://www.growthwk.com/entry/2014/04/07/135618?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_7
┃仕事の現場で起こり得る労務の疑問を題材にしたコラムです。

┃ニュース
http://www.growthwk.com/entry/2014/03/12/082406?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_8
┃時事ニュースから労務管理に関連するテーマをピックアップし、解説やコメントをしています。

┃メニューがないお店。就業規則が無い会社。
http://www.growthwk.com/entry/2007/11/01/161540?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_9

┃山口社会保険労務士事務所 
http://www.growthwk.com?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_10

┃ブログ
http://blog.ymsro.com/?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_11

┃『残業管理のアメと罠』
┃毎日8時間の時間制限だと柔軟に勤務時間を配分できないので、
┃月曜日は6時間の勤務にする代わりに、土曜日を10時間勤務にして、
┃平均して8時間勤務というわけにはいかない。
┃しかし、仕事に合わせて、ある日は勤務時間を短く、
┃ある日は勤務時間を長くできれば、便利ですよね。
┃それを実現するにはどうしたらいいかについて書いています。
http://www.growthwk.com/entry/2012/05/22/162343?utm_source=mailmagazine&utm_medium=cm&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_12

┃電子タイムカード Clockperiod
┃始業や終業、時間外勤務や休日勤務の出勤時間を自動的に集計。
┃できれば勤怠集計の作業は随分とラクになるはず。Clockperiodは、
┃出退勤の時刻をタイムカード無しで記録できます。タイムカードや出勤簿で
┃勤務時間を管理している企業にオススメです。
https://www.clockperiod.com/Features?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_13


┣*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*
┃Copyright(c) 社会保険労務士 山口正博事務所 All rights reserved

┃新規配信のご登録はこちらから
┃(このメールを転送するだけでこのメルマガを紹介できます)
http://www.growthwk.com/entry/2008/05/26/125405?utm_source=mailmagazine&utm_medium=mel&utm_campaign=mailmagazine_mel_HT_15

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

雇用保険料の計算が自動で簡単になります。

山口正博 社会保険労務士事務所
大阪府大東市灰塚6-3-24
E-mail : mail@ymsro.com
お問い合わせ

© 社会保険労務士 山口正博事務所